キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

小柄な人向け?蚊帳つきで人気のポップアップメッシュシェルターを購入してみた

今年のGWはコロナ渦の影響によりキャンプに行けない…そのフラストレーションを発散させる為に、ネットや雑誌でキャンプギアを物色しまくった人は多いのではないでしょうか。

そして私が自粛中に購入したキャンプギアが今回ご紹介するアルパインデザインのポップアップメッシュシェルターです!これが非常に便利で使えるアイテムでした。

実際に使用した際に感じたメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

startracking

中部エリアを中心にキャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

ポップアップメッシュシェルターとは?

IMG_4462

ポップアップメッシュシェルターとは、その名前の通り1人用の蚊帳付きシェルターです。ポップアップ式になっているので設営と撤収が非常に簡単なのが特徴です。

スポーツオーソリティのAlpine DESIGN(アルパインデザイン)というプライベートブランドから発売されたメッシュシェルターになります。片面だけだがフルオープン出来るので、出入りしやすくて使い勝手がいいです。

ポップアップメッシュシェルターを購入した理由

IMG_3443

そもそもこの商品を購入しようと探していたわけではなく、自宅庭に設営したタープの下で昼寝をするのに使用するコットを買い換えようと物色していた時に出会ったのが、このポップアップメッシュシェルターです。

調べてみるとSNSなどでもかなり情報が出ておりタープ下での昼寝にぴったりだと感じて購入しました。

インターネットでは売り切れ続出

自粛中、インターネットで購入しようとAmazonや楽天やフリマアプリで探しましたが全て完売。自粛中のためオーソリティも休業…

手に入らないとなると余計に欲しくなるものです(執筆時点ではネットで購入出来るようです)。ダメ元で最寄りのオーソリティ店舗に電話すると1点在庫があると言うことで代引きで送ってもらいました。

ポップアップメッシュシェルターのメリット

設営が簡単

IMG_4459

なんと言っても設営が簡単!ポップアップテントと同じで袋から出して止めているバンドを外すと一瞬で自立します。注意点としては勢いよく広がるので周囲に人がいない場所で広げましょう。

収納ももちろん簡単です。収納袋に説明書が書いてあるのでわからない時でも安心です。

とにかく軽い

IMG_4456

重量は約1.2kgと風に煽られるくらいの軽さになります。直接地面にセットして使用する為のプラスチックのペグが付属されていましたが、個人的には地面に直で使うことは無さそうです。

シェルター底部に接続ベルトが付いており、コットに接続しての使用がメインになります。

値段が安い

IMG_3446

抜群のコストパフォーマンスも魅力の1つ。スポーツオーソリティのプライベートブランドなので他社のアウトドアブランドと比較しても安い!5,000円以内で購入出来ました。

ポップアップメッシュシェルターのデメリット

次に個人的に気になったポップアップシェルターのデメリットについて紹介したいと思います。

収納サイズが大きい

IMG_4454

ポップアップの弱点でもある収納サイズの大きさはやはりデメリットでしょう。収納時のサイズは約60x60x4cmと少し幅を取ります。ただし、大きいとはいえ1人用サイズなので薄くて軽いです。

使用サイズが小さめ

IMG_3489

使用時のサイズは約203x63x65(h)cm。横幅には余裕がありますが、縦が少し短いかなと思いました。私は身長が170cm未満であり、個人的には問題なく利用できたのですが、一般的には長さがもう少しあった方が余裕がありそうです。

ポップアップメッシュシェルターの使用時サイズ感

長さ203cmとなっていますが、これは有効スペースではありません。有効スペースとしては175cmぐらいが限界かなと感じます。

底の生地が薄い

IMG_4252

シェルターの底が薄いため夏は地面からの熱気、冬だと地面からの冷気の影響を大きく受ける恐れがあるため、コットの上での使用がベターかなと思います。

どうしても直接使用する場合は、厚めのマットをシェルター内に敷くことをおすすめします。ただし厚めのマットを敷くと中がさらに狭くなるのが気になります。

ポップアップメッシュシェルターを利用した設営パターン

ソロテントで使用

IMG_3697

これからの季節にぴったりなキャンプスタイルが作れます。メッシュなので蚊は寄せ付けないし涼しいし、コットと一緒に使えばより快適に過ごせました。

夏のソロキャンプの際、インナーテントなしでシェルターにコットと寝袋のみで寝た経験がありますが、やはり夜中暑くなり寝袋から出ると蚊にやられました。ゆっくり寝れずに嫌な経験をしたので必ずインナーテントを入れていましたが、ポップアップメッシュシェルターがあればインナーテント要らず!タープの下でも虫が気にならないので開放感のある快適な睡眠が出来ました。

ファミリーキャンプで大活躍

IMG_3727

我家は小学校低学年の子供が2人の4人家族です。夏はトンネル形のテントに3人用のインナーテントを使用しています。始めはなんとか4人で寝れたのですが、子供の成長につれて狭く感じるようになってきました。インナーテントを一回り大きいサイズに変更する選択肢もあるのですが、そうするとシェルター内が圧迫されて狭くなります。

そこでポップアップメッシュシェルターを使って、大人1人がインナーテントの外で寝ることで解決しました。

カンガルースタイルにも最適

IMG_8483

更にシェルターの中にテントを入れるスタイル、いわゆるカンガルースタイルとの相性もばっちりでした。

設営が簡単なので、就寝直前にコットと一緒に組み立てられます。シェルター内のスペースが有効利用出来るのでお気に入りです。

夏キャンプのコット泊と相性抜群のキャンプギアでした

IMG_3827

検証した結果、ポップアップメッシュシェルターは非常に使えるキャンプギアでした。しかし縦方向の長さはやはり気になるので、男性の場合は小柄な人に限定されてしまいます。そこさえクリア出来れば魅力的なアイテムであること間違いなしです。

一番おすすめな使い方としてはやはりタープの下での昼寝です。これからの時期にはぴったりですよね。

startracking

中部エリアを中心にキャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top