大自然の中で「足湯」はいかが?アウトドアの新定番「ポータブル足湯装置」がMakuakeに登場!

大自然の中で「足湯」はいかが?アウトドアの新定番「ポータブル足湯装置」がMakuakeに登場!

石材加工・卸売業を営む株式会社冲セキが新たに立ち上げた、石材を活用したキャンプ用品ブランド「E.C.O GRANITE」から、石材加工時に生じる廃材で作られた「ポータブル足湯装置」が、現在クラウドファンディングMakuakeで先行販売中だ。

バケツに溜めた水の中に、焚火や炭火の中で温めた石を投入し、安全に加熱・長時間保温することで一人分の足湯スペースを作れる「ポータブル足湯装置」。大自然の中での足湯は、最近話題の「アウトドアサウナ」よりもっと気軽に体験できる、アウトドアの新定番になりそうな予感。

ポータブル足湯装置【GRーNew10】の特徴

待ち運び可能な足湯セット

足湯_15

ポータブル足湯装置【GRーNew10】は、どこにでも持ち運び可能な足湯セット。キャンプ等で出かけた先の様々なロケーションに設置して、簡単に自分だけの足湯を楽しめる。

簡単かつスピーディに設置可能

足湯_16

ポータブル足湯装置GRーNew10は、組み立てに戸惑うことなく、約1分で誰でもスピーディに設置が可能。

抜群の保冷力&加熱性

足湯_13

蓄熱性が高い石材「花崗岩」の特性により、抜群の保冷力と加熱性を発揮。一度石を熱したらおよそ15~20分の間保温状態を保つことができ、体全体を十分に温められる。

廃材を活用したSDGs商品

足湯_4

GRーNew10は石材加工時に生じる廃材を活用したSDGs商品。今まで廃棄されていた石材ゴミを減らすことができ、さらに商品として有効活用することで、SDGsの持続可能な開発目標に即した商品となっている。

ポータブル足湯装置の使用方法

足湯_8

まずはステンレスケースを組み立てよう。

足湯_6

そして石を焚火や炭火に投入し、10~15分程度熱する。石は長時間熱すると温度に耐えられず割れる恐れがあるので注意しよう。

足湯_9

バケツに水を入れる。あらかじめ温めたお湯を入れても良いが、川の水などを汲んで一から足湯の湯を育てることも一つの楽しみと言えるだろう。

足湯_12

熱した石をケースの中に投入すれば、足湯の完成だ。あとは心赴くままに足湯を楽しもう。

キャンプに持参して家族やパートナーのおもてなしにも

足湯_14

肌寒くなってきたこの季節。最高のロケーションで足湯に入ることで、露天風呂のように贅沢なリラクゼーションタイムを過ごせるだろう。

キャンプで寒がっている家族やパートナーに、手際良く足湯を作っておもてなしすれば、喜んでもらえることは間違いない。

気になる方はクラウドファンディングMakuakeのプロジェクトページをチェックしよう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂