圧縮袋のイメージ覆す?!キャンプ場で「真空圧縮」ができる最強アイテムGOOD TRAVEL PLUSを試してみた!

圧縮袋のイメージ覆す?!キャンプ場で「真空圧縮」ができる最強アイテムGOOD TRAVEL PLUSを試してみた!

これまでの圧縮袋のイメージを覆す最強アイテムをご紹介。
バックパック1つを背負って長時間移動することも多いキャンパー・アウトドア好きな皆さん、知らなかったら絶対損です。

「これまでの圧縮袋となにが違うか」「どれだけアウトドアに適しているのか」ぜひ最後まで読んでみてください!

GOOD TRAVEL PLUS(グッドトラベルプラス)とは?

GOOD TRAVEL PLUS1
GOOD TRAVEL PLUS(グッドトラベルプラス)とは、「出かけ先」でもたった5分で「真空圧縮」ができてしまう、超小型衣類圧縮器です。

「USB給電式」タイプなので、普段スマホ充電用に持ち歩いているUSBコードと、モバイルバッテリーさえあれば、いつでもどこでも圧縮ができます。ということは、「帰りの荷物が増えて入らない!」なんていう悩みも一瞬で解決されるわけです。

2020年12月発売と同時に、全国量販店で展開を開始。コロナウイルスの影響で旅行が難しい状況下にも関わらず、これまで絶えず多くのメディアにて紹介されてきました。

公式サイトオンラインサイト
https://km-link.jp/good-travel/

商品開発ストーリー

GOOD TRAVEL PLUSの開発者Y氏は、日頃から海外出張も多く、大の旅行好きでアウトドア好きな方です。
そんな彼がいつも悩んでいたのは、「行き」はなんとか押し込んだ荷物も、「帰り」は収まらなくなってしまうこと。

「どうにかして”出かけ先”でキャリーバッグの中身を減らせないか」

GOOD TRAVEL PLUS3

そんな悩みを解決すべく誕生した商品が、GOOD TRAVEL PLUS(グッドトラベルプラス)です。

便利だけど「出かけ先」では使用できない掃除機タイプ、持っては行けるが「真空があまい」手動タイプ。

GOOD TRAVEL PLUSは、そんな既存圧縮袋の欠点を完全克服し、「吸引力」と「携帯性」を最大限追求した新タイプの超小型衣類圧縮器です。

GOOD TRAVEL PLUSの最大のポイントは、「出かけ先」で「真空圧縮」が実現できる点です。

「出かけ先」で使えるようにし、「掃除機」なみの真空状態を実現するためには、「携帯性」と「吸引力」が核心となります。

吸引力をあげるには、モーターのサイズを大きくする必要があるが、モーターのサイズをあげてしまうと、持ち運びには不便。

「吸引力と携帯性のどちらを優先にとるか」研究チームは何度も検討を重ね、持ち歩きに不便でないサイズ感を維持しつつ、吸引力を最大限に保たせる絶妙なラインを保ちました。

商品の特徴

携帯性

GOOD TRAVEL PLUS4

「掃除機」なみの真空状態を実現してくれるのが、この小さな圧縮器本体です。
大きさはわずか10.8cm、重さ148gと、スマホよりも小さくて軽いサイズ感。
リュックのポケットにも入るので、持ち運ぶ際も荷物にもなりません。

USB給電式なので、手持ちのモバイルバッテリーがあればどこでも圧縮可能。
バッテリー非搭載のため、飛行機への機内持ち込み・預け荷物ともに可能です。

吸引力

GOOD TRAVEL PLUS5

毎分約5リットルもの体積を圧縮できるため、約2分~5分あれば真空圧縮が完了します。

GOOD TRAVEL PLUS6

圧縮終了後は自動で止まるので、スイッチを入れた後は放置しておけばOK。
キャンプであれば、その間に他の後片付けをしていればよいですし、
登山帰りの温泉であれば、お風呂上がりのコーヒーミルクを飲んでいるのもありですね(笑)

こんな巨大なサメのクッションも、ここまでぺったんこになっちゃうんです。

さぁ、いよいよそのすごさを実感いただく時がやってきました。

GOOD TRAVEL PLUS7

まずは友達に誘われてキャンプに行ったときの荷物。
この時はキャンプに必要な荷物は友達が車で持って行ってくれるとのことだったので、私はとりあえず衣類を詰めました。

夜は冷え込むと言われたので、防寒着とブランケットを用意してみたんですが…意外と嵩張ります。

GOOD TRAVEL PLUS8

リュックに詰めてみたんですが…
あーどうしよう、こんなにパンパンなリュック持ってたらダサい!
それに他のものがなにも入らない…

GOOD TRAVEL PLUS9

閉まらなくはなさそうですが、チャックも無理やり閉じたら、今にもリュックがはちきれそうです…!

GOOD TRAVEL PLUS10

そこでグッドトラベルプラスを使用して圧縮してみます。
今回使用するのは、Mサイズ圧縮袋(60cm×50cm)

GOOD TRAVEL PLUS11

真空圧縮器を圧縮袋のバルブのネジに合わせ装着し、
本体にUSBケーブルを接続後、もう一方の端をモバイルバッテリーに接続します。
USB給電式ですが、ご自宅で使う際はモバイルバッテリーではなく、コンセントに直接繋いでも使えます。
※コンセントにつないで使用する場合、USB-ACアダプタは必ず定格出力5.0V 1.0A以上のものを使用

GOOD TRAVEL PLUS12

あとは電源ボタンをタッチし、そのまま待つだけ。
あっという間に厚さマイナス約15cmです!ぺっちゃんこになりました。

GOOD TRAVEL PLUS13

圧縮後は自動で止まるので、本体を外しバルブをキャップで閉じて完了です。
これで密閉状態が保たれます。

GOOD TRAVEL PLUS14

実際にリュックに入れてみると、その差は一目瞭然!
このペラペラ感、伝わるでしょうか…?

GOOD TRAVEL PLUS15

圧縮前と比較して、横から見てみるとその差は一目瞭然!

GOOD TRAVEL PLUS16

チャックを締めてみましょう。
豚カバンだったリュックも、スリムになりました。

いかがですか?とっても便利じゃないですか?

GOOD TRAVEL PLUS17

さらに続けて、次は私が御岳山に登山に行った時の荷物。
季節的には、ちょうど夏がおわって秋になりかけた時期でした。
御岳山って、 温泉があるんですよね。なので、下山後温泉で疲れを癒す、そんな計画です。

GOOD TRAVEL PLUS18

温泉に入った後はさすがに服を着替えたいので、最低限の着替えとタオルを持っていきたいのですが、私はリュックを背負ったまま山を登ると肩が痛くなるので、彼氏のリュックにすべて詰める作戦でいきます(笑)

リュックには頂上で食べるおにぎりと、飲み物、貴重品なども入れてもらわないといけないので衣類は最小限に小さくする必要があります。

でないと、私が持つはめに!絶対いやです!(笑)

GOOD TRAVEL PLUS19

今回は薄手のTシャツなので、Sサイズ圧縮袋(36cm×36cm)を使用しました。
方法はさきほどと同様なので、詳細説明は省略しますね。

GOOD TRAVEL PLUS20

厚手の服ではないので、圧縮してもあまり意味がないかなーと思ったのですが、
思ったより小さく、薄っぺらになりました。

GOOD TRAVEL PLUS21

大成功です!リュックにも余裕で入りました!

お弁当や財布などを入れるスペースも確保できたので、これで私は手ぶらでいけます!

小さな本体はポケットに入れて持っていって、帰りも同じように温泉で圧縮して帰ってきました。

普段スマホ充電用に持ち歩いているUSBコードと、モバイルバッテリーさえあれば圧縮できるので、めちゃくちゃ便利です。
汗だくの汚い服も、圧縮することでニオイも封じ込めて清潔に持ち帰れました!

基本セット・スペック

GOOD TRAVEL PLUS22

いかがだったでしょうか?

GOOD TRAVEL PLUSは、ヤマダ電機、ヨドバシなど全国量販店と、下記オンラインサイトでも購入可能です。
ぜひ皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

公式オンラインショップ
https://km-link.jp/good-travel/ 

 

紹介
ギア
X 閉じる
  • 塩野
  • 塩野コリアマーケティング(株)
  • 旅好き、アウトドア好きなコリアマーケティング(株)の事業企画担当。
    弊社で取り扱うユニークな韓国アイテムを旅・アウトドア好きの皆さんに紹介させていただきます。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂