組み立て簡単で使い勝手の良い「LUPINE焚火台」が軽くなって帰ってきた!

組み立て簡単で使い勝手の良い「LUPINE焚火台」が軽くなって帰ってきた!

軽くて丈夫で、手軽に準備が出来るけどコンパクトにしまえて、使い勝手のいい焚火台が欲しいなぁ~という願望は青色の猫型ロボットに頼むしかないんじゃないかという無理難題だ。それをリアルに可能にしたのが、「LUPINE 焚火台 AIR」

元々初代モデルの「LUPINE 焚火台」は使い勝手の良い焚火台として好評だったが、鋼鉄製で結構な重さなのが玉に瑕だった。この度「AIR」とついたことから分かるように、軽くなって戻ってきたことにより、完璧な焚火台に近づいたのである。

LUPINE焚火台はココがすごい!

LUPINE2 (3)

先代モデルとなるLUPINE焚火台からしてクオリティが高かったようで、約300万円の資金調達に成功している。ここではAIRにも引き継がれているLUPINE焚火台の良いところをおさらいしていこう。

頑丈&安定性抜群で安心して焚火を楽しめる

LUPINE2 (4)

河原の様な石がごろごろした場所でもしっかりした脚で安定感抜群。プロジェクトページには成人男性が乗ってもビクともしないGIF画像が公開されていることからも、頑丈さもウリだ。確かに脚を見ても、太くて安定しており見るからに丈夫そう。

間口が広く、大きな薪もラクラクIN

LUPINE2 (5)

横から見ると扇形になっており、火床に対して間口が広い形状に。間口が広ければ薪もほとんど割らずに投入できるので、手間をかけずに焚火にを始めることが出来る。なお、本体を横に広げて灰受け、サイドウォール×2、火床をセットすれば完成。設営撤去も手早く出来るのはありがたい。

テーブルセットを使って拡張も可能

LUPINE2 (13)

焚火台にセットできるテーブルも同時発売。焚火台の近くでもテーブルが熱くなりにくく、調理のしやすさや団らんのしやすさが格段にアップするので必ずセットで購入してほしい。

我が家は焚火調理担当が父である私だが、テーブルは別の場所にあるため孤独に調理をしていたが、この焚火台なら皆で囲んで調理&暖まることが出来そうだ。

LUPINE 焚火台 AIRはステンレスになって進化!

LUPINE2 (6)

さて、それでは「AIR」とついてどうなったか。単純に言ってしまえば「ステンレス」になったのである。

言葉にすると簡単に聞こえるが、これは大きな進化。小さいサイズの「AIR S」の方では5.5kgも軽くなっており、元々の重さの約半分の軽量化に成功している。さらにステンレスは錆びにくいことでも有名で、お手入れも楽になったという事で、持ち前の「使い勝手の良さ」に磨きがかかることになった。

お値段も一級品!焚火台の目指すゴールの一つかも?

LUPINE2 (20)

こんなにいいとこ尽くしで、お高いんでしょう?と思ったアナタ。そう、少々お高めなのである。大きめサイズのテーブルセットは定価で48,000円、小さめサイズは44,000円と、どちらも40,000円オーバー。

とはいえこれほどの性能を持った焚火台も珍しく、素材の高さや加工の手間の事を考えれば妥当なのかもしれない。クラウドファンディングでは超早割で20%オフになっているので、なるべくお得にゲットしたいという方はお早めに。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂