八菅橋河川敷キャンプエリア詳細|無料でオートキャンプができるおすすめ野営地を紹介

八菅橋河川敷キャンプエリア詳細|無料でオートキャンプができるおすすめ野営地を紹介

神奈川県の愛川町を縦貫する中津川沿いには無料でキャンプができる河川敷が多数点在しています。その中の一つ、八菅橋(やすげばし)の下に広がる八菅橋河川敷は、中津川河川敷で無料キャンプが可能な場所の中でも広々としたフィールドが魅力的なエリアです。

河川敷には仮設トイレも設置されており、都心からのアクセスが良く、週末になると多くのキャンパーが集まる人気のキャンプスポットをご紹介します。

八菅橋河川敷の基本情報

住所 〒243-0303 神奈川県愛甲郡愛川町中津6184
電話番号 046-223-1711 (厚木土木事務所)
営業期間 通年営業
利用時間 24時間
利用料 無料
駐車場 無料
水道・トイレ 簡易トイレあり、水道無し
公式サイト 相模川・中津川の維持管理 – 厚木土木事務所

八菅橋河川敷は、圏央道の八王子JCTと海老名JCTを結ぶちょうど中間地点に位置する相模原愛川ICから10分程度の距離にある河川敷です。都心部からのアクセスが良く、思い立った時に利用できるキャンプスポットとして近隣キャンパーから人気を集めています。

水道が設置されていないという点を除けば、愛川町の市街地からも近く、買い出しや食事などにも困らないので、ファミリーでのデイキャンプなどにもおすすめのエリアです。

利用時の注意事項

八菅橋河川敷の利用ルール

  • 直火禁止
  • ゴミは持ち帰り
  • ダム放流時やサイレンが鳴ったら川に入らず安全な場所に移動する

無料で河川敷を利用するにあたり、上記ルールは必ず守りましょう。違反者が増えるとキャンプやバーベキューの利用が制限・禁止される場合があります。

ゴミのポイ捨てや不法投棄、直火している人を発見した方は下記までご連絡下さい。

その他の注意事項や管理者からのお知らせは公式サイトをご確認下さい。

キャンプの予約・申込方法

  • 予約不要

八菅橋河川敷は予約不要で誰でも利用できます。ただし、キャンプ場として運営されている場所では無いため、利用する際には県や町からのお知らせや基本的なルールとマナーを守り、周辺住民や他の利用者の迷惑にならないようにしましょう。もちろんキャンプで出たゴミは、燃え残った炭や灰も含めてすべて持ち帰りとなります。

八菅橋河川敷の駐車場

八菅橋河川敷はそのまま車の乗り入れが可能なので、特に駐車場として独立したスペースはありません。どこでも好きな場所に車を止めて、その近くでオートキャンプを楽しめます。

河川敷には大きな石が転がっている場所も多く、不意に乗り上げたりすると車が傷付く可能性もあります。場内は徐行しながら安全運転を心掛けましょう。

八菅橋河川敷の施設案内

八菅橋河川敷は誰でも利用できる公共の場所であり、正式なキャンプ場ではありませんので、設備も最低限しかありません。公衆トイレは設置されていますが、水道はありませんので、利用する際には手洗いや飲料用の水は必ず持参するようにしましょう。

キャンプ可能エリア

八菅橋から下流側エリア

八菅橋の河川敷は、中津川に架かる八菅橋を挟んで上流と下流側のどちらにもキャンプスペースが広がっています。河川敷の入口は下流側にあり、トイレも下流側に設置されているので、利便性が高くて人気なのが下流エリアとなっています。

テントを張るスペースも下流の方が広く、八菅橋から離れるほど車の走行音も気にならなくなるので、ファミリーで楽しむなら下流側がおすすめです。

八菅橋から上流側エリア

八菅橋から上流側に広がるエリアは、下流側に比べて河川敷のスペースが狭く、かつ公衆トイレからも遠くなってしまうので、相対的に利用者は少なくなります。

一人ゆっくりとキャンプを楽しみたいソロキャンパーには、上流エリアの方が好まれるかも知れませんね。この日もソロキャンプを楽しむ方々が互いのパーソナルスペースを保って設営されていました。

フィールドの様子

河川敷を遠目に眺める分には芝生の気持ちよさそうなフィールドだと感じられたのですが、近くで地面をよく観察してみると芝の下には大きな石や砂利が埋まっており、テントを設営するには非常に硬く、手ごわいフィールドだと思います。

テント付属のペグやアルミペグでは歯が立たないので、しっかりとした鍛造ペグを用意してテント設営に臨むようにしましょう。

中津川河川敷で火災が多発?焚き火の際は火事に注意

八菅橋河川敷ではキャンプ中の焚き火から枯草に燃え広がる火災が複数回発生しており、その度に消防車や緊急車両が出動して消火にあたっています。空気が乾燥している冬場は特に火事が起きやすいので、火の取り扱いには細心の注意を払うようにしましょう。

トイレ

八菅橋河川敷には簡易トイレが2つ設置されています。愛川町観光キャラクターのあいちゃんの描かれた方は洋式で、もう片方は和式でした。トイレットペーパーは設置されており、清掃も行き届いていましたが、週末などの混み合う日は汚れが目立つ等の口コミも見られます。

周辺施設

マルエツ中津店

八菅橋河川敷から車で3分程度の場所にスーパー「マルエツ中津店」があります。食料品の買い出しはこちらが便利です。駐車場は時間貸しですが、1時間以内であれば無料で利用可能です。

とくらや商店

焚き火用の薪を購入する場合は、中津川の上流方面に車を走らせたところに「とくらや商店」という個人商店があります。こちらの店先で針葉樹薪が450円、広葉樹薪が550円で売られています。

さらに、薪を購入した方には袋に詰め放題の廃材が無料でプレゼントされていますので、かなりお得に薪を手に入れることができますよ。

定休日:木曜日

営業時間:7時半~19時

八菅橋河川敷を利用する際に必要な道具

八菅橋河川敷には禁止されているはずの直火跡がいくつも残されていました。こうした状況をそのまま放置していると、河川敷の美観を損ねるだけでなく、環境への悪影響や燻ぶった火種から枯草へ延焼が広がり大規模な火災に繋がる可能性もあります。

マナーの悪化が目立つと河川敷が閉鎖されてしまう可能性もありますので、こうした河川敷を汚さないため、そして快適に過ごせるような道具をご紹介します。

焚き火台

八菅橋河川敷は直火禁止ですので、焚き火をする際は必ず焚き火台やバーベキューコンロを準備していきましょう。BUNDOKの焚き火台は大きな薪をそのまま乗せることができて、燃焼効率が良くしっかり燃えてくれる使い勝手の良い焚き火台です。値段も安価で、コンパクトに収納できるのでソロキャンプにもおすすめ。

焚き火シート

芝生や草の上で焚き火をする際は、焚き火台を使っていても、地面との距離によっては枯草を焦がしたり発火させてしまう可能性があります。そういう時は焚き火台の下に耐熱シートを広げて、地面を熱から守るようにしましょう。

火消し袋

八菅橋河川敷には灰捨て場はありませんので、焚き火で燃え残った炭や灰も持ち帰りとなります。焚き火を楽しみたいなら、焚き火台と合わせて火消し壺や火消し袋も準備しておくと安心です。

鍛造ペグ

河川敷は一見すると芝に覆われていて快適なようにも見えますが、地中には大きな石や砂利が埋まっており、アルミペグなどでは曲がったり折れたりしてしまいます。最強ペグの代名詞として多くのキャンパーから愛されているスノーピークのソリッドステークは、こうした河原サイトで設営する時に何本かあると活躍してくれること間違いなしですよ。

中津川沿いで広いフィールドが魅力の八菅橋河川敷

八菅橋下に広がる河川敷は、無料でキャンプができる中津川河川敷の中でも広大なフィールドが魅力のエリアです。週末になると混み合うこともありますが、平日であればゆっくりとスペースを保ってキャンプが出来て、都心から1時間程度で自然を感じられるおすすめスポットです。

利用する際にはくれぐれも近隣住民に迷惑を掛けないよう、ルールとマナーを守って大切に利用していきましょう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • キャンプクエスト編集部
  • キャンプクエスト編集部株式会社noasobi
  • 「キャンプは自由だ!最高だ!」と自然の中で過ごす快感、快楽に取り憑かれキャンプ沼にどっぷりハマった人が集まるキャンプクエスト編集部。趣味もキャンプスタイルも全員異なるが、共通点は日本キャンプ協会のキャンプインストラクターの資格を持っていること、キャンプを愛していること。時々、焚き火を囲い酒を飲みながら語り合う。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂