スノーピークのHOME&CAMPバーナーは家でも外でもオシャレに使えます!

スノーピークのHOME&CAMPバーナーは家でも外でもオシャレに使えます!

焚き火や炭火で実際に火を起こして調理するのがキャンプの醍醐味でもありますが、悪天候時やチェックアウトの時間が迫る朝の忙しい時に重宝するのがバーナーです。

ここでは数あるバーナーの中から人気の高いスノーピーク製のHOME&CAMPバーナーを実際に使ってみて、気付いた点を含めてご紹介していきたいと思います!

スノーピークHOME&CANPバーナーのコンセプト

商品名にHOME&CAMPと付いている通り、普段使いでもアウトドアでも使えるバーナーです!

スノーピークHOME&CANPバーナーの使用イメージ

出典:スノーピーク公式HP

HOME&CAMPバーナーの公式スペック

価格 税込12100円
カラー ブラック
カーキ
シルバー
使用サイズ 301×346×120mm
収納サイズ 90×120×255mm
重さ 約1.4kg
連続燃焼時間 約110分
使用できる鍋の大きさ 最小φ14cm~最大φ30cm

ホームセンターにある2500円の格安コンロを使っている身としては結構高額な印象。

選べるカラーバリエーション

どのカラーもどんな場所にも合いそうな落ち着いた雰囲気のバリエーション。

出典:スノーピーク公式HP

ブラックが1番無難な気がしますが、カーキがスノーピーク色って感じで良いですね!

カーキ色って緑じゃないの?

このHOME&CAMPバーナーのカーキ色を見て“アレ?“って思った人はいますか?自分はキャンプギアでよく見かけるカーキって濃い緑色の事だと思っていましたが、実はカーキは“土埃“という意味だそう。

多少の色味の違いはあれど、てっきりソロベースなどで使われている緑がベースになっている色がカーキだとずっと思っていました。カーキの意味だったり同じテントでも呼び方が違ったり、まだまだ知らないことが沢山です。

少年の心をくすぐるトランスフォームするバーナー!

カパッと開けるとメカメカしいこの感じ!ワクワクするのは自分だけでしょうか(笑)

ウィ〜〜ン ガシャン!

クルッと引き出して広げて、あっという間に変形完了!

ドドン!

HOME&CAMPバーナーの良いところ

やはりスノーピークのブランド感は偉大です!

他には無いデザインが魅力的

HOME&CAMPバーナーの良いところはなんと言ってもデザイン。

スノーピークHOME&CANPバーナーの収納イメージ

出典:スノーピーク公式HP

部屋の中でインテリアとして置いても違和感の無い佇まい。

当然キャンプ場で使ってもかなり良い感じ。時間に追われがちな朝のコーヒー用のお湯は、サッとバーナーで沸かします。

キャンプではともかく、インテリアに溶け込んだ写真を見た時はかなり憧れましたが、そんなオシャレな家に住んでないので我が家では宝の持ち腐れ状態です(笑)

コンパクトに収納出来る!

一般的なカセットコンロでも使い易くて良いのですが、キャンプに持って行くとなると結構かさばるのがデメリットでした。

その点、HOME&CAMPバーナーはコンパクトに収納可能。

ガス缶よりも少し大きい程度

長年お世話になっている格安カセットコンロの火子ちゃんコンロと比較すると一目瞭然!

コンロを持ち運ぶ際には空になっているであろうガス缶をセットする部分に、五徳を収納してしまおうというのは凄い発想です。何かと物が多くなりがちなキャンプギアは、コンパクトになって困ることはありませんからね。

CAMP&HOMEバーナーはツマミで火力調整

個人的に良いなと思ったのが、こちらの火力の表示。

段階的に弱火、中火、強火となっているのは他のコンロと同じですが、明確になっていると使い易くて良いです。

一般的なカセットコンロ

キチッと合わせたい性格の自分としては、一般的な表示だと若干モヤッとしてました。これは完全に気にし過ぎだとは理解してますが(笑)

火力が強い!

明るいのでちょっと分かりづらいかもしれませんが、満タンのガスをセットして火加減を確認してみました。

強火

中火

弱火

何もない状態で強火にすると、真っ直ぐに火柱の様に立ち上がる強火力!

中火でも体感としては結構強い感じがしますが、そのあたりはツマミの表示に拘らずに調整可能です。

弱火にしても火が消えず絶妙なトロ火でも使うことが出来ます。じっくり見るときちんと火が付いていますよ!

HOME&CAMPバーナーの気になったところ

総合的にはポイントが高いですが、これから選ぶ人向けに気になるところを挙げてみます。

家庭用コンロと比べて値段が高い!

スノーピークと分かっていても、12,100円はブランド価格が上乗せされている感覚が否めません。

ホームセンターで見かけるコンロはメーカーを問わなければ2500円、品質に定評のあるイワタニでさえも4000円を切る価格を考えると、単純に3倍以上の価格差があります。

ケースがシンプルで良いが別売り!

家使いだとあまり必要はないかも知れませんが、やっぱり外へ持ち出すにはケースは欲しい。そんな時でもやっぱり立ちはだかるケース別売りの壁。

シンプルなデザイン

専用ケースは税込3,828円。やはり高い…。しかしシンプルながら本体とガス缶を2本をコンパクトに収納できて使い勝手は優秀だとは思うので、何度生まれ変わろうが買ってしまう気はしています(笑)

1泊のキャンプならこれで十分

小さく主張するロゴ

ただ、シンプル過ぎてタグを見なければスノーピークだと分からないので、こちらは完全に自己満足の世界かも。他の物でも代用は可能なのでお財布と相談で!

HOME &CAMPバーナーを実際に使用した感想

他のキャンプ仲間も愛用していたので人気の高さは感じています。

カセットコンロよりも火力が強い!

一般的なカセットコンロは外に向かってガスが出てくる作りになっていましたが、スノーピークのHOME&CAMPバーナーは内側(中心)に向かって炎が出ます

中心に向かって炎が集中することで強い火力を実現。ご覧の通り、同じガス缶を使って比較すると立ち上がる炎の高さが全然違いました!

小さいクッカーだとバランスが悪い

最小直径が14cm〜最大直径が30cmと公式でありましたが、実際に使ってみるまで、正直「ふ〜ん」と完全にスルーしていたポイントでした。

友人のケトルでお湯を沸かすときに「アレ?少しケトルが小さいのか?」というギリギリな寸法の差。

割と大きなケトルだったので個人的には結構意外。

クッカーも結構ギリギリ

フライパンの様な大きめのクッカーなら気にならないかもしれませんが、使う人によっては“自分の持っているギアと合わなかった!“となる部分だと思います。

ガスボンベまでオシャレなのがスノーピーク

セットすると見えなくなる部分のガスボンベでさえも妥協がないのがスノーピーク。

価格は1本で税込242円

値札が上手く剥がれなかったのでこのまま使用していますが、シンプルなデザインが良いですね。

使用中は意外とスペースを取る

コンパクトで持ち運びが楽だからソロ向けに良さそう!と思っていたものの、実際に使う時は一般的なカセットコンロよりも占有面積は広くなってしまっていました

形が違うので一概には言えませんが、小さいテーブルだとすぐ横で調理が出来ないということに気付きました。場合によっては、コンパクトなソロ用テーブルだと乗せられない可能性もありそうです。

使用時サイズは幅301mm×奥行き346mmとなっているので、手持ちのテーブルサイズを確認してから購入を検討することをおすすめします。

スノーピークのHOME&CAMPバーナーまとめ

自宅でもキャンプでも一般的なよくあるカセットコンロで十分だと思っていましたが、HOME&CAMPバーナーを実際に使ってみると細かな部分にまで拘っているのがよく分かる商品でした。

コンパクトに収納出来るデザインはインテリアとしても違和感無く使える様になっていましたし、比較するまでは気付きませんでしたが火の出方も全然違う作りでグッド。

よくあるカセットコンロや他のOD缶タイプのバーナーと比較するとどうしても割高になってしまう感じは否めませんが、「キャンプギアをスノーピークで揃えたい」、「持ち運びが楽な方が良い!」、「家でもキャンプギアを使いたい!」という方には、余裕でオススメ出来るギアだと思いました!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 説明くん
  • 説明くん
  • キャンプ歴7年ながら年間数回の未だに初心者キャンパー。日々のストレス発散の為、今年からはなんとしても年間10泊以上が目標。キャンプもしつつ車中泊も楽しむ30代です。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂