キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【飯綱高原キャンプ場】池沿いの絶景を臨む激安フリーサイトが地元キャンパーに大人気

長野県の北部には行ってみたいキャンプ場が沢山あります。とはいえ東京からは結構な距離であることと、冬季は閉鎖するキャンプ場がほとんどなので、シーズン中の連休を狙って行くしかありません。連休にあわせて飯綱高原キャンプ場に行ってきました。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

飯綱高原キャンプ場の魅力

「飯綱高原キャンプ場」の魅力

飯綱高原キャンプ場は上信越自動車道長野インターから車で約40分。飯縄山(いいづなやま)のふもとに広がる飯綱高原にある、標高1,000mの立地にあります。

カラマツの林に囲まれた大座法師池が目の前に広がるロケーションは、よくある湖畔サイトとは一味違った雰囲気があります。「飯綱高原キャンプ場」の魅力を纏めてみました。

大座法師池が美しい

大座法師池が美しい

キャンプ場の目の前に広がる大座法師池(だいざほうしいけ)は、ダイダラボッチが飯縄山に腰を下ろしたときの足跡に水が溜まってできたという言い伝えがある、由緒ある池です。

カラマツの林に囲まれた美しいロケーションで、晴れた日には空の青さと周りの緑が池と調和して見事な絶景をみせてくれます。

池沿いに設営可能なフリーサイト

池沿いに設営可能なフリーサイト

飯綱高原キャンプ場は、大座法師池沿いにテントを設営できるフリーサイトです。通常、湖畔サイトは湖に近いほど傾斜が酷くなりますが、大座法師池は池ということもあり、池沿いの方が平らという面白いキャンプ場です。景観と利便性を兼ね備えているので池沿いは大変人気で真っ先に埋まります。

ファミリーに大人気のアクティビティが充実

ファミリーに大人気のアクティビティが充実

飯綱高原キャンプ場にはお子様が喜びそうなアクティビティが充実しています。ファミリーキャンパーには大変ありがたい施設です。

アスレチック施設

テントサイト奥のカラ松林にある「フィールドアスレチック 小天狗の森」には、全長700メートルの区間に31のアスレチック施設があります。なかなかハードなアスレチックのようで高所恐怖症の私は断念しました。

ジップスライド

テントサイト奥の大座法師池沿いにある「フォレストアドベンチャー・長野」は、「トランポリン」や「レーザータグ」といったアクティビティをはじめ、飯綱山をバックに大座法師池の上空を滑空する150mのジップスライドが人気です。施設の利用には予約が必要となります。

ボート

テントサイト手前にはボート乗り場があり、美しい大座法師池をボートで遊覧することができます。

めちゃくちゃ安い

めちゃくちゃ安い

飯綱高原キャンプ場はかなり良心的な金額のキャンプ場です。料金はテントとタープの数に対して発生するシステムです。

例えば、1~3人用のテントで3人でキャンプした場合、3人で1泊たったの1,000円でキャンプができます。そういったこともあり地元のファミリーキャンパーのグループが多い印象でした。なんといっても1家族1,000円程度でキャンプを出来るのですから。格安すぎます。

戸隠神社が近い

戸隠神社が近い

飯綱高原キャンプ場から車で10分程度のところに、日本有数のパワースポットである「戸隠神社」があります。

特に戸隠神社奥社の杜にある随神門から約500メートルにわたって200本以上のスギの巨樹が続く杉並木は圧巻で、とても神秘的な光景です。飯綱高原キャンプ場に来られたのであれば是非立ち寄って欲しいパワースポットです。

飯綱高原キャンプ場の施設案内

「飯綱高原キャンプ場」の施設案内

飯綱高原キャンプ場の施設を写真付きでご紹介いたします。

管理事務局

管理事務局

駐車場の隣にあります。受付と売店はこちらです。受付を済ませると炊事場を利用するための水栓を手渡されます。こちらはチェックアウト時に返却します。

売店-2

売店には薪と炭程度しかありません。買い物は事前に済ませておくことをおすすめします。レンタル用品については新型コロナウイルス感染予防対策に伴い、テントや毛布のレンタルを中止しています。バーベキューグリルとコンロのレンタルは行っていました。

トイレ

トイレ-2

トイレは2か所ありますが、テントサイト手前に集中しているため、テントサイトの奥からは距離があります。非常に立派な建物で綺麗です。

トイレ内

障害者やお年寄りに優しい作りなので好感が持てますよね。

炊事場

炊事場-2

管理事務局近くとテントサイトの中央、奥の3か所にあります。昔ながらの炊事場です。手洗い用洗剤が昭和を思わせます。お察しの通りお湯は出ません。

見ての通り蛇口がありません

見ての通り蛇口がありません。チェックイン時に渡された水栓を使うシステムです。炊事場を使う時は水栓を忘れないようにしましょう。

自動販売機

自動販売機-1

管理棟隣にあります。お酒以外の飲み物が一通り揃っています。ちょっとした時にドリンクを買うことができるのは便利ですよね。

バンガロー・ログキャビン

バンガロー・ログキャビン

湖畔から離れた森林にログキャビンが12棟、バンガローが5棟あります。カラマツの林に囲まれた高台にあり、ロケーションは良さそうです。最低限の設備で、電源の容量が大変少なく、スマホを受電できる程度の容量しか無いということです。

シャワー・風呂

えんめいの湯参照元:アゼィリア飯綱・戸隠

飯綱高原キャンプ場にはシャワー設備やお風呂がはありませんが、キャンプ場の近くに温泉施設があるので歩いて行くことができます。

最寄りお温泉は徒歩10分程度の場所にある「いこいの村アゼィリア飯綱」内にある「えんめいの湯」です。キャンプ場利用者は割引利用ができるのでお得ですよ。

飯綱高原キャンプ場のサイトレビュー

「飯綱高原キャンプ場」のサイトレビュー

飯綱高原キャンプ場のキャンプサイトを写真付きでご紹介いたします。

サイトの地面の特徴

サイトの地面の特徴-2

サイトの地面は草混じりの土です。手入れはされていないので草ぼーぼーです。場所によっては土がむき出しのところもあります。

傾斜はあるの?

傾斜はあるの

全体的に傾斜だらけです。真っ平らな場所は皆無と思ってください。飯綱高原キャンプ場は面白いことに池に近いほど傾斜が少なくなり、離れる程傾斜が強くなります。通常の湖畔サイトとは逆ですね。そのため池沿いは大変人気のため真っ先にうまります。

水はけのよさは?

水はけのよさは?-2

雨に降られていないため予測になりますが、地面が柔らかいこともあり、水はけは良さそうです。ただし斜面が凄いので雨が強いと川のように雨水が流れるかもしれませんね。

ペグの刺さり具合は?

ペグの刺さり具合は?-2

ペグの刺さり具合は良好です。足でペグを踏んでも刺さるくらい柔らかかったです。飯綱高原キャンプ場では池沿いは風が強いため、ペグが短いとタープが風で煽られて倒壊するかもしれません。

プライベート感

プライベート感-2

飯綱高原キャンプ場はフリーサイトですが、完全予約制です。予約人数の上限は50組程度と制限をしているのですが、サイトの広さから考えると詰め込み過ぎな印象があります。

何故なら「飯綱高原キャンプ場」は傾斜が殆どで設営できる場所が限られている上に、意外と狭いからです。そのためプライベート感が意外と少ないキャンプ場という印象でした。しかもフリーサイトのため、運悪く近くに設営されるとプライベート感はゼロになります。

サイトの広さ

サイトの広さ-2

傾斜地がほとんどの上、キャンプ場は思った以上に狭いため、平地である程度の広さのある場所は限定されます。一番平地が多いサイト奥の池沿いは最も人気があり、ベストポジションなのですが真っ先に埋まってしまいます。

飯綱高原キャンプ場の注意事項

「飯綱高原キャンプ場」の注意事項

飯綱高原キャンプ場で事前に知っておきたい情報を纏めました。

車の乗り入れは不可

車の乗り入れは不可

飯綱高原キャンプ場はフリーサイトですが車を横付けできるオートサイトではありません。管理事務局にあるリヤカーを使ってテントサイトまでキャンプ道具を運びます。

リヤカーの積載量はそんなに無いため、2往復くらい運搬することになります。テントサイトは奥の方だと300メートル程度の距離があるのですが、道は整備されているので意外と楽かもしれません。むしろ手前のサイトは傾斜が凄いのでリヤカーでの運搬で苦労します。

炊事場を利用する為に水栓が必要

炊事場を利用する為に水栓が必要

飯綱高原キャンプ場では炊事場に蛇口が付いていないので、受付時に渡された水栓を取り付けてから利用することになります。なかなか珍しいシステムですよね。炊事場を使い終わった後に忘れそうで怖いですが、水栓を無くしてしまうと400円掛かるので忘れないように注意が必要です。

ゴミは持ち帰り

ゴミは持ち帰り

飯綱高原キャンプ場では観光地美化のため、ごみは全て持ち帰りです。場内にはゴミ箱が置いてないのでご注意ください。

灰捨て場-2

灰と炭については管理棟近くの灰捨て場に捨てる事ができます。

キャンセル料あり

飯綱高原キャンプ場は完全予約制です。予約をキャンセルする場合、キャンセル料が発生するのでご注意ください。予約の1週間前から前日までが半額、当日キャンセルは全額発生します。

飯綱東高原オートキャンプ場と間違えやすい

飯綱東高原オートキャンプ場参照元:飯綱東高原リゾート

飯綱高原キャンプ場にそっくりな名前のキャンプ場がありまして、その名も「飯綱東高原オートキャンプ場」といいます。

カーナビでセットする際、検索候補から間違って選んでしまいそうですよね。稀にそういったアクシデントもあるようですので、カーナビを使う時はご注意くださいね。

難易度は高いが料金が安いので人気のキャンプ場

難易度は高いが料金が安いので人気のキャンプ場

飯綱高原キャンプ場は写真で見る限り、広大でプライベート感満載なキャンプ場を想像していました。実際は思った以上に狭く、設営場所が限られる難易度の高いキャンプ場といった印象でした。

とはいえ池沿いは別格です。飯綱高原キャンプ場でキャンプをするのであれば池沿いのベストポジションを押さえたいところです。

池沿い

飯綱高原キャンプ場はテントだけであれば1泊1000円でキャンプができるとあって大変人気で、特に地元のグループキャンパーが多い印象でした。遠くから来るキャンパーにとって場所取りは不利ですが、朝一から並んで池沿いを押さえることが出来れば最高のキャンプができますよ。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top