キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

ひのきの香りが漂うアイアールベースの木製キャンプギアが好きすぎて一生添い遂げたい

ひのきの香り漂うキャンプギア、アイアールベースプロダクト
大自然に囲まれて生活をする、そんなキャンプで利用するキャンプギアは自然の中に溶け込むようなものを使いたくありませんか?そんな自然との相性がピッタリなキャンプギアのブランド「アイアールベースプロダクト」をご紹介します。

ひよしゅんしゅん

子供達のたくさんの笑顔を見るためにキャンプ始めました。キャンプ始めて7年経ちましたが、気持ちはまだ初心者。キャンプ行くたびに新しい発見の日々です。そんな中で閃いたアイデアや苦い経験から学んだことをお伝え出来ればと思います。

アイアールベースプロダクトとは

1.ロゴ

アイアールベースプロダクトの名前の由来は、出雲の「i」林業の「R」基準「base」として製品作りをする「products」という意味で、i-Rbase productsと名付けられています。

素材には奥出雲の国産材を使用しており、出雲の地元の加工業者と協力しながら、木の風合いを楽しめる製品を作り出して、ネットを中心に販売しています。

アイアールベースギアのご紹介

2_ギア紹介全体

アイアールベースプロダクトのギアは、ネジや金具などを除いて全てひのきの素材で出来ています。我が家では、ボックスやラックなどの小物などを収納するギアとして活用しています。

木箱 makibox

2_BOXフタ

木箱はレギュラーサイズと、高さが半分のシャローのタイプがあります。写真はシャロータイプの木箱の上にマーキュリーのコンテナボックスを置いてます。

  • 蓋を外せばスタッキング出来る
  • 蓋が二枚板に分かれているので、ハーフオープンで中のものが取り出しやすい
  • 蓋は抗菌作用のある桧素材なので、料理でカッティングボードとしても使える
  • 大人が座れるベンチとしても使える十分な強度
■商品の詳しい情報はこちら
画面左:STACK-makibox Regular(蓋付き)
画面右:STACK-makibox Shallow(蓋付き)

STACK収納BOX

2_BOX1基本

木箱の間に取り外し可能な仕切りが入っているので、上部と下部の二つに分けて収納出来ます。上部は扉が上に開き、下部は扉が横に開くようになっており、それぞれの特性を生かしたギアを収納出来ます。

■商品の詳しい情報はこちら
画面左:STACK収納BOX hinge-woodcover
画面右:STACK収納BOX free-woodcover(上部の蓋を取り外すタイプ)

STACK収納BOXの上部収納の特徴

2.BOX3上

  • 小物など上から見渡せて探しやすい
  • 蓋を開けたままで固定出来るので、開けっ放しでハンドフリー(hinge-woodcoveタイプ)

STACK収納BOXの下部収納の特徴

2_BOX2下

  • 扉が手前に開くので、中に入っているものを取り出しやすい
  • 手前の扉が水平に固定されるため、取り出したものを置くことが出来る
  • 8枚に分かれた上部との仕切り板を部分的に取り除き、高さを上部まで使うことが出来る

収納ラック RACK2

2_ラック

上段(90cm)、下段(120cm)の二枚の板を、両サイドの脚部分に差し込んで組み上げる二段ラックです。

  • 上下の二枚は薄い鉄板が入っていて、反りの心配無し
  • 組み上げて使う4つのパーツは、車載も省スペース
  • アウトドアだけでなく、家のリビングでも十分に使える質感
■商品の詳しい情報はこちら
RACK2
アイアールベースプロダクト RACK2(無塗装)
    • 長さ1200mm×高さ500mm×巾300mm
    • 脚:540mm×300mm×30mm 2ヶ
    • 天板/上段  900mm×230mm×36mm 1枚
    • 下段 1200mm×230mm×36mm 1枚
    • 天板面高さ/上段 約450mm 下段 約
    • 110mm
    • 天板間隔/上段・下段間 約310mm
    • 重さ:脚(2ヶ)/約1.4kg
    • ボード900mm/約3kg
    • ボード1200mm/約4.5kg

テーブル(テーブル天板)

2_天板テーブル状態.JPG

makiboxをテーブルとして利用出来るようにするテーブル天板です。サイズも60cmx45cmと十分で、ロースタイルのテーブルとしてはジャストな高さになります。

2_天板開けた状態

テーブルを外せばボックスの中身が取り出せるのは便利ですね。

■商品の詳しい情報はこちら
makibox用 テーブル天板600

ちょっとした工夫でさらに便利に

便利で魅せる収納

3.前に置いたり引っ掛けたり

stack収納BOXは二つ並べると使い勝手がかなり良くなります。鍋やキッチン器具や食器類など、料理で使うものをすべてこのボックスに集約することが出来ます。

手前の棚に使ってないものを置いたり、シェラカップをボックスに引っ掛けたり出来るので、荒れがちなキャンプ中のサイト内もスッキリさせることが出来ますね。

魅せる収納:上部は飾りボードとして

3_飾りボードとして

魅せる収納:下部は飾り棚として

3_飾り棚として

キャンプでは雑貨や小物など素敵なものに囲まれると、気分がさらに盛り上がります。上段、下段の扉をそれぞれ飾りに活用すれば、便利収納から魅せる収納に大変身です。

収納ラックのキッチンアレンジ

3_ラックアレンジ0

RACK2をキッチンテーブルにアレンジしてます。

2バーナー、ウォータージャグ、調味料や調理器具など料理で使うものを集約することで、かなり使い勝手のいいキッチンになりました。

上段は二本の棒材をDIY利用

3_ラックアレンジ1

上段の板の代わりに二本の棒材とそれを連結する丸棒をDIYで準備。長さは活用するギアに合わせて少し長めにしています。

DIYした棒材とmakiboxを利用して組み上げ

3_ラックアレンジ2

棒材2本を丸棒で固定した上段を組んで、makiboxの蓋をセットします。下にはmikiboxを二つを置きます。

ツーバーナーをセットしてキッチン台の完成

3_ラックアレンジ3

ツーバーナーのガス缶の出っ張りが、二つの棒の間に入るようにツーバーナーをセットすればキッチン台の完成です。

実はこの上段のバーナーを載せる台、アイアールベースから商品化されているのですが、所有しているギアとピッタリのサイズにしたくてDIYすることにしました。

makiboxの蓋をテーブルとして利用するのは、我が家のオリジナルのアイデアです。

テーブル天板のこたつアレンジ

3_天板こたつ利用

makibox用のテーブル天板をこたつの天板として活用してます。

テーブルの脚部分は、makiboxを使ってしまうと足が入らず、こたつとしては使用出来ません。布団に隠れるこたつの脚を含めたテーブルには、スノーピークのIGTショートを使ってます。

キャンプサイトでの利用シーンのご紹介

どんなサイトでも絶妙の配色

天然素材ひのきの色合いは、自然の色との相性がいいのはもちろんですが、テントやキャンプギアで彩られる様々な配色のサイトにも溶け込んでくれます。

レッド配色のサイト

4_利用シーン赤サイト幕内-1

レッドと合わせると可愛らしいサイトのイメージになります。穏やかな木目色の中で、レッドの存在感が際立つ、そんな配色の組み合わせが抜群です。

4_利用シーン赤サイトタープ下-1

新緑に囲まれたタープ下、その中での木目色とレッドの組み合わせの雰囲気もいい感じです。

もともとレッドとグリーンはクリスマスでも馴染みがありますが、そこに木目が加わることで、より自然の中に溶け込む配色にすることが出来ます。

ブルー配色のサイト

4_利用シーン青サイト-1

ブルーはクールな印象になりますが、ひのきの木目色の穏やかさが加わり、爽やかなイメージのサイトになります。

4_利用シーン青サイト-1

日差しが気持ちいい日は、太陽の下での青空リビング、青空キッチンもいいですね。木目色が明るく照らされて際立ちます。

おうちキャンプでも活躍

お庭キャンプ

4_利用シーンおうちキャンプ

コロナウィルスの影響により、外出自粛で流行ったおうちキャンプ。自宅のお庭でも木目の色が馴染みます。

お庭キッチン

4_利用シーンお庭キッチン-1

忙しくてキャンプに行けなくても、天気の良い日はお庭で料理もいいですよね。

テレワーク

4_利用シーンテレワーク

自宅でのテレワークのオフィステーブルとしても活用してます。makiboxと天板を組み合わせることで、パソコンなどを使うデスクワークには、十分な広さと丁度いい高さになりました。

一生付き合えるギアブランド

最近のキャンプ人気の上昇から、たくさんのブランドが参入していて、キャンプギアの進化も著しく、次々と魅力的な製品が生み出されるようになりました。

我が家にも新しいギアが仲間入りしたり、サイト配色が変わったりと、キャンプギアも年々変化しています。そんな中でいつも変わらず我が家の中心にいるのは、このアイアールベースプロダクトのギアたちなんです。

1.手紙

これはアイアールベースプロダクトのギアを購入したときに、一緒に同封されていた社長さんの直筆の手紙です。初回、二回目、それぞれに顧客への想いが綴られています。そして、送られてきた商品を開封した時、誰もがその漂うひのきの香りに驚くと思います。

商品の雰囲気や完成度からも、その想いが十分に伝わってくるのですが、こうやって購入した顧客に社長さんが直筆で直接メッセージを伝える、そんなキャンプギアのブランドが今まであったでしょうか?

アイアールベースプロダクトは一生付き合っていきたい、そんなことを思わせてくれるキャンプギアのブランドです。

子供達のたくさんの笑顔を見るためにキャンプ始めました。キャンプ始めて7年経ちましたが、気持ちはまだ初心者。キャンプ行くたびに新しい発見の日々です。そんな中で閃いたアイデアや苦い経験から学んだことをお伝え出来ればと思います。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top