キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

ブッシュクラフトを楽しむ!野営感たっぷりのキャンプ場大瀬テント村

ブッシュクラフトを楽しむ!野営感たっぷりのキャンプ場大瀬テント村
野営感たっぷりの大瀬テント村。

落ちている木を使ってランタンハンガーやポットハンガーなどが作れるとブッシュクラフターから人気を集めるキャンプ場です。

木々に囲まれたサイトは全面フリーサイトで、自由にテントが張れるのもこのキャンプ場の魅力。

キャンプ場から海まで徒歩3分と近く、潮風と波音が楽しめる珍しいキャンプ場になります。

周辺には観光スポットもあるため、その情報含めご紹介。

ばじりこ

ソロキャンや2人キャンプを中心にブッシュクラフトやキャンプを楽しみ、焚き火とお酒を愛するキャンプ歴6年のキャンパーです。

ブッシュクラフトが楽しめる!大瀬テント村とは

静岡県沼津市大瀬崎に位置する大瀬テント村。ブッシュクラフトが楽しめるキャンプ場として人気を集めています。

20210211_105705

場内のいたるところに木々が生え、サイト全てが林間サイト。

四方に広がる歩道はあるものの石や木の根、落ちた枝で足場は不安定な状態が続きます。倒木している場所もありまさに野営感たっぷりのキャンプ場です。

そんなキャンプ場から徒歩3分の場所には大瀬海岸があり、夏場は多くの海水浴客でにぎわいをみせます。現在(2021.3.19)、釣りは禁止されていますが、解禁されれば釣りキャンが楽しめるキャンプ場です。

大瀬テント村の楽しみ方

好きな場所で好きなように楽しめるテントサイト

20210211_113818

大瀬テント村はオートキャンプ場ではありません。さらに全面フリーサイトなので足を使いお気に入りの場所を探します。

炊事棟から近い場所、海に近い場所、ひっそりと静かに楽しめる場所、ハンモック泊が楽しめる木々に覆われた場所、木々に覆われた秘密基地の雰囲気が楽しめる場所など。

他のキャンプ場との違いは、好きな場所で好きなように楽しめるのが大瀬テント村の魅力です。そんな自由すぎるキャンプ場だからこそブッシュクラフト好きが集まる理由なんだと思います。

到着したらまずは荷物を持たず、場所の散策することがおすすめ!

いい場所を見つけたら荷物運搬の開始です。

落ちている薪は拾い放題

20210211_111101

キャンプ場内の至る所に木が落ちていて自由に拾い使うことができます。

焚き火はもちろん、テントやタープのポール代わり、ランタンハンガーやポットハンガーなど使い方は無限大。テーブルや風防、お皿の代わりとしても使うことができるのでミニマルキャンパーにもピッタリです。

1年中落ち葉がたくさんあるので、ベッド代わりに使用するのもおすすめ!

潮風と波の音が楽しめる

20200223_093650

大瀬テント村から徒歩3分で到着する大瀬海岸。透明度は高く様々な魚が観察できると、スキューバーダイビングを楽しむ人で通年賑わいをみせます。

夏場になると、雄大な富士山を背景に海水浴が楽しめると海水浴客から人気がある大瀬海岸です。

そんな海の側にあるキャンプ場だからこそ潮風が香り、波の音が楽しめます。

周囲が静まり返った夜の時間帯になると、さらに波の音が聞こえランタンの灯りとの相性も抜群です。

磯場で貝など現地調達を楽しむ

img-1-1

大瀬海岸に出て右側には磯場があり、貝やエビなど現地調達することができます。

夏場はバケツいっぱいの貝を獲ることができるため、スープの出汁に最適です。

おすすめの時間は朝マヅメ、夕マヅメの時間帯。ただし、磯場のため足場は悪く海藻などが付着して滑りやすいため注意が必要です。

満ち潮の時は貝をたくさん発見することはできますが、磯場一面浸水するため無理をしないのが賢明。

大瀬テント村で利用できる設備

伊豆の水が流れ出る炊事棟

20210211_105321

キャンプ場中央には炊事棟を完備。夜になると街灯も点くため時間帯問わず使えるので便利です。

そんな炊事場には、伊豆の水が流れ出る蛇口が3つあり、流れ出る水は飲料水として使用できます。ご飯を炊く時、焼酎の水割り、乾いた喉をうるおすのに最適。

炊事棟には、タワシやスチールタワシ、スポンジなど完備されており自由に使うことができるので、万が一忘れても安心。もちろん、炊事棟には屋根がついているので急な雨天でも気にせず使用できます。

男女分かれたトイレ

20210211_105157

駐車場に隣接した男女分かれたトイレ。男女共に和式トイレで、トイレットペーパーはしっかり完備されています。

キャンプシーズン中はキレイに清掃されていますが、シーズンオフ中は多少汚れが気になるところ。とは言っても野営感が楽しめるキャンプ場なのでキレイすぎるのは考え物です。

トイレ横には手洗い場も設置されているので衛生的。

受付やレンタルを行う受付棟

20210212_083736

写真左上の道がキャンプ場の入口になり、右側に建つ建物が受付棟です。こちらで受付を済ませてから駐車場へと進みます。

受付棟では、鉄板や網、バーベキューコンロがレンタルできるため、予約時にお願いすると受け渡しがスムーズです。販売品としては、木炭のみとなります。

ちなみに、受付棟へ到着しても管理人さんは不在です。ドアに記載されている電話番号に電話すると、管理人さんがどこからともなく来てくれるのでキャンプ場へ到着したらまずお電話を。

大瀬テント村の注意点

直火はNG

20190413_162215

大瀬テント村は落ち葉が多いため直火はNGです。さらに地面には木の根が出ている場所も多く、根を焼いてしまうことで木を痛めてしまいます。

そのため、焚き火を楽しむには焚火台がマストアイテム。メッシュ素材の焚火台は灰が落ちるためNGなキャンプ場もありますが、直火でなければどんな焚火台でもOKです。

ゴミは各自持ち帰る

20210211_105222

キャンプ中に出たゴミは責任を持って各自持ち帰るルールです。

燃えるゴミはもちろん、ペットボトルやビン、缶、BBQで使用した網など全て持ち帰りとなります。炭もその場に捨てていくことはNGです。

周辺スポットのご紹介

海水浴が楽しめる大瀬海岸

img-3-1

大瀬テント村から徒歩3分ほどで到着する大瀬海岸。別名「大瀬海水浴場」と呼ばれ、エメラルドグリーンに輝く海水は多くの海水浴客でにぎわいをみせます。

シュノーケリングを持参することでカラフルな魚を観察できるため、子供さんにはおすすめ。夏場になると海の家が出て、飲み物や食事が楽しめると家族連れに人気があるスポットです。

左側には小さな磯場もあり、石をひっくり返すとエビやカニ、貝など見つけることができるので生物観測にも最適!

海の神様が宿る大瀬神社

img-2-1

大瀬テント村から大瀬海岸に出て左側を進むと、徒歩8分ほどで到着する大瀬神社。海の守護神として海上安全を願う人々が参拝にくる有名な神社です。

境内には伊豆七不思議の1つに数えられている霊池「神池」があり、標高がおよそ1~2mしかなく海から15mほどと近いため、海が荒れた日は海水が入り込むにも関わらず、淡水池。コイやフナ、ナマズなど淡水魚が生息している不思議な池と言われています。

その他、国の天然記念物指定のビャクシン樹林が楽しめ、その中には樹齢1,000年以上の老木があるほど。

時間があれば立ち寄ってほしいスポットの1つです。

雄大な富士山と松の絶景を楽しむ

imgimg

大瀬神社の手前にあるダイビングショップの横にある小道を進むと神社裏に出られ、雄大な富士山と松の絶景を楽しむことができます。

神社を半周ほどできる遊歩道があるため、潮風を感じながら散歩が楽しめ、天気のいい日には気持ちが良いスポットです。

愛犬と一緒に、子供と一緒に、1人でカメラ片手にフラッと立ち寄るのにおすすめ。

まとめ

大瀬テント村の魅力は、野営感があり薪は使いたい放題、倒木を使ってインテリアコーデできる魅力があります。

そんな野営感あるキャンプ場でも炊事棟やトイレはしっかり完備されキャンプ中も不自由しません。

こんな自然の中でキャンプを満喫したかった!を叶えてくれるのがこの大瀬テント村です。

ぜひ、伊豆旅行含め足を運んでみてはいかがでしょうか。

ばじりこ

ソロキャンや2人キャンプを中心にブッシュクラフトやキャンプを楽しみ、焚き火とお酒を愛するキャンプ歴6年のキャンパーです。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top