軽トラに着脱できるキャンピングカーが1周年でお値打ち価格に!【毎月先着20台限定】

軽トラに着脱できるキャンピングカーが1周年でお値打ち価格に!【毎月先着20台限定】

JUSETZマーケティング株式会社が手掛ける、軽トラ専用の着脱式キャンピングカー「MOVUSE(ムーヴス)」が発売から1周年を迎えた。1周年記念として、台数限定でお手頃価格で手に入れられる「ありがとう」キャンペーンを開始している。キャンピングカーが欲しくても高くて手が出せないというキャンパーに朗報だ。

「MOVUSE」ってどんなキャンピングカー?

MOVUSE5

MOVUSEは軽トラの荷台に設置するタイプのキャンピングカーで、改造の必要がないことから導入のハードルが非常に低いのが特長。2人旅に丁度いいサイズ感になっているが、基本的にリビング部分などは外で展開するのを想定している。とはいえ、荷台のハウスは住宅と同じレベルの断熱性を持っており、車とは別の快適環境を備えている。

軽トラは維持費が非常に安く、セカンドカーとして購入するのも夢じゃない。同社の調べによれば、大型のキャンピングカーを2年保有した場合の自動車税・重量税・自賠責保険料の合計が144,610円に対して、軽トラの方では39,680円と、3.6倍もの開きがある。

ハウス部分は取り外せるので、万が一軽トラが故障してもハウスは次の軽トラへ引き継ぐことも可能。通常のキャンピングカーでは出来ないコストパフォーマンスの高い芸当だ。

毎月20名におよそ4割引きで販売!

MOVUSE4

MOVUSEはスタンダードタイプのハウス部分のみで税込96.8万円。それがなんと、今回の「ありがとうキャンペーン」ではおよそ4割引きの税込58.3万円というから驚きだ。

対象者は「着脱式キャンピングカー購入をご検討されている方」という事で全員が対象。毎月20台限定で販売をするという事で、売り切れる可能性が十分にある。

安くなって浮いたお金でキャンプギアを買えば、すぐにでもキャンピングカーライフを始められる。

車から降ろしてもOK!災害時に拠点としても使える

MOVUSE3

法律上、着脱可能なハウス部分は貨物扱いとなるので、車検の際は降ろさなければならないのがネックの一つ。とはいえ車から降ろしても使用できるので、いっそのこと期間限定の離れとして使うのも面白そう。

昨今は大規模な災害が頻発しており、自宅が被災する可能性もグンと上がっている。万が一自宅が被災しても、一旦ハウスで生活できるという事だけでも精神的な負担は減る。レジャーと防災を両立できるのであればますます欲しくなってしまう。

着脱式キャンピングカーで一生乗り続ける!

MOVUSE2

前述した通り、着脱が出来るので車がへたっても乗せかえればOK。よほどのことがない限りは一生使い続けることも夢じゃないだろう。MOVUSEは全国8店舗のディーラー網を敷いており、購入の相談はもちろん、メンテナンスの相談もできる。この辺りも購入する際に安心できる材料だ。

筆者はスポーツタイプの車に乗っており、これを降りるつもりはないけれどもキャンピングカーには憧れる…こんなキャンパーも多いのではないだろうか。購入する場合は余分に駐車場が必要になってくるが、得られるメリットを考えると本気で嫁を口説きにかかってもいいのかもしれない。

問い合わせ先 0120-060-999
商品 着脱式キャンピングカー「MOVUSE(ムーヴス)」
応募締切り 毎月20台限定
注意事項 スタンダードタイプのシェルのみ。
車両、オプションおよび運送費は別途必要。
公式サイト 着脱式・軽キャンピングカー|MOVUSE
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂