キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

ロケーション抜群!北海道南富良野「かなやま湖畔キャンプ場」で初ファミリーキャンプ

ロケーション抜群!北海道南富良野「かなやま湖畔キャンプ場」で初ファミリーキャンプ
こんにちは。北海道在住の2児のママ、ミワです。今年念願のテントを購入したので、初ファミリーキャンプへ行ってきました!

はじめてのキャンプ場に選んだのは、北海道南富良野町にある「かなやま湖畔キャンプ場」。お目当ては、なんといってもテントサイトから見える広大な湖!予約不要のフリーサイトもめちゃくちゃ広くて、居心地のいいキャンプ場でした。

今回は、北海道南富良野町「かなやま湖畔キャンプ場」の魅力をお届けします!

ミワ

北海道在住。アウトドア大好きな在宅ママライター。週末は家族でデイキャンプ!夢は2人のムスメたちが大きくなったら一緒に山登りすること。キャンプ、登山、フェス、これからゆる〜く活動していきます。

    北海道南富良野町「かなやま湖畔キャンプ場」の3つの魅力

    魅力1.湖が一望できる絶景ロケーション!

    1

    かなやま湖畔キャンプ場の魅力は、なんといってもテントサイトから見渡せる広大な湖!

    キャンプ場自体が高台にあるので、どんな位置からでも湖を眺めることができます。

    2テントからの景色♪

    我が家は、湖から若干離れた位置にテントを張りましたが、山と湖がちゃんと見えましたよ。開放感たっぷり!贅沢すぎるロケーションです。

    魅力2. テント500張できる広々フリーサイトだから、密にならずゆったりキャンプが楽しめる

    3

    かなやま湖畔キャンプ場は、テント500張、駐車場800台収容の大規模なキャンプ場。北海道のなかでもトップクラスの広さを誇ります。

    キャンプ場はすべてフリーサイト!芝生の上であれば(一部バンガロー宿泊者専用エリアを除く)、どこでも好きなところにテントを張ってOKです!

    4

    とにかく広いので、ソーシャルディスタンスを保ちながら、ゆったりキャンプが楽しめます。

    5芝生がキレイで気持ちがいい〜!

    魅力3. 釣り、カヌーなどアクティビティが楽しめる

    6

    かなやま湖では、釣り、カヌー、ヨット、水上バイクなどのアクティビティをたのしむことができます。特にかなやま湖=”カヌー”と言われるくらい、カヌーが有名!

    「かなやま湖 アクティビティ」で検索すると、いろいろなツアーが出てきますのでぜひチェックしてみてください。

    7

    我が家は、パシャパシャと湖に足をつけただけでしたが、子どもたちは大喜び!冷んやりしていて、とても気持ちがよかったです。

    8

    浅瀬にちっちゃくてかわいい魚が泳いでました。観察後はすぐにリリース♪

    9

    どこまでも広いかなやま湖。ぼんやり眺めるだけでも癒されます♪

    かなやま湖畔キャンプ場の情報

    10

    基本情報

    営業期間 通常5月~9月
    電話番号 0167-52-3132
    *営業期間以外は南富良野町振興公社
    TEL: 0167-52-2100
    住所 〒079-2411 北海道空知郡南富良野町字東鹿越
    公式サイト かなやま湖畔キャンプ場
    予約 フリーサイトは予約不要・当日受付。バンガローのみ要予約。
    管理棟 管理人は8:30-18:00在中
    チェックイン 24時間出入り可
    *管理人不在の時間帯に到着した場合は翌朝受付
    チェックアウト 11:00
    バンガロー 7棟(予約制)
    *詳細はHPにて確認ください。
    キャンプサイトの使用料金 大人(中学生以上)1名 1泊620円、日帰り250円
    子ども(幼児無料)1名 1泊250円、日帰り130円
    公式サイト バンガロー1棟(6人用)料金
    公式サイト 1泊2,610円+別途キャンプサイト使用料
    ペット 同伴可
    ゴミ 回収無料。必ず指定の袋(無料)に分別して、ゴミステーションへ出すこと。
    設備 トイレ3箇所、炊事場3箇所、リヤカー、野外ステージ

    かなやま湖畔キャンプ場の詳細レビュー♪

    アクセス

    南富良野町にある「かなやま湖畔キャンプ場」は、北海道の真ん中くらいにあります。札幌や旭川からは、それぞれ車で2時間くらいかかります。富良野市からは車で30分。北海道は広い!

    12

    わかりやすい場所にあるので、迷わず到着できます。

    管理棟(当日の受付など)

    13ログハウス風の管理棟♪

    14

    フリーサイトは予約不要。管理棟にて当日受付をします。

    15

    利用料金は、我が家は大人1泊620円x2名=合計1,210円(幼児2名は無料)でした!安い〜!

    コロナ対策

    16

    受付にはアルコール消毒が置いてありました。

    17受付時に配られた「キャンプ場利用の皆さんへお願い」

    コロナ対策の注意点が書かれてありました。

    • テントは2m以上離して設置する
    • 炊事場・トイレの利用時はマスク着用など

    このようにキャンプ場から具体的な対策を示してもらえると、安心感があります!

    実際にマスク着用の方も多く(もちろんわたしたちも)、みなさんマナーを守って利用されていました。

    18

    その他、ごみの分別方法の紙と指定のゴミ袋をもらいました。

    ゴミ袋(7種類)はなんと無料でもらえます!回収も無料!太っ腹すぎませんか〜?

    19

    ゴミ袋は、こんな風に1枚ずつラベルが貼ってあります。

    ゴミステーション

    20

    ゴミステーションは、管理棟のすぐ近くにあります。7種類に分別する必要がありますが、回収無料です。受付時にもらう「指定の袋」以外の袋では捨てられないので、ご注意ください!

    トイレ

    21管理棟に1番近いトイレ。階段がちょっと大変でした…

    22ログハウス風のトイレもあります。

    23

    虫はいませんでした!ですが、女子トイレは全部”和式”でした。

    ミワアイコン
    ミワ

    管理棟近くの女子トイレは1つだけ洋式トイレありましたよ!

    多目的トイレは洋式です。ちなみにオムツ交換台はありませんでした。

    トイレの印象としては、全体的にもう少しキレイだったらいいなぁと思いましたが、トイレットペーパーは十分に備え付けてあるし、虫も居ないので、個人的には許容範囲内でした!

    炊事場

    24

    炊事場は3箇所あります。

    25

    清潔感があり、水圧もよかったです。洗剤やスポンジなどは置いていないので持参が必要です。

    リヤカー

    26

    リヤカーは10台以上ありました。駐車場からテントまで重い荷物を運ぶ際に大活躍!

    台数も多く、管理棟からも「使用後は速やかに返却するように」とアナウンスが流れていたこともあり、待つことなくスムーズに借りることができました。

    どのエリアにテント張った?

    27

    我が家はフリーサイトのちょうど真ん中あたり。湖が一望できるエリアはすでに埋まってしまっていたので少し奥側でした。

    管理棟、トイレ、炊事場から近い場所にしたので、何かと便利でした。

    28大自然のなか、広々ゆったり!

    29

    森っぽいエリアもありました。ちょうどいい間隔で木があるので、ハンモックを使っている方も!

    ファミリー、グループ、ソロ、ペット連れ、いろんなキャンパーの方達がいました。それぞれが自分たちのキャンプをたのしんでいる雰囲気で、我が家のようなキャンプ初心者でもマイペースにたのしむことができました。

    フリーサイトの混み具合は?

    我が家は7月の土曜日に行きましたが、結構たくさんの方が来ていました。ただ、500張りできちゃうほど広いキャンプ場なので、混雑している感じではなかったです。

    人気のキャンプ場なので、ハイシーズンはもう少し混むかもしれません。心配な場合は管理棟へ問い合わせしてみてください。

    虫はいた?

    キャンプで気になるのが虫…。蚊取り線香を2箇所に設置したおかげなのか、家族4人誰も刺されなかったです!

    アリ、ハエはそれなりにいました。ところどころに木がありますが、生い茂ってる感じではないので、割と虫は少ないのかもしれません。

    かなやま湖畔キャンプ場の特記事項

    焚き火NG

    焚き火をたのしみたい方にはちょっと残念なのですが、かなやま湖畔キャンプ場は、直火・焚き火・薪火NGです。理由としては、風向きによって火の粉が飛ぶ可能性、子どもが喘息を引き起こす原因になるからとのこと。花火もNGです。

    30

    我が家は、焚き火の代わりに虫除けキャンドルを灯してみました。雰囲気が出て、なかなかよかったです♪

    強風に注意

    キャンプ場は高台にあるため、たまに強い風が吹くときがありました。

    テント設置のとき、あとでペグを打とうと思ってたら、急に風が吹いてテントがひっくり返るというトラブルも!時間帯や天候によって、強風が吹くときがあるのでご注意ください!

    傾斜多め

    平地もたくさんありますが傾斜も多めでした。荷物を運ぶ前にぜひ一度下見をして、お好きなエリアを見つけてみてください!

    絶景エリアにテントを張りたいなら朝早く行くべし

    湖が一望できる絶景エリアは、我が家が到着した土曜日10:00の時点ではほとんど埋まっていました。もし一等地を狙いたい方は、早めに到着されることをおすすめします!

    キャンプ場の周辺施設紹介

    バンガロー

    31

    6人用のバンガローが7棟あります。コロンとした三角形がかわいい♪車が横付けできます。

    大浴場(徒歩3分)

    32

    キャンプ場の向かい側に日帰りの大浴場「かなやま湖 保養センター」があります。

    受付は10:00-20:30。大人410円、小学生200円、幼児は無料です。

    レトロな大浴場でしたが、キャンプ場から徒歩で行けるのはありがたい!シャンプー、ボディソープは備え付けであり、ドライヤー(2台)も無料で使えました。

    カフェ(徒歩3分)

    近くにカフェもありました。カレーやうどん、コロッケ、アイスクリームなど軽食が食べられるようです。

    屋外遊具(徒歩5分)

    33

    かなやま湖畔キャンプ場から徒歩5分のところに「かなやま湖オートキャンプ場」という別のキャンプ場があります。こちらのオートキャンプ場の入口付近に自由に遊べる屋外遊具が2つありました。

    34

    ちょっと錆びれていましたが(ごめんなさい…)、子どもたちはお構いなし!滑り台に大喜びでした。近くには小川が流れており、水遊びにちょうどよかったです。

    ラベンダー園(徒歩10分)

    35

    徒歩10分のところにラベンダー園があります♪1番の見頃は7月中旬。かなやま湖×ラベンダーの景色がたのしめますよ。

    かなやま湖畔キャンプ場は広さ、眺め、コスパ◎バランスの取れたキャンプ場だった!

    36

    以上、北海道南富良野町「かなやま湖畔キャンプ場」のレビューをお届けしました♪

    眺め◎、広さ◎、コスパ◎、居心地もよく、とってもバランスがいいキャンプ場でした!

    もし北海道で…

    • 絶景ロケーションに癒されたい
    • 密を気にせず、ゆったりキャンプがしたい
    • アクティビティをたのしみたい
    • どんなキャンプスタイルでも(初心者、小さな子ども連れ、ファミリー、ソロ、グループ、ペット同伴)ウェルカムなところがいい

    こんなキャンプ場をお探しの方は、ぜひ「かなやま湖畔キャンプ場」へ足を運んでみてくださいね!

    ミワ

    北海道在住。アウトドア大好きな在宅ママライター。週末は家族でデイキャンプ!夢は2人のムスメたちが大きくなったら一緒に山登りすること。キャンプ、登山、フェス、これからゆる〜く活動していきます。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top