純和風バーベキュー「藁焼き」が手軽に楽しめる【わらの火袋】老舗たたみメーカー開発

純和風バーベキュー「藁焼き」が手軽に楽しめる【わらの火袋】老舗たたみメーカー開発

『和室のある家』に住んでいる人はどのぐらい居るだろうか。近年、洋室の増加によって人々の暮らしから和室が消えようとしており、日本の文化とも言える畳は減少の一途を辿っている。

畳の原料となる稲藁の農家や、畳職人も減少とともに高齢化、畳屋の伝統技術が途絶えようとしている状況から脱却すべく、老舗の畳屋「細川製畳株式会社」が技術と素材、双方の可能性を追求し、バーベキューに新ジャンルを加える「わらの火袋を開発した。

「わらの火袋」とは

「わらの火袋」とは

わらの火袋は、袋ごと燃やせる藁焼き用の藁燃料。宮城県で収穫された国産稲藁を100%使用し、その藁を畳屋の技術で乾燥させることにより、クリーンかつ軽量で、とても燃えやすい藁になっている。

燃焼時間は約2分で、魚や野菜の他、あらゆる食材を超高温の炎と煙で炙ることができ、食材の旨味をギュッと閉じ込めて藁独特の香ばしい匂いを楽しめる本格的な「藁焼き」が手軽に楽しめる商品だ。

香ばしい藁焼きの香りが手軽に楽しめる

藁焼き

藁焼きカツオ

わらの火袋は一般的なバーベキューコンロにそのまま使用でき、炭火の上に置いて使用することも可能。袋ごと燃やせるため無駄なゴミが出ず、毎回決まった量を使用できるため余らせずに使い切れるのが特長だ。藁に直接触れないため、持ち運びも汚れないのは嬉しい。

いつものバーベキューに「純和風」の新ジャンルを加えることができ、燃え上がる炎がバーベキューをもっと盛り上げてくれるだろう。自然の中で藁焼き料理に日本酒などを合わせれば、さらに『日本』を味わうことができる。

畳職人が一つ一つ手作業で藁仕込み

藁を選別

使用されている藁は、世界農業遺産「大崎耕土」の国産稲藁を100%使用。105℃の熱風乾燥処理によりクリーンな藁にし、畳職人がカット・選別、一つ一つ丁寧に手作業で袋詰めを行なっている。

効率的かつ安定的に燃やせるようにオリジナルの三層構造で袋詰めされた製品は、まさに畳屋のプロの技術が詰まった商品と言えるだろう。

一風変わった純和風バーベキューを体験してみよう

わらの火袋2

職人級の炎と香りが楽しめる「わらの火袋」は、細川製畳株式会社の楽天通販サイトで販売中。100g×1個で価格は693円となっており、一般的な薪と同じぐらいの価格帯で手に取りやすい。完全国内生産された『日本の味』をキャンプやバーベキューで味わってみてはいかがだろうか。

紹介
ギア
X 閉じる
  • キャンプクエスト編集部
  • キャンプクエスト編集部株式会社noasobi
  • 「キャンプは自由だ!最高だ!」と自然の中で過ごす快感、快楽に取り憑かれキャンプ沼にどっぷりハマった人が集まるキャンプクエスト編集部。趣味もキャンプスタイルも全員異なるが、共通点は日本キャンプ協会のキャンプインストラクターの資格を持っていること、キャンプを愛していること。時々、焚き火を囲い酒を飲みながら語り合う。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂