キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

釣りもできる神奈川の穴場キャンプ場「茅ヶ崎柳島キャンプ場」レビュー

茅ヶ崎柳島キャンプ場の林間サイト
今回は都内からもアクセス抜群な神奈川・茅ヶ崎市柳島キャンプ場をレビューします!

茅ヶ崎柳島キャンプ場は実は湘南地域の唯一のキャンプ場で、茅ヶ崎市が運営しています。高速道路のICからも近く便利な割にあまり知られていない穴場のキャンプ場です!そんなキャンプ場に行ってきましたので、詳しくレビューします!

gf-writer

都内のアウトドアショップに勤務する傍ら、ライター業にも励みます。休みの日は、キャンプ・山登りなどどこに行くか模索する毎日…。キャンパー目線の記事をお届けします!

茅ヶ崎市柳島キャンプ場の基本情報

はじめに茅ヶ崎柳島キャンプ場の情報を簡単にまとめました。

/柳島キャンプ場の看板-768x1024

基本情報

定休日 火曜日(※7.8月を除く)
チェックイン 11:00
チェックアウト 10:00
消灯時間 22:00

売店・キャンプ道具のレンタルあり。レンタル品は種類豊富で、キャンプ道具を持っていなくてもレンタル品ですべてまかなえます。予約をすればバーベキューの食材も用意してくれます。お風呂やシャワーはありません。テント泊が不安な方はログキャビンもあります。

料金案内

利用料金は利用者が「茅ヶ崎市内在住か市外在住か」で異なります。市内から来場する方が若干お得ですが、本記事では市外からの来場の料金を記載します。

テントサイト ¥3,140
ログキャビン ¥5,650
宿泊棟(定員24名) ¥18,220
宿泊棟(定員7名) ¥6,600
日帰りバーベキューコーナー
(1テーブル定員7名)
¥3,140

※記載している料金は通常料金です。季節により異なります。

茅ヶ崎柳島キャンプ場はこんなキャンプ場

/茅ヶ崎柳島キャンプ場-1024x768

それでは早速、茅ヶ崎柳島キャンプ場をご紹介します!今回行ったのはゴールデンウィーク明けの5月。気温は比較的高く日中は半袖で過ごせました。夜はスエットと薄手のシュラフで十分で、防寒道具は必要なく、快適に過ごせました!入り口のかわいい看板も良い感じです!

なんといってもアクセス抜群!

茅ヶ崎柳島キャンプ場は、新湘南バイパス「茅ヶ崎海岸IC」から車で5分の好立地に位置しています。電車でも東海道本線・茅ヶ崎駅からバスが出ているため、車が無い方でも都内から手軽に行けるキャンプ場です。

ファミリーにやさしい設備

/茅ヶ崎柳島キャンプ場で借りられるリヤカー-1024x767

今回は車で向かいましたが、キャンプ場から歩いてすぐの道路脇に駐車します。キャンプサイトまで50m程度距離はありますが、受付でリヤカーを借りられるので安心です。

場内にはバーべキュー場があり、無料で借りられるためグリルを持って行かなくてもOK。おまけにイスとテーブルも設置してあるので、ファニチャーすら必要ありません…。ここまでくると食材と泊まる道具さえあればキャンプができますね。

海に隣接!釣りもできる

茅ヶ崎柳島キャンプ場は海に面しており、手軽に海岸に行けます。夏場は海にも入れるのでお子様連れにはぴったりです!場所を選べば釣りもできるようで、シロギス、マゴチなどが釣れるようです。夏休みのグループキャンプにも良さそうですね。

江ノ島・鎌倉にも近く、キャンプ以外も楽しめる

/キャンプ場から近い江ノ島・鎌倉-1024x768

チェックアウト後は近隣の海水浴場や江ノ島、鎌倉までのアクセスが良いため、キャンプ以外も時間に余裕を持って楽しめます。キャンプ帰りに温泉も良し、お寺巡りも良し。湘南や鎌倉エリアならショッピングも楽しめます。

私もチェックアウト後に江ノ島観光をしてから帰りました(笑)10時にチェックアウト→江ノ島でランチ→鎌倉でショッピングという湘南満喫プランも可能です!

テントサイト紹介

テントサイトは区画サイト

テントサイトは海沿いの立地らしく、松の木林の中にあります。海沿いに防風林もあるため海風を防いでくれます!見た目はフリーサイトですが区画化されており15サイト程度。6人以上の大型テントの場合は場所を選びますのでキャンプシーズンは予約時にキャンプ場に相談した方が無難です。

地面は?

地面は小石と草が混じったようなサイトで、プラペグでも刺さります。ただし木の根も多いため、スチールやステンレスペグの方が向いています。今回は30cmのスチールペグを使用しましたが問題なく刺さります。

バーベキュー場紹介

/焚き火はバーベキュー場エリアのみ-1024x768

バーベキュー場は大きい東屋のような作りで、雨が降ってきても屋根があるので安心です。バーベキュー場の周りには立派なイスとテーブルも設置されているため、ファニチャーの必要がありません。

デイキャンプでバーベキューの場合は何と手ぶらでOK!とはいえ焚き火はしたいので、自分の焚火台をバーベキュー場に持参して開始。松ぼっくりや松の葉、小枝がそこら中に落ちているので、着火剤要らず!薪と木炭は場内の売店で購入しました。

キャンプ場の近隣設備は?

食材調達、スーパーなどは?

スーパーは柳島キャンプ場から車で5分「たまや浜見平店」とセブンイレブンがありますのでご安心を。茅ヶ崎だけあって新鮮な魚も販売されていました。他にもキャンプ場の周りにはレストランがたくさんありますので、帰りに名物・海鮮丼なんかも良さそうです。

キャンプ場の駐車場の門が22時で閉門になるため、22時までには帰ってくるようにしましょう。またチェックイン時刻の11時以前にも入場はできませんのでご注意を。

キャンプ場使用の注意点

茅ヶ崎柳島キャンプ場には他の一般的なキャンプ場とは異なるルールがあります。良かれと思っていてもNGなケースもあるので、ルールを守って正しく利用しましょう!

テントサイトでの焚火はNG

/テントサイトでの焚火はNG-1024x768

ここが他のキャンプ場との一番の違いになりますが、茅ヶ崎柳島キャンプ場では区画サイトでは火気厳禁です。そのため焚き火も区画サイトではできません。

焚き火を楽しみたい場合は、隣接するバーべキュー場の周りに限定されるので注意が必要です。ただし焚火台が無くても、焚火区画もありレンタルもあるのでご安心を!

私自身も今回スノーピークの焚火台Lを持参し、バーベキュー場のそばで焚き火をしましたが、特別苦になりませんでした。次の日の朝は、テントから移動しなければいけないため若干億劫でしたが…。

/焚き火でホットサンド作り-768x1024

ペット同伴はできません

ペットキャンプを楽しんでいる方には残念ですが、ペット同伴は不可なので注意しましょう。

たばこは喫煙所で吸いましょう

これも珍しいかもしれませんが、たばこは指定の喫煙所のみです。愛煙家の皆さんは焚き火をしながら一服…なんてことはできませんのでこちらもご注意を。確かにテントサイトは引火性の高い松に囲まれているため万一があっては危ないですね。ルールを守ってキャンプを楽しみましょう。

ファミリーにはぜひおすすめです!

/茅ヶ崎柳島キャンプ場はファミリーにおすすめ-1024x767

いかがでしたか?茅ヶ崎柳島キャンプ場は都内からも近く、海でも遊べます!テント泊だけでなく、デイキャンプでもバーベキューをしながら海水浴もできる東京近郊では数少ないキャンプ場なんです!設備もしっかりしていてトイレも清潔。キャンプ初心者や女性にも安心なので、ぜひ行ってみてください!

gf-writer

都内のアウトドアショップに勤務する傍ら、ライター業にも励みます。休みの日は、キャンプ・山登りなどどこに行くか模索する毎日…。キャンパー目線の記事をお届けします!

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top