コメリのPB「K+GEAR」から耐荷重約80kgのハードコンテナが登場!

コメリのPB「K+GEAR」から耐荷重約80kgのハードコンテナが登場!

キャンプで地方に行くとお世話になる機会の多い「コメリ」。コメリはオリジナルのアウトドアブランド「Natural Season(ナチュラルシーズン)」というものがあるが、アウトドアにピッタリなのは同ブランドだけではない。

この度発表されたのは、同じコメリでも「K+GEAR」というブランドから、耐荷重約80㎏のタフなコンテナボックス「ハードコンテナボックス 30L」。積み重ねも出来るので車載にも便利そう。

コンテナボックス戦国時代!注目するのは「デザイン」

k+gearcbkousikikara2

出典:コメリドットコム

キャンプにおいてほぼ必需品となってきた「コンテナボックス」。大手はもちろん、ガレージブランドやホームセンターなどあらゆる業種が参入してきている中で、K+GEARの持ち味となるのは「デザイン性」だ。

よく見かけるコンテナに比べるとラインが入っていたり、カラーもカーキとベージュの2色展開でアウトドアを狙ったものになっている。K+GEARはアウトドアブランドと言うより、職人や現場で働く人たち向けの実用的なアイテムをラインナップしているブランドだが、その実直な雰囲気はアウトドアにもマッチしている。

蓋のデザインはスタックした際、真ん中にベルトを通すことで複数のコンテナを固定するのにも便利そう。ただ無意味にデザインされているのではなく、「プロの仕事道具」として用の美も満たしているのが好印象だ。

耐荷重約80㎏は十分!サイズ感もちょうどいい?

k+gearcbkousikikara

出典:コメリドットコム

コンテナボックスの耐荷重は約100㎏が多い中で、K+GEARは約80㎏と若干物足りない印象。とはいえ考えられる使用シーンとして、複数のコンテナボックスを積み重ねた上に人間が立たない限り80㎏もいかないので、これで十分と言っていいだろう。

ボックスのサイズは幅が約41cm、奥行きが約38cm、高さが約33cm。このサイズ感だとライバルは無印良品の「頑丈ボックス小」となるが、こちらは幅が約41cm、奥行きが約39cm、高さが約37cmとなっており、K+GEARの方がやや平べったい。高さが低い分、中に入っているギアが見つけやすかったり、整頓しやすかったりというメリットがありそうだ。

K+GEARの今後にも注目!

k+gearcb (2)

冒頭でも触れた通りK+GEARはアウトドアブランドではないが、アウトドアにうってつけのオリジナルブランド。オリジナルブランドが故にリーズナブルなところもお財布には嬉しい

今は他にアウトドアに適当な商品が見当たらないが、ハンマーや工具入れなど、プロの仕事道具感たっぷりのギアに期待できそうだ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂