キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

千葉の勝古沢キャンプ場で猫に癒されながら冬のハンモック泊してきました

勝古沢キャンプ場で冬のハンモック泊
千葉県内でハンモック泊ができるキャンプ場を探していたら、GoogleMAPや個人ブログによる口コミだけで公式サイトすら見当たらない小さな林間キャンプ場を見つけました。

ネットの口コミによると、勝古沢キャンプ場は千葉県有数の穴場キャンプ場とも言われているようで、人も少なくしっぽりとしたキャンプを楽しむことができそうです。

それならば実際に行って確かめてみるしかありません。2020年初のソロキャンプは、冬の勝古沢キャンプ場でのハンモック泊に決めました。

カクタス

バックパック一つでキャンプに行くことが好きな東京で暮らすサボテンです。

目次 [close]

勝古沢キャンプ場とは

勝古沢キャンプ場管理棟

[勝古沢キャンプ場]でどれだけネット検索してもキャンプ場の情報サイトや個人ブログしか見当たらず、かろうじて千葉県観光物産協会が運営している「まるごとe!ちば」という観光情報サイトがヒットするぐらいです。

しかも、そのページに掲載されてるお問い合わせ先のホームページをクリックしても「お探しのページを見つけることができませんでした。」と、リンク切れの状態。

ならば直接お邪魔して私の目で確かめてみるしかない!ということで実際に行って調査した勝古沢キャンプ場の基本情報が以下になります。

勝古沢キャンプ場の基本情報

住所 〒297-0231 千葉県長生郡長柄町山之郷
電話番号  0475-35-3629
営業期間 年中無休
チェックイン 宿泊キャンプ in 12:00 / out 12:00
デイキャンプ 不明
利用料金 大人一名 1,000円 / 子供一名 500円
テント設営料 2,500円 / ソロテント料 2,000円
サイトの様子 フリーサイト / 林間 / 山間
地面の様子  土
予約方法 電話予約のみ

キャンプ場へのアクセス方法

東京や神奈川から車やバイクで行くなら、アクアライン経由で市原鶴舞ICを下りて、インター近くのスーパーで買い出ししてから向かうと早いです。下道20~30分ぐらい。

埼玉方面から京葉道や湾岸道路を通ってくるなら、蘇我ICで下りて、茂原街道をまっすぐ進むと到着。こちらも途中のスーパーで買い出ししてから行きましょう。下道は30分程。

電車とバスで向かうルートもあるようで、JR茂原駅の茂原駅南口停留所から小湊鐵道バス「ロングウッドステーション」行きに乗って「六地蔵局前」下車。バス停から徒歩12分ですが、近隣にスーパーが無いので事前に買い出しをしておきましょう。

焚き火は直火可能

勝古沢キャンプ場は直火が可能

勝古沢キャンプ場での焚き火は、ワイルドな直火を楽しめます。管理人さんからは「直火した時は、灰や薪は片付けずにそのままにしておいて下さい。穴掘って埋めたり水をかけたりしなくて良いから。」と説明を受けました。

だからといって、そこら中に直火跡がある訳ではないので管理人さんが随時しっかりと片付けられているのだと思います。キャンプ場の規模が小さく、利用者の数も多いとは言えないので(失礼…)細かい部分まで手が行き届いているのでしょう。焚き火好きキャンパーとしては大切にしたいキャンプ場ですね。

勝古沢キャンプ場は薪が使い放題でした

薪置き場に置かれた伐採された枝

なんと勝古沢キャンプ場は直火可能な上に、薪まで使い放題という超太っ腹なキャンプ場でした。ただし、もしかしたらこれは時期によっても変わるかも知れません。

今回お伺いした時は台風の影響で至るところに倒木があったので、それらの処理をするためにキャンパーに薪として提供している可能性があり、倒木の処理が落ち着いたらこのサービスは無くなってしまうことも考えられます。

勝古沢キャンプ場の施設案内

勝古沢キャンプ場の猫

急に可愛すぎるネコちゃんの写真を出してしまってごめんなさい。ここからは勝古沢キャンプ場の詳細な施設案内をしていきます。

勝古沢キャンプ場の受付

勝古沢キャンプ場の受付

Googleマップで勝古沢キャンプ場を調べると、「勝古沢キャンプ場」「勝古沢キャンプ場受付」「勝古沢キャンプ場駐車場」の3ヵ所にピンが立ちます。

キャンプ場に来る際には「勝古沢キャンプ場受付」で車を停めて、まずはキャンプの受付をしましょう。その際、もし受付に管理人さんが見当たらなかったら、そのままキャンプ場に入って設営してしまっても構いません。

受付にある案内

受付のちょっと分かりづらい場所にこのような案内が出ています。

ただし、勝古沢キャンプ場の受付にはハチャメチャに可愛い猫達がいるので、その猫たちと触れ合いながら待っていても良いでしょう。

集団で現れた猫たち猫たちがニャーニャー鳴きながら大群で現れるもふもふ天国

駐車場は2ヵ所

木に立てかけられた一輪車

勝古沢キャンプ場にはオートサイトは無いので、駐車場で荷物をおろしてサイト内に運び入れるようにしましょう。駐車場は手前と奥の2ヵ所に有り、手前の駐車場は車3~4台程度、奥の駐車場は6~7台ぐらい停められるスペースがあります。

どちらに停めても大きな違いはありませんが、荷物の多いキャンパーさんは台車を借りることも出来るので、広いサイトまでの道のりを考慮すると奥の駐車場に停めた方が楽です。

勝古沢キャンプ場の駐車場キャンプ場内に無造作に置かれた台車

こちらの台車は薪や荷物を運んだりするのに勝手に使って良いみたいなので、必要な時はキャンプ場内のどこかに置かれた台車を自力で見つけて使用しましょう。

キャビン・バンガロー

勝古沢キャンプ場のウッドキャビン

勝古沢キャンプ場のバンガロー

少し古さを感じるウッドキャビンが高台に2棟(1棟は入口にロープが張ってあった)と、大人数が泊まれるバンガローがキャンプ場入口からすぐの所に設置されてます。

ウッドキャビンの内部ウッドキャビン内部

バンガローの内部バンガロー内部

写真下の大人数が泊まれるバンガロー大は一泊15,000円から、ウッドキャビン(バンガロー小)は一泊7,000円で利用可能です。どちらもトイレや水道はついていないので、キャンプ場のトイレと炊事場を使用する感じになります。

炊事場

勝古沢キャンプ場の炊事場

勝古沢キャンプ場の奥の駐車場から階段を上がったらすぐの所に炊事場があります。ブロックで作ったカマドと木製ベンチがあるので、大人数でバーベキューなどをする時はこちらで楽しむのでしょうね。私は2020年になっても相変わらず一人ぼっちキャンパーですので縁はありません。

綺麗に掃除された木製のシンク

水道のシンクは管理人さんの手作りなのでしょうか。手前は苔?でちょっと緑っぽくなっていますが、汚い感じではありませんでしたよ。タワシや洗剤などは備え付けられています。

もちろんですが、お湯は出ません。子供がお手伝いできるようになのか、石のブロックが置かれている所に管理人さんの優しさが感じられますね。

勝古沢キャンプ場のトイレ

勝古沢キャンプ場のトイレ

勝古沢キャンプ場でただ一つ、弱点と言えるのがこのトイレでしょう。この外観から何となく想像がつくかも知れませんが、はい、俗にいうボットン便所です。

勝古沢キャンプ場のボットン便所

汲み取り式便所や仮設トイレの中には「ポンプを足で踏むと水が流れるタイプ」とか、「蓋が付いててオイニーの少ないタイプ」とかありますけど、勝古沢キャンプ場はそんな甘えた考えは許してくれませんでした。

先駆者達の戦いの記録がしっかり確認できるタイプのボットン便所です。トイレットペーパーもあまり期待しない方がいいので、きちんと自分で水に溶けるタイプのポケットティッシュ等を用意して戦場(いくさば)へと向かいましょう。

勝古沢キャンプ場のシャワー施設

どうやら勝古沢キャンプ場にはシャワー施設があるらしいのですが、私は確認ができませんでした。個人ブログなどを確認する限りだと、管理棟にあるのかな?

口コミでは300円で7分となっていますが、後ほどお見せする利用料金表では10分で500円となっています。どちらかの情報が古い可能性があるので、シャワーを使いたい場合は事前に確認して下さい。

冬の勝古沢キャンプ場でハンモック泊してみた

足元にすり寄ってきた子猫

今回、勝古沢キャンプ場にお邪魔したのは2020年1月11日。令和になって初めてのお正月をダラダラと過ごし、仕事が始まったと思ったらいきなりの三連休です。

金曜の夜に確認した天気予報では、連休の中日にあたる日曜日が雨予報のため直前までどうするか悩み抜き、それでもやっぱりキャンプに行きたい欲を抑えきれなかったので、土曜の朝10時に急いでキャンプ支度をして勝古沢に向かうことにしました。

GoogleMAPでルートを調べ、湾岸道路経由よりアクアラインの方が僅差で早いらしいので、長い海底トンネルを潜り抜けて勝古沢キャンプ場へ到着。

子猫をなでなでしてみる可愛いすぎやろおおおお

先日行ったホウリーウッズ久留里キャンプ村の受付にいた白い大きな犬も可愛かったけれど、猫は猫でまた違う可愛さがありますね。子猫のザラザラの舌で手や指を舐められるとゾクゾクしてしまいます。

管理人さんにベッタリの猫たち

しかし、受付にいるほとんどの猫ちゃん共は管理人さんにべったり。嫉妬してしまうぜ。管理人さんから使用申込書を渡されるので、そこに名前や連絡先などを記載して、ソロキャンプ1泊分のお金を払って領収書を頂きます。

ソロキャンプ利用料金は3,000円

image6この時まで勝古沢をカツフルサワだと思ってた

今回ソロキャンプであることをつげると、テント設営場所台が2,500円のところ、2,000円に割引してくれました。合計で3,000円です。普通ですね。

千葉県内のキャンプ場って、ソロキャンプでもこれぐらいの金額が相場なのかなって思ってますがどうなんでしょう。山梨だと1,500円とか1,000円って場所もあったりするけど、千葉県でハンモックが張れる林間サイトで探すと、どうしてもこれぐらいの価格帯になってしまう印象があります。

ただし勝古沢キャンプ場は薪が使い放題だったので、その点を考えるとお得かも知れません。

勝古沢キャンプ場のサイト案内

勝古沢キャンプ場の入口

勝古沢キャンプ場の奥の駐車場にバイクを停めて、数段だけの階段を上った先にキャンプエリアが広がっています。奥に見えるのは先ほど紹介した炊事場ですね。

入口を入ったところ周辺

階段を上がって右手には、大人数が泊まれるバンガローに続く道と、ウッドキャビンへと続く小さな上り坂があります。

左にあるバンガローの方へ行くとメインサイトへ、右のウッドキャビン方面に向かうと高台の少し狭い林間サイトに続いています。まずは右側の高台にある狭い方の林間サイトから紹介しましょう。

ウッドキャビンに続く道翌日に撮影した写真なので曇り空

こちらが坂を上がったところの写真。左のホウキが置かれている辺りにもソロの小さいテントなら設営できそうですが、それよりもウッドキャビンの右奥に広がる林間サイトの方がプライベート感はあると思います。

高台にある狭めの林間サイト

ウッドキャビンの奥にある狭めの林間サイト

こちらが高台の方にある林間サイトです。当日はすでに先客が一人いたので下の広い方のサイトにしたのですが、もしここでハンモックを張れたら完ソロ気分を味わえたと思います。このエリアは設営できたとしても3~4サイト分ぐらいの広さですね。

ちなみに全体の位置関係としては、2つある駐車場のうち、手前にある駐車場からキャンプ場に入ってくると、この写真の奥側から上ってくる感じになります。

二つあるうちの手前の駐車場右が手前側の駐車場。木の間に続く道を上ると高台の林間サイトに続いている

手前の駐車場から入った景色高台の林間サイト全景。手前の駐車場から入ったところから撮影

メインサイト

勝古沢キャンプ場のメインサイト

高台にある林間サイトには先客がいたので、左側に広がっているメインサイトに来ました。といっても、本日はハンモック泊の予定なのでメインサイトの奥に少しだけ残っている林間サイトでハンモックを張れる場所を探します。

メインサイトの右側メインサイト右側の開けているサイトでハンモックを張るのは少し厳しそう

メインサイト奥の林間サイトメインサイト奥の林間サイトでハンモックを張るスペースを探す

勝古沢キャンプ場を上空から見ると、市津湖という湖に周囲三方向を囲まれた丘の上にあるのが分かります。そのため、木々の間から湖面が見えたり、湖にかかった鉄橋を眺められる奥のテントサイトは人気エリアになっているみたいです。

林間サイト奥から見える市津湖サイト奥からは市津湖の湖面が覗ける

さらにこちらの林間サイトは上下二段に分かれていて、下段サイトには木が生えていないもののサイトからの眺めが良く、土曜日の昼過ぎには既に2組(ソロ2人組)がテントを張っていました。

下段サイトの様子下段サイト

下段サイト奥からの眺め下段サイト奥からの眺め

林間サイトでハンモックを張る

本日のキャンプ地

下段サイトは埋まっていましたが、上段で眺めの良い林間サイトがまだ空いていたので、本日のキャンプ地はこちらにしようと思います。早速いつものヘネシーハンモックを張っていきましょう。

勝古沢キャンプ場にハンモックを張る

ハンモックのタープを張った写真

ヘネシーハンモックハイパーライトの設営完了設営完了

キレッキレのフォルムが格好良いですね。この日は最高気温が10℃前後の予報でしたので、ハンモックの背中側にはアンダーキルトを、そして寝袋の中には新たに購入したエアーマットを入れることで防寒対策&寝心地アップを図ります。

冬のハンモック泊における防寒対策

冬のハンモック泊の防寒対策ONE TIGRISのアンダーキルトとNEMOのテンサーインシュレーテッドで防寒対策

これまで冬のハンモック泊を何度か経験したことで、防寒対策がどれだけ重要であるか身をもって知りました。その中で、今回の装備が一番、寒さを感じることなく暖かく眠ることが出来ましたので、もし冬のハンモック泊をしてみたいと思っている方がいましたらこちらの装備を参考にぜひ挑戦してみて下さい。

無料の薪を確保

薪置き場から手頃な薪を拾う

本日も無事にハンモックを張ることが出来たので、今夜の薪を集めに行きましょう。勝古沢キャンプ場は管理人さんのご厚意で薪が使い放題でしたので、伐採された枝が集められている薪置き場から手頃な薪をいくつか頂戴します。

今夜の分の薪

サイトの近くに薪割りにちょうど良さそうな薪割り台も転がっていました。こちらを使って手斧とノコギリで今夜の薪を作っていきます。

薪割り完了

伐採されたばかりの木はまだ乾燥しておらず完全に生木の状態だったので、薪割りにも時間が掛かってしまいました。細い枝を燃やしていく間に少しでも水分が飛ぶように、太い薪は焚き火台の周りにおいておきます。

ハンモックの設営と薪割りが終わったところの写真

これで今夜の準備は完了しました。薪割りに使用した丸太はそのまま椅子の代わりにしてしまいましょう。

ハンモック後方からの眺めハンモック後方からの眺め

こう見ると、なかなか良い位置にハンモックを張ることが出来ましたね。ハンモックに腰掛けながら湖を眺めて、ぼーっと揺られる時間を楽しみたいところですが、日が低くなり肌寒くなってきたので早々と焚き火を始めることにしました。

ファイヤースターターで着火の準備

細い枝は用意したのですが、やはり十分に乾燥されていないので、焚き付け用の杉の枯れ枝とティッシュにアルコールを垂らし、ファイヤースターターで着火します。

ファイヤースターターで着火完了

シュボッっという音と共に一発で着火。ティッシュ一枚とアルコールで即席着火剤の完成です。後は細い枝からどんどん追加して、火を安定させます。

小割りを追加して火を安定させた

生木なので煙の量が半端なかったですが、これで火も安定しました。後は薪を絶やさないようにしながらお腹が減ってくるまでのんびり過ごしましょう。

このタイミングで、隣にいらしたデイキャンパーの方が帰って行かれました。林間サイト奥の一番人気であろうエリアが空いたのですが、既にハンモックを張って火起こしまでしてしまったので移動することは叶わず。写真だけ撮影しておきます。

勝古沢キャンプ場の人気サイト

勝古沢キャンプ場の人気サイト林間サイト一番奥からの眺め

上段奥の人気サイトと隣に張ったハンモック左側が上段一番奥の人気サイト。私が張った場所はその隣

おそらく勝古沢キャンプ場で一番の人気サイトはこちらのサイトだと思います。それか一段下にある下段サイトもプライベート感がありますので、そちらが空いていたらそっちでも良いかも知れません。ただし下段サイトには木が無いのでハンモックは張れませんよ。

ハンモックで横になって寛ぎながら見える景色ハンモックに横になって乾杯。眺めは良好

今夜の食材(肉)を焼く

今夜のキャンプ飯

ハンモックに揺られながらビールを飲んでいたら日が落ちて暗くなってきたので、真っ暗になる前に晩御飯作りを始めます。

今夜の食材は鶏肉。焼くだけ簡単!鶏胸肉のバジルソテーにしました。もはや料理といえる行為をここ最近まったくしていないような気がしますが、焼くだけで美味しい肉が食べられるのならそれで良いんです。キャンプ飯バンザイ!

鉄板で鶏胸肉のバジルソテーを焼く

テーブルの上で肉を焼くと脂が垂れて大変なことになるので、薪を並べて鉄板を乗せ、下からアルコールストーブで熱します。ジュージューと美味しそうな音が響きます。

美味しそうな焦げ目のついた鶏胸肉のバジルソテー

片面が良い感じに焼けたらひっくり返して焦げ目チェック。美味しそう!今日は肉の他にも赤ピーマンが売られていたので、そちらも丸焼きにしていきましょう。

赤ピーマンを丸ごと鉄板で焼く

鶏肉はバジルのさっぱりとした香りが口いっぱいに広がり、しっかりした肉感を楽しめました。赤ピーマンはヘタを取らずにそのまま焼いていきます。

ヘタに火を通すために半分に切って焼く

良い感じに焼けたのでそのまま一口齧ってみたら、めっちゃ甘くて美味しい!ヘタにもしっかり熱を通すために途中で半分に切って焼いていきます。鶏肉と赤ピーマン、ビールにマッチしますね!

ソロキャンプは焼酎のお湯割りと共に

キャンティーンボトルを焚き火台に突っ込んでお湯を沸かす

鶏肉とピーマンを食べ終わった頃には真っ暗になっていたので、焼酎のお湯割りを飲みながら一人でしんみりする時間を楽しみましょう。焚き火台の中にキャンティーンボトルを突っ込んでお湯が湧くまでのんびり待ちます。

満月とハンモック

空を見上げると、まん丸のお月さまが浮かんでいました。焼酎のお湯割りを飲みながら、月を眺めて一人の時間を満喫します。あー、やっぱりソロキャンプって最高だなあ、とか、次はどこのキャンプ場に行こうかな、とか、取りとめもない思いを巡らすこの時間がソロキャンプの醍醐味です。

勝古沢キャンプ場の夜

この日は私を含めて6人ほどのソロキャンパーがそれぞれの時間を楽しんでいました。

時刻は19時過ぎ。いつもの生活リズムだとまだ夕飯も食べていない時刻ですが、すでに酔いも良い感じに回ってきていますので、トイレに行って寝ることにします。

勝古沢キャンプ場の冬の夜の気温は5℃

この日の夜の気温は5℃ぐらい。お酒のせいか夜中に一度起きてトイレに行ったら眠気が完全に冷めてしまったので、深夜0時頃からもう一度火を起こしてお湯割りを作り、チビチビ飲みながら2~3時ぐらいまで完ソロ気分を味わっていました。

チェックアウトは12時

撤収完了した写真

おはようございます。勝古沢キャンプ場のチェックアウトは12時とゆったりできるのですが、朝の7~8時ぐらいから隣人の方の談笑と焚き火の音が聞こえて来ました。

もう少し二度寝を味わいたかったのですが、天気予報では昼頃から雨予報。なるべく早めにチェックアウトを済ませて帰ろうと思い、いそいそと撤収作業をします。朝食のために購入したカップラーメンは深夜に小腹が空いて食べてしまったので、朝はコーヒーだけ飲んで帰宅の準備。お邪魔しました。

撤収完了後に猫と遊ぶ

勝古沢キャンプ場の管理棟遠景

勝古沢キャンプ場はチェックアウトの時に受付に寄らないで、そのまま帰ってしまっても良いのですが、猫ちゃん共と戯れたかったのでちょっと寄ってみることにします。

あわよくば管理人さんに話をお伺い出来ないかなと思ったのですが、お忙しかったのかお会いすることは叶いませんでした。

管理棟で飼われている猫ニャーゴ

おはようございます。昨日はお世話になりました。また来るから今度はもっと遊ぼうね。

人懐っこい猫が寄ってくるあらかわいいねー!いい子だねー!

テーブルの足を上ってくる猫おやっ?机の足を登ってくる!?

上手にテーブルの足を上った猫おー!スゴイスゴイ!上手に登れました!

テーブルの上に乗った可愛らしい子猫あーかわいいねー!かわいねー!

テーブルから胸に飛び移ってきた猫えっ!?ちょ、ちょっと…近い近い!!

顔まで急接近してきた可愛い猫あざーーーーっす!!!!!

勝古沢キャンプ場の周辺施設

大分伝説からあげとんかつ専門店-とらいの看板

ここからは勝古沢キャンプ場の周辺施設をご紹介します。実際に私が行った場所のみの紹介となりますので情報が偏っている可能性はありますが、勝古沢キャンプ場を訪れる際には参考にして下さい。

大分伝説からあげとんかつ専門店 とらい

大分からあげ-とらいの入口

高速ICを下りてから勝古沢キャンプ場に向かうと、道路沿いに何度もこちらのお店の看板を目にするので、気になってお昼ご飯を頂きに来ました。

大分からあげ九州伝説って、一体どれほどのものなのか気になりませんか?

大分からあげとらいの大分とりから丼

大分とりから丼750円。人気メニューだったので注文してみましたが、なかなかボリューミーで美味しいです。

しかし、隣に座っていたお兄ちゃんたちが頼んでいた「とんかつ定食」のとんかつがマジで皿からはみ出すサイズだったので驚きました。興味があればGoogleマップの口コミなどで確認してみて下さい。

店舗名 大分からあげ とらい
住所 〒297-0233 千葉県長生郡長柄町六地蔵205-18(GoogleMAP
定休日 火曜日

勝古沢キャンプ場周辺のスーパー

Tマート市原牛久店

Tマート市原牛久店の外観

アクアラインを渡ってきて市原舞鶴ICから北上して向かうルートであれば、こちらのTマート市原牛久店に寄って買い出しをするのが良いと思います。鶏むね肉のバジルソテーはこちらで購入しました。

Tマート市原牛久店の内観

店名 Tマート市原牛久店
住所 〒290-0225 千葉県市原市牛久1058-3(GoogleMAP
営業日 年中無休

ベイシアスーパーセンターちば古市場店

ベイシアスーパーセンターちば古市場店の外観

湾岸道路から館山自動車道を下り、蘇我ICから向かうルートの場合は、茂原街道沿いにあるベイシアちば古市場店で買い出しをするのが楽だと思います。帰り道でトイレをお借りするために寄りましたが、温便座付き水洗トイレという日本の文化には頭が下がりますね。

ベイシアスーパーセンターちば古市場店の内観

店名 ベイシアスーパーセンターちば古市場店
住所 〒266-0026 千葉県千葉市緑区古市場町906-29(GoogleMAP
営業日 年中無休

勝古沢キャンプ場の近くの温泉

市原温泉-湯楽の里の入口

勝古沢キャンプ場の帰り道、温泉に入って帰ろうと思って寄ったのがこちらの「市原温泉 湯楽の里」。蘇我ICのすぐ近くにあるので、温泉に入って身体を温めてから帰ろうって寸法です。

市原温泉 湯楽の里

市原温泉-湯楽の里の案内板

日曜日、大人一人940円。ハンドタオルとバスタオルのレンタルはセットで250円

市原温泉-湯楽の里の中庭

施設内にお食事処や休憩所などもあり、漫画コーナーなどもあったので子供と一緒に来てもゆっくり過ごすことが出来そうです。さすがに日曜日の昼過ぎは利用者も多く、露天風呂やサウナはなかなかの混み具合でしたね。

施設名 市原温泉 湯楽の里
住所 〒290-0008 千葉県市原市古市場329-1(GoogleMAP
営業日 年中無休

勝古沢キャンプ場まとめ

寝袋をハンモックを干して撤収の準備をしているところ

今回、冬の勝古沢キャンプ場でハンモック泊をしてきましたが、個人的に記録しておきたいことをまとめて紹介します。勝古沢キャンプ場に行ってみたいと思った方は参考にして下さい。

勝古沢キャンプ場はデイキャンプも可能

デイキャンプの後の写真

勝古沢キャンプ場は決して便利なキャンプ場ではありません。トイレも水洗ではなく汲み取り式となっているので、気になる方は一度デイキャンプに訪れてみるのはいかがでしょう。

デイキャンプの料金は大人一人500円、テント1張り1500円という口コミがありますが、正確な情報かどうかは不明です。今回、私の隣でデイキャンプをしていた方はテントを張らずにイスと食材だけ持ってきて焚き火と料理を楽しんでいました。

また、木が生い茂っているので季節によって湖面を見渡すことは難しそうです。その辺りは夏場にもう一度来てみないと分かりませんね。

予約は電話のみ

勝古沢キャンプ場管理棟の入口

勝古沢キャンプ場は公式サイトすらないのでWEB予約は出来ません。また全面フリーサイトなので電話でも予約ができるのかどうかは不明です。当日の朝に連絡して空いているようだったら向かう、というパターンが良さそうです。

勝古沢キャンプ場の薪使い放題はいつまで?

image6

今回お伺いした時は管理人さんのご厚意で薪が使い放題でした(ほとんど生木)。しかし、今後いつまで薪使い放題の状態が続くのかは分かりません。ただ、薪の販売は500円で用意されているようですので焚き火で困ることは無いと思います。

レンタル品が豊富

申込書を見ると、テントやタープ、コンロなどのレンタル品も揃っているので、寝袋などの寝具の用意ができれば少ない荷物でキャンプを楽しむことも出来そうですね。

子連れキャンプはちょっと不安

メインサイトの一番奥から見える景色

勝古沢キャンプ場は湖に囲まれた丘の上に位置しているので、小さい子供を連れたキャンプだとちょっと危険な気がします。柵などは特に設けられていないので、崖から滑り落ちてしまったら怪我をしたり、野生の動物と遭遇することも考えられるので、目を離せない年齢の子供を連れてくる場合には注意が必要です。

台風の傷跡がまだ残っている

太い木が何本も倒れている

勝古沢キャンプ場の周囲の森には、台風の痕跡がありありと見て取れます。大きな木の幹がへし折れている様子や、管理棟の裏側には土砂崩れのように流されてしまった建屋がまだ残されているので、これらが完全に片付くのはまだまだ先になるのでしょう。

崩れてしまっている管理棟の裏側管理棟の裏側の崖崩れの様子

とにかく猫が可愛い

キャンプ場で飼われている可愛い子猫の写真

痛ましい台風の傷跡を目の当たりにすると複雑な気持ちになりますが、そんな時は受付にいる猫ちゃんに癒されましょう。猫は正義であり、天使なのです。日々の生活で疲れたときや、上手くいかないとき、心をリフレッシュしたいときには、勝古沢キャンプ場に行って猫ちゃんに癒されて下さい

勝古沢キャンプ場で猫に癒されハンモック泊をしよう

勝古沢キャンプ場の看板

いかがだったでしょうか。この記事で勝古沢キャンプ場の魅力が充分に伝わったのなら幸いです。中には不便に感じる部分もあるとは思いますが、キャンプとはそもそも不便を楽しむもの。ちょっとぐらいの不便ならば飲み込んで、猫と戯れながらキャンプを楽しむのも良いと思います。

千葉県でハンモックが張れるキャンプ場をお探しなら勝古沢キャンプ場はおすすめですよ。

追伸:これまで愛用してきた火吹き竹がパキンっという子気味の良い音と共にお亡くなりになりました。この場を借りてご冥福をお祈り致します。

割れてしまった火吹き竹ありがとう、さようなら

カクタス

バックパック一つでキャンプに行くことが好きな東京で暮らすサボテンです。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top