大型ミニバン乗りに朗報!ロゴスから大型車に対応するカーサイドオーニングが発売開始!

大型ミニバン乗りに朗報!ロゴスから大型車に対応するカーサイドオーニングが発売開始!

昨今ますます存在感が強くなっている「車中泊スタイル」。非常に短い時間で設営が完了するのに加え、災害時には車を拠点とすることが出来るのが魅力的だ。車中泊に適したクルマとなってくると、座って移動するにも頭をぶつけないある程度大型のバンが好ましいが、その場合取り付けられるカーサイドタープの選択肢が少なかった。

そこでご存じロゴスから発売されたのが「Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング」。独自開発の「デビルブロックST」も採用されており、快適さも抜群とあって大型バンでの車中泊キャンプが捗りそう。

高さは210cmまで対応!ハイエースもOK

THTCS202204 (4)

就寝スペースとなる車内と行き来がしやすいカーサイドオーニング。万が一雨が降っても濡れることなく車内に移動することが出来るので、車中泊キャンプにはぜひ欲しいギアだ。

ただしこれまでほとんどのミニバンが200cmまでの大きさという事もあって、「車高170cm~200cm」に対応するものが多かった。特に車中泊人気の高いハイエースの一部のグレードには全高が高すぎて、対応が出来なかったのである。

ロゴスから登場した「Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング」は全高210cmまで対応。ハイエースでも人気のあるワイド・ミドルルーフ仕様や、ワゴンのGL/DXが約210cmの全高なのでギリギリ対応する。他にも200cm近いミニバンに余裕をもって取り付けるという意味では向いているだろう。

デビルブロックSTで虫や紫外線対策も

THTCS202204 (5)

サイズは幅が約320cm、奥行が約250cm、高さが約210cmとなっており、大きすぎず小さすぎずの絶妙な塩梅。RVパークだと設営面積も限られる場合もあるので、この「ちょうどよさ」は結構大切だったりする。シートには「難燃バルキーポリ」を使用しており、耐水圧は2000mmと充分。

ロゴス製品にはおなじみになっている「デビルブロックST」がメッシュに採用。通常比の約1.5倍にあたるUV-CUT率、遮光率に加えて、小さな虫の侵入を防ぐキメ細かいメッシュとなっていることからも高い快適性があることが想像できる。

組み立て簡単で設営もラクラク

THTCS202204 (7)

設営方法は、「付属する車体連結用ジョイントの吸盤のフックを倒して固定し、シートを引っ掛けて引っ張るだけ」と公式で発表されている通り、シンプルで簡単そう。

専用のバッグに収納すれば、サイズは幅が約63cm、奥行が約15cm、高も約15cmと非常にコンパクト。ハイエースであれば常に車載していても気にならないだろう。

キャンピングカー並みの快適さに!

THTCS202204

キャンピングカーに取り付けられる巻き取り式のカーサイドオーニングもあるが、結構な施工費用になったり、全高が更に高くなったりという事で避けるという方も多い。

大型のクルマにも気軽に日陰が作れて、車中泊とチルタイムを快適に過ごすことが出来るのであれば申し分ないだろう。お値段は39,000円と手が届く金額なので、大型ミニバン乗りのキャンパーは検討してみてはどうだろうか。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂