キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

千葉のグランピング施設リバーサイドグランピングヒルで台風被害の復興を応援しよう

都心から90分、千葉の房総半島に位置する夷隅郡大多喜町に、女性のためのグランピング・キャンプ施設「REWILD RIVERSIDE GLAMPING HILL(リワイルド リバーサイド グランピング ヒル)」がある。

千葉県に大きな被害をもたらした台風15号および台風19号は記憶に新しいだろうが、この度リバーサイドグランピングヒルで“千葉県に復興の火をともそう”というコンセプトのもと10月20日より毎週日曜日限定体験型キャンドルナイトプランが誕生したので、その内容に迫ってみよう。

ハンモックでの体験型キャンドルナイトプラン

/main-1-1024x683

元々、10月14日に開催を予定していたキャンドルナイトプランだったが台風15号・19号の影響により10月20日から再スタートすることになった。

こちらのプランによる売り上げの一部は台風被害の大きい千葉県南部の地域を中心にふるさと納税を通じて寄付される予定とのこと。

養老渓谷や粟又ノ滝といった自然豊かで知られる千葉県大多喜町で、たまにはゆっくりと都会の喧騒を忘れてグランピングを楽しんでみるのはいかがだろうか。

オリジナルキャンドル作りを体験

/sub1-1-1024x683

キャンドルナイトプランではオリジナルキャンドル作りを体験することができる。

さらに夜になると3種類の異なるキャンドルをテントやハンモックの周りに置いてキャンプ場の夜に明かりを灯し、アロマの香りと共に、キャンドルに囲まれたキャンプ場にて、ハンモックに揺られながら星を眺める。

きっと日常では味わえない至福の時間になることだろう。

手ぶらでグランピングが楽しめる

/sub3-1-1024x683

キャンドルナイトプランを予約するとBBQコンロやテーブル、リクライニングチェア、ハンモック等を貸し出して貰えるので、キャンプ道具を持っていない人でも気軽にグランピング感覚でキャンプを楽しむことが出来るぞ。

こちらのプランは泊まりではなく日帰りとなるので、宿泊希望の場合は別途4,000円とテント等の用意が必要となる。その場合もリバーサイドグランピングヒルにはレンタル品の用意がされているので必要な道具は事前に確認しておこう。

周りに建物がなく山に囲まれたキャンプ場なので、天気が良ければカシオペア座・秋の四辺形や冬の大三角など数々の星空を見ることができる。

キャンドルナイトプラン概要

/sub2-1

プランキャンドルナイトプラン
開催日2019年10月~12月の毎週日曜日
時間13:00チェックイン
14:00~17:00の間にキャンドル作り体験(所要時間30分)
~各自BBQ・温泉~
19:30~22:00キャンドルナイト&天体観測
22:00チェックアウト
価格キャンドルナイトプラン 7,000円/名
グランピングキャンドルプラン 40,000-60,000円/棟
セット内容・BBQコンロ ・テーブル ・リクライニングチェア ・ハンモック(グループ1つ) ・手作りキャンドルキット ・オイルキャンドル ・パティオランタン、ランタンスタンド(1グループ1つ) ・ホットドリンク

REWILD RIVERSIDE GLAMPING HILLについて

/sub7-1024x684

「アウトドアに興味はあるけど、準備も大変そう・・・。」そんな女性の憧れを叶える為に、女性のためにデザインされたグランピング&キャンプ空間「REWILD RIVERSIDE GLAMPING HILL(リワイルド リバーサイド グランピング ヒル)」。

都心から車で90分という好立地と、川や小山に囲まれた土地では、季節ごとの美しい大自然を感じることが出来る。川のせせらぎに心安らぎ、美しい草花に囲まれながら過ごすひとときは、非日常の特別な時間になるだろう。

そしてここの目玉の一つはなんといっても壮大な露天風呂である。お酒を飲んでも安心。ステイ場所からたった徒歩2分で滞在期間中は何度でも入浴を楽しむことができる。

/sub4-1-1024x683

夜のライティングに包まれるフォトジェニックな空間と、何度でも入れる温泉や心地いいテント泊、初心者にもありがたい手ぶらで宿泊プランが人気のリバーサイドグランピングヒルで癒しの時間を楽しんでみてはいかがだろうか。

CAMP QUEST編集部

納期に追われながら夢を追いかける日々。ニンジンが好き。

back to top