アメリカで月に7,000枚を販売!Bearhard製のハイスペックブランケットは通常のキャンプでも大活躍

アメリカで月に7,000枚を販売!Bearhard製のハイスペックブランケットは通常のキャンプでも大活躍

アメリカのBearhard社の日本総代理店である株式会社ヘイブンズは、Bearhard社の全天候型ブランケットの販売を開始した。これまでも個人で購入するユーザーがいたが、この度満を持して日本上陸。緊急時の備えとしても、秋冬の寒いキャンプの時期にも使えるギアとしても注目の一品だ。

アウトドアの本場アメリカでも高評価!

Bearhard (2)

Bearhard社が会社を構えるアウトドアの本場アメリカでは、同社のブランケットが高評価を得ている様だ。アメリカ最大手のECモールでは、レビュー件数1,425件に対して、レビュー評価が最大5の所、4.6オーバーを獲得しているとのこと。

本場とあって競合ひしめくアウトドアギアの中でも、温シーズンには月間7,000枚を販売するというからその実力は折り紙付き。

全米ボーイスカウト連盟やアメリカ陸軍、救助隊といった主要機関で公式備品として認定されているのも心強い。果たしてどういった点でここまで高評価になっているのだろうか。

Bearhardのブランケットは何がすごいの?

Bearhard (3)

Bearhardのブランケットは、「全天候型ブランケット」と言われるもので、一般的なふわふわな毛布とはまた違うモノ。3重構造で出来た超断熱材を採用しており、防水99.9%、保温性93%を達成するお化けブランケットなのである。

公式の謳い文句は「究極の極暖を追求」となっており、その表現からも品質に対しての絶対的な自信がうかがえる。

こういったブランケットはエマージェンシーシートといった名称でも販売されているが、携行性を追い求めるあまり破れやすかった記憶がある。Bearhardのものは耐久性もあり、柔軟な伸縮性があるとのことで、使いやすそうな印象を受ける。

オススメ利用方法は「グランドシートの上に敷く」

Bearhard (4)

「別に登山するわけでもないし、そんなハードなギアはちょっと…」と思ったそこのあなた、実は高性能だからこそ快適なキャンプにはもってこいという事を頭に入れておいたいただきたい。個人的にオススメしたいのはグランドシートの上に敷くという方法。

秋冬の寒い時期にキャンプをするとわかるが、テントの中で一番冷気が来るのは地面から。Bearhardのブランケットは公式ではグランドシートとしても使えると謳っているが、グランドシートとテントの底面の間、もしくはテント底面とインナーシートの間に差し込むのが長く使うという意味でも良い。

秋冬キャンプに必携のギア

Bearhard (5)

グランドシートと寝床までの間に、こういった全天候型ブランケットを挟み込むのと、無いのでは正直全く感じ方が違う。特にファミリーキャンパーの場合だと、子どもに負担を強いることになるので万全の寒さ対策が必要。転ばぬ先の杖としても持っておきたい。

もちろん急に寒くなった時のためのブランケットとしても使えるし、その気になれば雨もしのげる。Bearhardならではの高品質・高耐久であればラフに扱っても大丈夫そうだ。筆者もさっそくポチろうと思う。

商品仕様

商品名 Bearhard ブランケット
メーカー Bearhard
メーカー希望小売価格 2,980円(税込)
重量 450g
サイズ 152x213cm
商品構成 ・ブランケット本体
・ペグ4本
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂