アルペンアウトドアーズから「映えサイト」に欲しいアイテムが登場!機能性もばっちり

アルペンアウトドアーズから「映えサイト」に欲しいアイテムが登場!機能性もばっちり

この記事を読んでいるキャンパーの方で、アルペンアウトドアーズの名を知らない人はおそらくいないだろう。それくらい業界内での地位を確立してきた同ブランドだが、どんなイメージをお持ちだろうか。店頭のラインナップや、オリジナルのギアを見ても結構本格派のキャンパーを対象にしている様にも思える。

そんなアルペンアウトドアーズから、個人的には意外な「映える」にも振ったアイテムが3ラインナップ登場した。ただ映えるだけでなく、機能性もばっちりそうなのがさすがアルペンアウトドアーズ。それぞれ特徴を見ていこう。

女性スタッフの意見を活かしたオシャレなギアたち

aodhokuou202208 (2)aodhokuou202208 (4)

今回ラインナップしたこれらのギアは女性をメインターゲットにしていることから、アルペンアウトドアーズの女性スタッフの意見を存分に反映させたものとなっている。意識したのは北欧な雰囲気とナチュラルなカラーという事もあって、女性ならずとも男性にも評価されそうなデザインになっている。

雰囲気たっぷり、機能も充実なGRANPING CHAIR

アルペンアウトドアーズ グランピングチェア S

出典:アルペングループ オンラインストア

座面がコットン、フレームがケヤキの天然木で作られた見るからにお上品なチェア、その名も「GRANPING CHAIR」。うん、確かにグランピングサイトに置いてあっても違和感のないデザインだ。でも結局こういうのって、デザインだけなんじゃないの?とか思ったら大間違い。

ハンモックに包み込まれるような座り心地を追求しており、浅く座れば食事やティータイムに、深く座れば星を眺めることも出来そう。もちろんキャンプサイトで使用するも良し、自宅のリビングに置いてあっても良さそうだ。

サイズはSとLの2サイズ展開、Sサイズの場合はホワイトとブラウン、Lサイズはモスグリーンの合計3色展開となっているので、自分に合ったサイズ、もしくはサイトや部屋と合ったカラーを選べるというのが嬉しい。価格はSサイズで、16,489円、Lサイズで19,789円と少々割高だが、利用している素材を考えればむしろコスパは悪くない。

フリンジでハンモックをサイトの主役に

アルペンアウトドアーズ ハンモック

出典:アルペングループ オンラインストア

見るからにオシャレ~なハンモックも新たに登場。ハンモックのサイドにはメッシュのフリンジがついており、これが置いてあるだけでサイトのクオリティがワンランク上がりそう。ハンモックの生地にはポリエステルが55%、コットンが30%、レーヨンが15%使用されており、コットンの優しい風合いを残しつつもポリエステルの機能性、レーヨンの肌触りを兼ね備えていそうな割合だ。

ロープは2本付属しているが、写真のフレームは含まれていないのでご注意を。金額は10,989円で、ベージュのワンカラー展開となっている。

暖かみのあるウッド調で無機質なポールからグッバイ

アルペンアウトドアーズ ウッディポール

出典:アルペングループ オンラインストア

一般的にタープやテントのポールで木材を使用するという事は強度的に難しいことから、無機質な金属製であることが多い。それならばせめて見た目だけでもウッド調にできれば、機能はそのままにサイトの雰囲気を壊さないようにすることが出来る…。そんな声が聞こえてきそうなのがこのポールだ。

ポール本体はアルミ製で、ウッド調のビジュアルになっているが、先端に取り付けるポールキャップはカエデを使用しているというのがミソ。これがあるのとないのでは大違いで、本質的には偽物のハズのウッド調が本物にも見えてくるからスゴい。価格は1本で5,489円とこちらもそれなりの金額だが、それだけの価値はある。

コットンのワンポールテントと相性が良さそう!

aodhokuou202208 (3)

冒頭でも触れている通り、イメージしたのは北欧の雰囲気という事もあって、ノルディスクはもちろん、同じく北欧を意識しているニュートラルアウトドアのようなテントとは相性が抜群。全体をコットンとウッドの雰囲気で統一すれば、一気にオシャレキャンパーの仲間入りだ。

とはいえ、こういったギアは実物を見てナンボなので、一度リアルで見てみたい所。全国21店舗のアルペンアウトドアーズ、アルペンマウンテンズで取り扱うそうなので、お近くの店舗をチェックしてみてはいかがだろうか。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂