アジア最大級「ジャパンキャンピングカーショー2023」今年も開催!新情報が続々解禁

アジア最大級「ジャパンキャンピングカーショー2023」今年も開催!新情報が続々解禁

第二次キャンプブームが始まって以降、留まることを知らないキャンピングカーブーム。着々と納車がされているのか、街中でも様々なキャンピングカーを見ることが多くなった。まだまだニーズは続く中、これからキャンピングカーを検討する方も、すでにオーナーという方も楽しめるイベントが「ジャパンキャンピングカーショー」だ。

今年の開催は2023年2月3日(金)~6日(月)の4日間。定番の車両展示はもちろん、新たにジャンルごとに分けたコンセプトゾーンを展開する他にも新企画として「エンタメ×アウトドアエリア」を実施するとのこと。

アジア最大規模の展開

jccs202301 (4)

昨年までのジャパンキャンピングカーショーは幕張メッセ 国際展示場の4ホールを使って開催されていたが、今年は規模を拡張し過去最大の5ホールとなる。

全国から最新モデルや人気モデルが300台以上集まってくるとの事だが、このイベントで初出しとなる車両もあるらしくキャンピングカー好きにはたまらない。

車両の展示だけではなく、旅行、ペット、食事、防災、アウトドア、エンタメなどといったジャンルで分けたコンセプトゾーンを展開するため、それぞれが見ごたえのある内容となりそうだ。これはアジア最大級となるのも頷ける。

わかりやすいジャンル毎の展示

ゆるキャン△ピングカー

上でも触れた通りジャンル毎の展示があるとの事だが、それぞれ語るべきポイントがいくつかある。その内容をもう少し掘ってみよう。

これからのスタンダード「防災×キャンピングカー」

一昔前のキャンピングカーと言えば贅沢品のイメージが強いが、今では必要最低限の機能のみのものも多く、レジャーでの使用はもちろん、日常使いや防災時の活躍も期待されている。

レジャーでしか使わないとなるとコスパは悪いが、いざという時の備えと考えればまた話が変わってくるので、今後もこの傾向は続くだろう。

ロングの旅行はキャンピングカーで

コロナ禍でキャンピングカーが売れた理由の一つに、公共交通機関を使わずにプライベート空間ごと移動できるというメリットもあった。

これは旅行との相性が非常によく、各地を転々としながらキャンピングカーで宿泊するというスタイルは、ホテルを何ヵ所かハシゴするより経済的。アウトドアはそこまででも、旅行が好きという方にもオススメなのである。

今ではRVパークや車中泊OKなサービスエリアなども出来ているので、旅行に使いやすい環境も整ってきている。

「エンタメ×アウトドアエリア」って?

初音ミクコラボ

アウトドアと一言に言ってもその楽しみ方は様々。ソロキャンブームを後押しした人気アニメ「ゆるキャン△」のデザインをあしらったキャンピングカーが展示されたり、キャラクターと外遊びを組み合わせたアウトドアグッズブランド「AOZORAGEAR」も出展。

初音ミクや北斗の拳ともコラボしており、自分の「好き」を表現できるギアも展開されている。

時間に余裕をもって行こう!

jccs202301 (2)

開催される5ホール分の面積は33,750㎡で、サッカーコート5つ分くらいのサイズ感。その中にブースや展示車がひしめきあっていることを考えると、すべてを見て回るには相当な時間がかかることが想像できる。

開催時間は日によって少しずつ異なるので、予めスタート時間を確認の上、早めに入場したほうがよさそうだ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂