販売開始から2ヵ月で売り切れ、予約販売入荷待ち。人気の無骨キャンプギア「pandish丸」から新しくLサイズが登場!

販売開始から2ヵ月で売り切れ、予約販売入荷待ち。人気の無骨キャンプギア「pandish丸」から新しくLサイズが登場!

販売開始してから、ありがたい事に即完売。予約販売でも2ヶ月先まで売り切れが続いたpandish丸(S,Mサイズ)。

無骨なキャンプギアを愛するソロキャンパー向けに作られたギアで、お客様の声により産まれた新サイズpandish丸(Lサイズ)をご紹介します。

pandish丸って?

pandish丸L1

簡単に言うと、調理に使える鉄フライパンです。

もちろんpandish丸の魅力はそれだけではありません。

1枚2役となるpandish丸は、その名前の通り、お皿としての役割もこなす事ができたり、焚き火の中でガンガン使えて、そのままお皿として野遊びの食卓に飾る事が出来ます。

そして料理が冷めてしまった場合、そのまま焚き火の中で暖める事が出来るのがpandish丸最大の魅力です。

S・Mサイズでは作れなかった、料理の幅が広がる

pandish丸L2

今まで焼けるけど、はみ出してしまった…。
もう少し大きさがあれば、2人前以上の料理を作るには少し物足りない、ファミリーで使うには、SやMでは少し小さい。

そんなお声を頂き、新たにサイズUPして新登場しました。

pandish丸L3

作れる料理の幅も格段に上がり、無骨に肉を焼くも、炒め料理も、焚き火料理はpandish丸でより野遊び感を楽しむ事が出来ます。

ソロもグループにも、もちろんご家族でも

pandish丸L5

S、Mサイズではどちらかというとソロ向きの製品でしたが、Lサイズではソロはもちろんのこと、グループでも、より広いキャンパーの方々に向けて作られました。

Lサイズではグループキャンプの際に人数分のお料理をまとめて調理する事も出来ます。S、M、Lサイズでお料理によって使い分ける事で調理も楽により野遊びを楽しめる逸品です。

2wayコンロでの調理もできますので、サイズ毎に購入される方や、S、Mサイズで使い分ける方が多くいらっしゃいます。

S・M・Lを重ねる事で綺麗に収納できる!

pandish丸L7

黒皮鉄で作られたpandish丸は1.6mmと薄く、Lsizeの直径が18.5㎝(内径は15.5㎝)と重量は約370g。S、M、Lサイズを3枚重ねても約900gと、驚きの軽量を実現しました。
※Sサイズ重量は230g、Mサイズ重量は300g

最大直径も18.5㎝なので、1枚からでも重ねても普段使っている焚き火台ポーチ等にも簡単にスタッキングできます。

その他も調理器具入れに、カトラリーと一緒にスタッキングできるのでかさばりません。

その上軽量かつ丈夫。バイカーや徒歩キャンプ、登山用のギアとしても使いやすい優秀な1枚です。

pandish丸L8

焚き火台収納ポーチと一緒に。

pandish丸L9

コンテナの隙間スペースにも。

pandish丸L10

登山用バックパックのポケットにも。

IHにも使えるので、ご家庭でも。

キャンプ時以外にも活躍するpandish丸。

鉄製のフライパンなのでご家庭のIHコンロでもご使用頂けます。
フライパンからお皿へと変身するので、洗い物も少なく見栄えもします。

お手入れ方法

基本的にスキレットと同じようにメンテナンスしてあげることが大切です。

使い終わったあと、洗剤は使わず、水とブラシで汚れを落とし、しっかりと水分をしっかり取れるように空焼きが重要になります。それでも錆びついてしまった場合、亀の子たわしや金たわし等を使うと簡単にサビが落とせるので大丈夫です。

家で使用した場合でもガスコンロなどで空焼きを十分した方が、サビができにくくなります。空焼きが終わったら、オリーブオイルを塗って新聞紙にくるんでおくと長期間の保管でもサビの心配はありません。

ただし、長期間保管したあとオイルが酸化しているので、長期の保管後にご使用いただく際には必ず一度お湯を沸かすなどして落としてから使った方が良いです。それ以外は特に神経質にならなくて大丈夫!
鉄なので少々荒めに使っても十分対応することが出来ます。

長く大事に使えば使うほど、アジが出て、フライパンとしての性能もあがってきます。

ぜひ一生モノの相棒としてギアの仲間に加えてみてください。

onegearブランドのこだわり

pandish丸Lbrand

onegear(ワンギア)は新しくできて間もない、まだ知る人ぞ知るガレージブランドです。

たくましく、
永く使って頂ける
ほんとうに良いギアを。

経験豊富なキャンパーだけでなく、キャンプ&アウトドア初心者の方まで、思わずカッコイイと感じ、永く愛用していただける、”無骨でワイルドなデザイン”を商品開発のコンセプトに取り組んでいます。

「ありのままの自然を感じることができて、アウトドアを楽しむ非日常の時間を存分に演出してくれる。」

それでいて、頑丈でありデザイン性にこだわった商品の生産を、各分野における熟練の職人と取り組んでいます。

onegear

「自然」をずっと守るキャンプ

公式サイト:https://onegear.jp/

 

紹介
ギア
X 閉じる
  • onegear
  • onegear
  • onegear(ワンギア)は、「あなたに、ひとつだけのギア」をテーマに、キャンプ・アウトドアを楽しむため、自然をずっと守るサスティナブルなギアブランドであり続けるべく、ソロキャンプ用品を中心としたハイエンドなキャンプ&アウトドア製品の開発・製造・販売を展開するアウトドアブランドです。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂