キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

NEUTRAL OUTDOORのLGテント4.0で暑い夏にも快適キャンプ!

初めて設営したところ
今回は新しいテント、NEUTRAL OUTDOOR NT-TE10 LGテント4.0で夏キャンプしてきました。

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)は2015年春に生まれた日本発のキャンプギアブランドです。可愛いデザイン、人気のあのテントに似ている(!?)LGテント4.0の魅力と、実際に使ってみた感触をご紹介します。

yukimi

優しいパパ・外遊び大好きな息子2人と一緒にアウトドアを楽しんでいるママキャンパー。ファミキャン始めて6年、主に関東圏でキャンプしてます。

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)ってどんなブランド?

/NEUTRAL-OUTDOOR出典:NEUTRAL OUTDOOR

ブランド名とコンセプト

2015年春からスタートした、日本発のキャンプギアブランドです。「自然の中で日常から離れ”ニュートラル(中立)”な自分を取り戻す時間を過ごせますように」という想いがこめられたブランド名。華美な装飾はなく、自然な素材感。オリジナルテントをはじめ、キャンピングファニチャーや寝具、食器など使い勝手がよく快適にキャンプが楽しめるアイテムを開発しています。

NT-TE10 LGテント4.0のスペック

我が家が今年購入したNEUTRAL OUTDOORのNT-TE10 LGテント4.0の見た目はこんな感じです。

/NT-TE10テント4.0出典:NEUTRAL OUTDOOR

ロッジ型が可愛くておしゃれな簡単設営のテント。

「あれ?見たことある!」という方もいらっしゃると思います。シロクママークで有名なノルディスクの「ユドゥン」に似ていますね。

違いは、LGテント4.0の方がサイズが大きいこと。側面に立ち上がりがあることで、デッドスペースができにくく、高さもあるのでとっても広々。そして、こちらのテントの生地はポリエステル。軽くて濡れても乾きやすいです。

ボトム部分はぐるりとファスナーでフライとつながっています。外してシェルターのように使うこともできますし、別売りのインナーテントと組み合わせることもできるなど、アレンジが多彩です。

/NT-TE10テントのスペック出典:NEUTRAL OUTDOOR

LGテント4.0を設営してみる

さて、キャンプ場に到着し、さっそくテントを設営します!

まずはグランドシート。このテントのボトムの生地はポリエチレンシートを使用しているので、耐久性・耐水性に優れていてこれだけで使用しても問題ないのですが、我が家はこれを持っているので念のために敷きました。

/LOGOSのぴったりグランドシート300

写真が反射してしまってますね(^^;すみません。

LOGOSのぴったりグランドシート300です。テントが300×300サイズなので、サイズもぴったり!1枚敷いておくだけで、直に地面にテントを設営するよりもテントへのダメージが軽減できます。

そして、こちらが今回のLGテント4.0です!

/NT-TE10テント収納バッグ

収納バッグには、テント・ポール・ペグが入っています。

/収納バッグの中身

/グランドシートを広げたところ

グランドシートの上に広げてから、4隅をペグ打ちします。

/ソリッドステークで固定

我が家はいつも付属のペグは使わず、snowpeakのソリッドステーク(通称ソリステ)です。どんな地面にも対応できて、しっかりとテントを固定してくれます。

天井ポールに接続してから、正面のセンターと背面のセンターにポールを同時にたてます。同時にたてないと片方にだけ負荷がかかってしまいポール破損の恐れがあるので、ここは息を合わせて協力しましょう。

/NT-TE10テントの天井ポール

この天井ポールはユドゥンにはありません。このポールがあるおかげでテントの天井が綺麗に張れることと、高さがしっかり出るので居住性がとても高いです。

ポールはこの3点のみ。これでもうテントは立ち上がります。

/初めて設営したところ

あとはロープを張ったら設営完了です。初めて張ったので、しわしわですね。もっとビシッと張りたい。ペグは全部で12本打てば完成ですね。早いです!あっという間に設営できてしまいました。

写真でも分かると思いますが、メッシュが多いんです。正面パネルと背面パネルは内側からファスナーを開ければ全面メッシュにできます。サイドも、半円形にメッシュにできます。蚊帳のイメージ、暑い夏はすべてフルメッシュにして通気性抜群。夜はこのままだと透け透けなので上部だけメッシュにして過ごしましたが、かなり涼しくて快適でした。

床面は3m×3mのほぼ正方形。以前ご紹介したsnowpeakのランブリ6とほぼ同じサイズだったため、インナーマットを流用、これがまたばっちりでした。テントの色がアイボリーなので、中はとても明るいです。

実際にLGテント4.0で真夏のキャンプ2泊しました。天井が高いので立って着替えもできるし、ダブルサイズのインフレーターマットを2つ並べて、かつ荷物もたくさん置いてもまだスペースがあるくらい広々。

2日目の夜中に雨が降ってしまい、最終日の朝はびしょびしょに(泣)。乾燥撤収は無理かなぁと思いましたが、日が昇るころには雨も上がっていたのであっという間に乾いてしまいました。これがコットン生地だったらそうはいきませんでしたね。ポリエステル生地の扱いやすさを実感しました。

NEUTRAL OUTDOORのキャンプギア紹介

NEUTRAL OUTDOORからはLGテント4.0のほかにもこんなテントが出ていますよ。

NT-TE06 GEテント5.0

/NT-TE06GEテント5.0出典:NEUTRAL OUTDOOR

ゲル型のワンポールタイプです。これも可愛いですね。

こちらは6~12人用ですが、このテントはサイズ展開が豊富で、小さいものは2~3人用から、大きいものは8~14人用まであります。生地などのスペックは先に紹介したLGテントと同じ。ワンポールで立ち上げて、ロープを張って形になります。

そして、LGテントやGEテントにはそれぞれ「インナーテント」が別売りで出ています。我が家はテント内にリビングスペースを求めずに使用するため購入には至りませんでしたが、ボトムを外してインナーテントを設置することで、ツールームのように使用することもできますよ。

NT-TA01 GEタープ4.0

/NT-TA01GEタープ4.0出典:NEUTRAL OUTDOOR

LGテントやGEテントと同じ生地で作られたタープです。使い勝手がいいヘキサタイプでシンプルなアイボリーのタープ。もちろんNUETRAL OUTDOORのテントとの相性はばっちり。UVカット加工、耐水圧は3000mmと、どんな天候でも安心して使用できる頼もしいタープです。

NT-HM01 STハンモック

/NT-HM01STハンモック出典:NEUTRAL OUTDOOR

場所を選ばずにどこでも使用できる自立式のハンモックです。耐荷重120Kg、快適な寝心地でリラックスできますね。左右には小物を入れられるポケットがついています。持ち運びに便利なキャリーバッグもセットです。我が家も欲しい!きっと子どもたちにとられちゃうと思いますが(笑)。

他にも、チェア・テーブル・キャリーワゴン・シュラフなどシンプルで使いやすそうなギアがたくさんあります。

詳しくは公式HPを訪れてみてください。

LGテント4.0は設営が簡単でおしゃれキャンプが楽しめます

いかがでしたか?NEUTRAL OUTDOORは比較的購入しやすい価格帯で展開されているのも魅力のひとつです。デザインもシンプルですが可愛くておしゃれですよね。

今回のキャンプでは、設営がとても簡単で時間短縮になり、その後をゆっくり楽しめました。もちろん撤収も早いですよ!次回の秋キャンプでも活躍してくれそうで、今から楽しみです。

yukimi

優しいパパ・外遊び大好きな息子2人と一緒にアウトドアを楽しんでいるママキャンパー。ファミキャン始めて6年、主に関東圏でキャンプしてます。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top