予約販売で売り切れた、onegearの「pandish丸」が再入荷!直火調理からそのままお皿としても使える!

予約販売で売り切れた、onegearの「pandish丸」が再入荷!直火調理からそのままお皿としても使える!

無骨なギアを愛するキャンパーのみなさん、2021年の5月に生まれたキャンプ・アウトドアのガレージブランドから出た、「pandish丸」の使用レビューをご紹介します。

 pandish丸の特徴

onegearpandish丸1

なんといっても、フライパンとしての調理の役割と、皿としての役割を両方こなせることが一番の魅力。それでいて軽量。

このギアの魅力を順番にご紹介していきます。

黒皮鉄で作られた軽量フライパン

onegearpandish丸2

スキレットやダッチオーブンと同じく、黒皮鉄で作られた「pandish 丸」。薄さはなんと1.6mmで、2022年1月時点でサイズはSとMの2サイズで展開されています。

製作に関わっている職人と、調理のしやすさ、丈夫さ、携行性、デザイン性など試行錯誤した結果、行きついた結果が厚さ1.6mm、大きさと重量はSサイズで14.5cmの約230g。

Mサイズで16.5cmの約300g。スキレットより圧倒的に軽く、荷物もかさばらない仕様になっています。

直火に置いてそのまま焼ける

onegearpandish丸3

網の上に乗せて普通のクッカー同様に調理ももちろん出来ますが、ワイルドに炭火の上にそのままダイレクトに置いて調理を楽しんでいただけます。

焚き火の楽しみと食の楽しみを、無骨な雰囲気でたっぷりと楽しむことが出来ます。

お皿としても普通に使えて、写真映えする

onegearpandish丸4

pandish 丸は、もちろん普通にお皿として使えます。

使い込まれた黒皮鉄が放つ独特の光沢と質感が、一品のお料理をより美味そうに引き立ててくれます。是非、実物を手に取ってみていただきたいです。

料理が冷めたらまた火にポンと置くだけ。

料理を食べていると、特に冬の季節なんかだとやっぱりせっかくのお料理も冷めてきてしまいます。そんなときも、またそのまま焚き火へポンと戻せば、すぐにまたアツアツの状態に復活。キャンプをやっている人ならわかる、これって本当に便利です!

焼きあがったステーキをテーブルに持っていってナイフで切っているときにもジューっていう音が響いているとめちゃくちゃそそられます!!

スタッキングも優秀

onegearpandish丸5

普段使ってる焚き火台ポーチ等にも、そのまま入れて、楽にスタッキングも。

その他の調理用品の中にもスッと1枚入れてもかさばらない。そして軽くて丈夫。登山者の方からも評価をいただけているほど、優秀な1枚です。

職人「製かん工」が手掛けたハンドメイド品

onegearpandish丸6

この「pandish 丸」の製造を手掛けたのは、大阪にある熟練の製かん工。
ハンドメイドで仕上げた商品になります。

製かん工とは、鋼鈑を溶断、穴あけ、折り曲げ、そして溶接、仕上げ加工を行い「建設機械」「産業機械」「工作機械」等のベースやフレームを製造する。その全ての工程に携わり高度な技能を身に付けたプロフェッショナル。

近年、熟練した技術を持った製かん工は非常に少なく、特に40 代以下では皆無に近いと言われており、日本はもとより世界中から求められる人材となっています。

 お手入れ方法

基本的にスキレットと同じようにメンテナンスしてあげることが大切です。

使い終わったあと、洗剤は使わず、水とブラシで汚れを落とし、しっかりと水分をしっかり取れるように空焼きが重要になります。それでも錆びついてしまった場合、亀の子たわしなどを使うと簡単にサビが落とせるので大丈夫です。

家で使用した場合でもガスコンロなどで空焼きを十分した方がサビができにくくなります。空焼きが終わったらオリーブオイルを塗って新聞紙にくるんでおくと、長期間の保管でもサビの心配はありません。

ただし長期間保管したあと、オイルが酸化しているので必ず一度お湯を沸かすなどして落としてから使った方が良いです。それ以外は特に神経質にならなくて大丈夫!鉄なので少々荒めに使っても十分対応することが出来ます。

長く大事に使えば使うほど、アジが出て、フライパンとしての性能もあがってきます。
ぜひ一生モノの相棒としてギアの仲間に加えてみてください。

onegearブランドのこだわり

onegearGUNMAKUcotton100-26

onegear(ワンギア)は新しくできて間もない、まだ知る人ぞ知るガレージブランドです。

たくましく、
永く使って頂ける
ほんとうに良いギアを。

経験豊富なキャンパーだけでなく、キャンプ&アウトドア初心者の方まで、思わずカッコイイと感じ、永く愛用していただける、”無骨でワイルドなデザイン”を商品開発のコンセプトに取り組んでいます。

「ありのままの自然を感じることができて、アウトドアを楽しむ非日常の時間を存分に演出してくれる。」

それでいて、頑丈でありデザイン性にこだわった商品の生産を、各分野における熟練の職人と取り組んでいます。

onegear

「自然」をずっと守るキャンプ

公式サイト:https://onegear.jp/

紹介
ギア
X 閉じる
  • onegear
  • onegear
  • onegear(ワンギア)は、「あなたに、ひとつだけのギア」をテーマに、キャンプ・アウトドアを楽しむため、自然をずっと守るサスティナブルなギアブランドであり続けるべく、ソロキャンプ用品を中心としたハイエンドなキャンプ&アウトドア製品の開発・製造・販売を展開するアウトドアブランドです。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂