過去最大規模の遊びの祭典「FIELDSTYLE JAMBOREE」が11月19日と20日に開催

過去最大規模の遊びの祭典「FIELDSTYLE JAMBOREE」が11月19日と20日に開催

東海エリアのキャンパーにはお馴染み、愛知県の国際展示場で毎年11月に実施される「FIELDSTYLE JAMBOREE」が今年も開催決定した。今回は過去最大規模とのことなので、今年はなおさら要チェックだ。

とはいえ現在決まっているのは出店総数が450以上のブースとなることと、新しいコンテンツが追加されることだけ。今回はイベントの楽しみ方にフォーカスして紹介していこうと思う。

5月開催のイベントを超えることを目指して

FSJ202208 (6)

今回のテーマは「過去最大規模」という事で、久々に開催できた2022年5月の規模を上回ることを目指しているとのこと。5月の「FIELDSTYLE SEASIDE MARKET」では400以上のブースと季節のコンテンツを取り入れたことで、コロナ禍前の開催時と同等の来場数を記録したとあり、超えるべき壁としてはまあまあ高い。

基本的にFIELDSTYLEと言えば11月の開催なので、こちらの方も本家として負けていられない。450以上のブースと新しいコンテンツを引っ提げて、5月の来場数を超える様に組み立てていくとのことだ。

注目のコンテンツはこれ!

現状では3か月先のイベントという事もあって大枠だけが決まっている。その中でも注目のコンテンツを中心におさらいしていこう。

SOUL FOOD JAM

FSJ202208 (15)

FIELDSTYLEではもはやお馴染みのキッチンカー大集合のイベント。全国から力のあるキッチンカーが集まっており、本格派ハンバーガーやケバブ、キューバサンドといった国際色豊かなラインナップとなっている。

詳細は不明だが、基本的に会場にイベント用テントとテーブル、イスが用意されており、ゆっくりと食事を楽しむことが出来るはず。ただし、お昼ごろには満席になってしまう可能性もあるのでご注意を。

SAFE LIFE PROJECT JAPAN

FSJ202208 (11)

アウトドアと防災は相性が良いことは周知の事実だが、アウトドアのノウハウを活かした防災やエコの意識を高めるのを目的としているのが、この「SAFE LIFE PROJECT JAPAN」だ。

普段何気なくアウトドアを楽しんでいても、意識しているのとしていないのでは大違いだったりする。このブースでの体験が自分と家族の命を守るきっかけになるかもしれない。

NINJA GAMES

FSJ202208 (7)

こちらも毎度おなじみ、トリッキーで超クールな競技を間近で見られるコンテンツ。これまでは自転車、パルクール、スラックライン、キックボードの4種目だったが、今回からスケートボードも加わってさらに魅力的になるとのこと。

会場には世界大会でも活躍するアスリートが登場することもあるので、お見逃しなく。

新しいコンテンツも企画中!

FSJ202208 (10)

その他にもワンちゃんとのライフスタイルを提案する「WANDAY FUNDAY」、植物との暮らしを提案する「Sweet Jungle」など、アウトドアを愛する人たちの琴線に触れるコンテンツが盛りだくさん。

11月のFIELDSTYLEでは、これら以外にも新たにコンテンツが加わるとのことで期待を禁じ得ない。いつもの流れであれば公式SNSなどで出展社の紹介があるので、東海キャンパーや参加を予定しているキャンパーは定期的にチェックをしていこう。

開催概要

イベント名 フィールドスタイル ジャンボリー
開催日 2022年11月19日(土)~20日(日)
両日とも9:00~17:00(予定)
会場 AICHI SKY EXPO 愛知県国際展示場
〒479-0881 愛知県常滑市セントレア5丁目
※屋内ホールD・E・F+屋外10,000㎡以上
出店数 450ブース以上
※協賛・出展8月末まで募集中
入場料 前売1,500円(予定)小学生以下無料 ペット同伴OK
※10月から前売チケット販売予定
主催 FIELDSTYLE works(株式会社エムズカンパニー内)
公式サイト・SNS https://field-style.jp/
https://www.instagram.com/fieldstyle_official
https://www.facebook.com/FIELDSTYLE2018
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂