キャンプ場の視線を釘付け?フルオープン型ドームテント「エスケープM4」が日本上陸!

キャンプ場の視線を釘付け?フルオープン型ドームテント「エスケープM4」が日本上陸!

世界中の野外音楽フェスを渡り歩いたというCampo Designs社が、ビーチやアウトドアスポーツの場面で快適なベースキャンプとなるフルオープン型ドームテント「エスケープM4」を開発。この度、国内正規輸入代理店である有限会社オール・ビーが、一般販売より先行してMakuakeにて新プロジェクトを立ち上げたのでご紹介しよう。

アメリカ・シアトルから上陸!可能性を広げた多目的テント

\今なら最大30%OFF/
▼詳細・購入はこちら▼
https://www.makuake.com/project/canopy-shelter/

シーンに合わせて6段階に開閉可能な蛇腹式格納キャノピー

エスケープM4の特徴

エスケープM4の特徴は、一目で分かる特徴的な開閉パターン。通常のテントのように入口を設けるわけではなく、テントそのものが蛇腹式に格納されるキャノピーとなっていることで、気候に合わせて簡単にテント内の温度をコントロールできる。

テント一つでサンシェードのような使い方からドーム型テントとしても使用できるので、ビーチパーティーや野外フェスでのベースキャンプとして様々な使い方が可能だ。

6段階に開閉可能なキャノピー

晴れている日はフルオープンに、風や日差しの強い日などは状況に合わせて開閉することで、キャンプシーンでもタープを張らずに過ごせる。楽しみ方はまさに自分次第。

タフに使える本格的スペック

タフに使える本格的スペック

エスケープM4はユニークなデザインだけでなく、テントとしての性能もしっかり考えて作られている。メインキャノピー・スカート・フライシート・ドアパネルともに耐水圧3,000mmのPUコーティングが施されており、ハリケーンでも倒壊することのない高い耐久性を誇ることがテストによって証明された。

熱帯暴風雨テストの様子

YouTube ショート動画をチェック

テント床面サイズは310×280cmで、大人4人が寝るのに充分なスペースを確保。キャノピー天井に設けられた3つのベンチレーションパネルは、フルクローズドでも優れた通気性を持ちながら、小さな虫や砂埃の侵入を防ぎ、テント内を常に快適な状態に保ってくれる。

ファミリーキャンプからグループパーティー、グランピングに至るまであらゆる場面で活躍してくれることは間違いないだろう。

広げてポールに取り付けるだけの簡単設営

簡単設営

エスケープM4は特殊な形状のテントだが、設営は驚くほど簡単だ。基本は広げてポールに取り付けるだけ。吊り下げ式テントのポール本数が少々増えた程度だ。

YouTubeに設営手順がアップロードされているので確認して頂ければ、その単純さが分かるだろう。テント下部にポールを取り付ける部分があり、1本ずつポールを設置してテントを吊り下げていけば、一人でもたった10分程度で設営が完了する。

雨の日はフライシートを装着したり、風の強い日や日影が欲しい時にはサポートポールを取り付けることで、ワンタッチで環境に合わせたセッティングが可能となる。

製品仕様

製品仕様

エスケープM4テントの総重量は10kg。持ち運び・保管に便利な軽量バックパックも付属しており、ペグやガイロープなども同梱されているのでこれ一つでフルセットが揃う。

国内正規代理店による1年間の修理保証、商品到着から3ヶ月以内の初期不良の交換も付いているので購入後のサポートも安心だ。

様々なアクティビティに対応するエスケープM4を割引価格で手に入れるチャンス

エスケープM4を割引価格で手に入れるチャンス

キャンプやピクニックだけでなく、野外フェスやビーチパーティー、アウトドアスポーツのベースキャンプとするなど、エスケープM4の楽しみ方は自由自在。

「アウトドアなんだからテントに閉じこもってないでオープンになろうぜ!」という、アメリカ文化の国民性が反映されたようなフルオープン型ドームテントで自然との繋がりを感じてみてはいかがだろうか?

現在、Makuakeでは早期購入特典として最大40%の割引価格で購入できるチャンス。リターンのお届け予定は2022年6月末迄を予定しているので、来シーズンの夏休みはエスケープM4を持って思い出作りに出掛けよう。

アメリカ・シアトルから上陸!可能性を広げた多目的テント

\今なら最大30%OFF/
▼詳細・購入はこちら▼
https://www.makuake.com/project/canopy-shelter/

紹介
ギア
X 閉じる
  • キャンプクエスト編集部
  • キャンプクエスト編集部株式会社noasobi
  • 「キャンプは自由だ!最高だ!」と自然の中で過ごす快感、快楽に取り憑かれキャンプ沼にどっぷりハマった人が集まるキャンプクエスト編集部。趣味もキャンプスタイルも全員異なるが、共通点は日本キャンプ協会のキャンプインストラクターの資格を持っていること、キャンプを愛していること。時々、焚き火を囲い酒を飲みながら語り合う。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂