ogawaの2023年新製品の情報が解禁!注目のテントはどれ?

ogawaの2023年新製品の情報が解禁!注目のテントはどれ?

創業100年を超える老舗アウトドアブランド「ogawa」から、2023年の新製品の情報が公開された。ラインナップは幅広く、完全新作となる面白いテントや、100年以上の歴史の中で生まれたモデルの復刻版、そして人気モデルに新たに追加されたカラーなど、ファンならずとも要チェックの内容となっている。

公式サイトで全9モデルの情報は出ているが、今回はその中から筆者の独断と偏見で要チェックなモデルをピックアップして紹介していこうと思う。

便利な個性派「ピレウス」

ogawa2023202212 (4)

まずは完全新作となるテント「ピレウス」。ビジュアルからして珍しいタイプのテントで、フィールドで注目を集めること間違いなしのデザインだ。

ひときわ目を引くのがクロスされたポールが外側に出ているということ。形状からはティピ型テントの様な使い勝手だと想像できるが、ワンポールテントを二又化してポールを外側に回したアイデアは潔い。

フライシートのみでも設営が出来たり、インナーテントのグランドシートを外しての運用も可能なので、様々なスタイルに対応できるのも強み。

使い勝手◎「オーナーロッジ タイプ78R」

ogawa2023202212 (6)

1983年に発売された「タイプ78」をリニューアルしたのがこの「タイプ78R」。サイズは横幅310cm、高さが205cm、奥行きが360cmで、対応人数は5人まで。小さすぎず大きすぎずなミドルサイズなので、3~4人家族くらいがちょうどいいだろう。

サイドパネルも跳ね上げることが出来るので、リビング空間も広々とれる。雨の日も晴れの日も使い勝手の良い万能選手という印象だ。

待望の大型ワンポール「グロッケ16 T/C」

ogawa2023202212 (10)

ベル型テントのシリーズ「グロッケ」はこれまで12㎡の「グロッケ12 T/C」が最大サイズだったが、サイズアップをして16㎡となった。ワンポールテント特有の立てやすさはそのままに、最大対応人数が9人というビッグサイズは、ちょこまかと動き回る子どもがいるファミリーキャンパーにも嬉しい。

5角形で最も長い辺は495cmなので、張り綱を含めると7m角程度の区画サイトなら張れそう。別売りの「システムタープ ヘキサDX」と接続できるが、その場合は大型の区画サイトかフリーサイトの方が安心だろう。

その他のモデルもogawaウェブサイトで公開中

特に具体的な発表はないが、これらの2023年モデルは順次販売店に投入されるハズなので検討する際にはしっかり見ておきたい。他にも気になるモデルはいくつかあるので、ogawaの公式ページで詳細をチェックしておこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂