岩本利達
2024年に110周年を迎えた「ogawa」新製品の4モデルの先行販売がスタート

2024年に110周年を迎えた「ogawa」新製品の4モデルの先行販売がスタート

先日情報解禁となったogawaの2024年新モデル。2024年は記念すべき創業から110周年という事もあり、中々気合の入ったラインナップが公開された。キャンパーからの期待値が高いこの新モデルの内、4モデルの先行販売が直営店でスタートした。

スタートしたのは新作2ルームテントの「Solest(ソレスト)」、ミドルサイズのロッジテントをT/C素材で作った「owner lodge Type78R T/C(オーナーロッジタイプ78R T/C)」、定番グロッケのバージョンアップモデル「Gloke12T/CⅡ(グロッケ12T/CⅡ)」、そしてT/C素材となったカーサイドシェルター「CarSide Shelter T/C(カーサイドシェルターT/C)」の4種類。実物を見られるようになったことで、より具体的に検討しやすくなった。

Solest(ソレスト)

ogawa202401

ファミリーにうれしい6人用の大型2ルームテント。テント生地に難燃コーティングを施すことにより、火の粉が着くなどしても穴が空いたり、燃え広がるリスクが軽減されているのは嬉しい。メッシュも非常に多く、高温多湿な日本の夏でも快適にキャンプをする事が出来そう。

前後のパネルをキャノピーとして使う事が出来る為、タープいらずで広大な居住空間を確保できる、なによりogawaらしいラギットなルックスがキャンパー心をくすぐる。

owner lodge Type78R T/C(オーナーロッジタイプ78R T/C)

ogawa202401 (2)

ogawaのアイコンにもなっているロッジ型テント。2023年にポリエステル版が販売されており、ミドルサイズのちょうどいい大きさが使いやすい。

今回は型は同じでT/C素材となった事から、燃えにくく、遮光性や通気性がアップ。ただし、ポリエステルと比べると重量が増したり、乾燥しづらいというデメリットもある。ポリエステル版と2種類発売されたことで検討の幅が広がったのはキャンパーにとっては良い事だ。

Gloke12T/CⅡ(グロッケ12T/CⅡ)

ogawa202401 (3)

ogawaの定番モデルであるグロッケの12㎡モデルがアップデート。2018年からグロッケにT/C素材が追加されてから人気があるが、今回はGloke12T/Cに無かったサンドベージュカラーと背面スリットが追加されている。

CarSide Shelter T/C(カーサイドシェルターT/C)

ogawa202401 (4)

こちらもT/C素材追加のニュース。車両と接続する事でシームレスに居住空間を拡張できるのが魅力的なCarSide ShelterにT/C素材が追加されたので、近くで焚き火をしても安心出来る。フロント部分もドーム型テントの様に跳ね上げられるので、開放感も抜群だ。

春のキャンプシーズンまでに購入したい!

ogawa202401 (6)

まだまだ寒い日が続くが、暦の上では春になり、そろそろ春のキャンプシーズンが見えてきた頃。基本的にテントは消耗品なので、そろそろ買い替えかも、という方はogawaの直営店に行ってテントの実物を見てみよう。4モデルの内、いずれかを購入するとオリジナルアイアンシェードももらえるので、こちらも見逃せない。

公式のオンラインストアでも購入出来るので、直営店に行けない方、実物を見なくても平気な方は公式サイトからチェックしてみよう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂