岩本利達
LOGOSの新大型2ルームテント「プレミアム エーコン PANEL EVER DOME L」新登場

LOGOSの新大型2ルームテント「プレミアム エーコン PANEL EVER DOME L」新登場

ファミリーキャンプでは定番の2ルームテント。様々なブランドから2ルームテントが発売されている中で、LOGOSの新作「プレミアム エーコン PANEL EVER DOME L」は注目の一張りになりそう。

LOGOS独自の「PANEL SYSTEM」と新開発の「エーコンフレーム」を組み合わせることにより、広くて快適な居住空間を確保しながら高い耐風性を実現しているとあって、特に小さな子どものいるキャンパーにおススメの仕様となっている。

「どんぐり」の形で室内を広く

商品名にもなっている「エーコン」とは「どんぐり」のこと。どんぐりの様に尖った形状はテントの壁面を押し上げ、高い天井と広い居住空間、そして耐風性を実現しているのである。

エーコンフレームによって出来るどんぐりの先端部分にはベンチレーションを配置。尖った部分に生まれるスペースを有効活用した格好となる。これにより空気循環機能が大幅に向上し、温度調整が容易になったとのことだ。

巻き上げ可能なスカートでオールシーズン対応

akon202311 (6)

フライシート全面にはフルマッドスカートを搭載。冬キャンプでは外から入って来る冷たい風を防いでくれるスカートがあるのと無いのでは大違いで、逆に夏は巻き上げ可能というのはありがたい。持ち前の耐風性も相まって、オールシーズンのキャンプで快適に過ごせそうだ。

また、インナーテントにはきっちり電源コードの取り込み口が用意されているので、寝る時に使用する電気カーペットや電気毛布などにも外部電源を気軽に使用できる。

テント前面の「PANEL SYTEM」が良い仕事をしそう

akon202311 (3)

個人的に一番魅力的に感じるのがテント前面に設定された「PANEL SYTEM」。これ自体はこれまで様々なLOGOSテントに搭載されてきているので真新しいシステムという訳ではないが、これがまた良い仕事をしてくれそうだ。

キャノピーに当たる部分をクロスする形でポールを配置することによりテント全体の強度が向上。上に向かってアーチ状になるので雨水もたまらないし、中央部分に用意されたランタンハンガーにも安心してランタンをぶら下げられる。

そして何と言っても車と簡単に繋げられるというのが非常に良い。これによって車中泊の際にパネル下を広いリビングルームとして使用したり、雨の日でも荷物置き場のクルマと濡れずに行ったり来たり出来るという訳だ。

LOGOSらしい家族にピッタリなテント

akon202311

このテントの対応人数は大人で4人。子ども二人を含む4人家族くらいならちょうど良く使えるだろう。定価は198,000円とテントとしてはハイクラスになるが、良いものを長く使おうと思うとこれくらいの価格帯は全然アリ。本格的に家族でキャンプを楽しみたいという方にはおススメだ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂