過去最大【FIELDSTYLE JAMBOREE】2022年11月に開催!今回の注目コンテンツは?

過去最大【FIELDSTYLE JAMBOREE】2022年11月に開催!今回の注目コンテンツは?

2022年のFIELDSTYLE JAMBOREEは過去最大規模のスケールとなっているとのことで、東海キャンパーの熱視線が集まっている。開催まで一か月を切ったこのタイミングで、開催内容の詳細が発表された。

今回の見どころはもちろん最大規模のスケールではあるが、その他にはどんなことをチェックすればいいのだろうか。

ブース数は過去最大!面積は1.5倍に

fs202210 (15)

FIELDSTYLE JAMBOREEは愛知県含んだ東海エリアでも屈指のアウトドア展示会となっており、BtoCだけでなくBtoBの場としても活用されている程大きなイベント。

今回は過去最大を目指して企画されたという事で、ブース数は過去最大の600オーバー!面積はコロナ禍前の開催時と同等の来場数を記録した5月の開催時と比べると、1.5倍になっている様だ。

新コンテンツは「GolfDoor」

fs202210 (8)

8月の発表時点では伏せられていたが、一か月前のプレスリリースで発表されたコンテンツの名称は「GolfDoor」。

コロナ禍で再び注目が集まっているのはキャンプだけではなく、ゴルフも同じ立場にあることはご存知だろう。気になるのはGolfにDoorがくっついている所。フィールドスタイルならではの見せ方に期待したい。

要チェックのブースは?

fs202210 (9)

公式ホームページでは、出展社の情報が掲載されているが、そこから筆者の独断と偏見で選んだ「要チェックブース」を紹介していく。

GEAR MISSION(トヨトミ)

FIELDSTYLEが開催される愛知に本社を構える石油ストーブメーカーのトヨトミが手掛けるアウトドアライン「GEAR MISSION」。

ここ最近は毎回出展してきているが、5月の時にサンプルで出展されていた渋いアウトドアファンの改良版が見られるかも。トヨトミとしては毎年変わるデザインが楽しめるシリーズや、自衛隊仕様を再現したストーブをラインナップするなど動きが活発なので、ぜひチェックを。

スタミナ1番(山一商事)

様々な食品メーカーがラインナップしている中で、筆者が一番お勧めしたいのは山一商事の「スタミナ一番」だ。こちらも常連ではあるが、雰囲気と人気でチェックしてこなかった方は必ずブースに行ってみてほしい。

試食を食べれば病みつきになること間違いなし。我が家ではキャンプだけでなく、冬の夕食レパートリーに入っているほどだ。

サスラヲ

ステンレス製の治具を作る愛知の町工場「有限会社大伸」が手掛けるアウトドアブランドがこの「サスラヲ」。注目すべきはそのデザインで、加工の難しいステンレスを幾何学的に配置し焚火台らしからぬスタイリッシュな形状に仕上げている。

愛知はこういった面白い町工場が多く、個人的には新潟の燕三条にも負けないポテンシャルがあると信じている。ぜひその技術力の一端を感じて頂きたい。

全国旅行支援もあるし、泊まりもアリ!

fs202210 (16)

会場となる愛知県常滑市は、名古屋からそう遠くない所にあり、観光地の南知多までもう一息という立地にある。流石に600ブース以上ともなると回るのにかなりの労力を要するので、全国旅行支援を活用しながらこの辺りで宿を取ってゆっくりするのも良いだろう。

ちなみに筆者は同日開催のコールマンのイベントに参加するので行けないことが決定。過去最大規模なのでチェックしたかったが、その分皆さんに楽しんできていただきたい。

開催概要

イベント名 フィールドスタイル ジャンボリー
開催日 2022年11月19日(土)~20日(日)
両日とも9:00~17:00(予定)
会場 AICHI SKY EXPO 愛知県国際展示場
〒479-0881 愛知県常滑市セントレア5丁目
※屋内ホールD・E・F+屋外10,000平米以上
出店数 600ブース以上予定
入場料 前売:1日券1,500円、2日券2,500円
当日:1日券2,000円
主催 FIELDSTYLE works(株式会社エムズカンパニー内)
公式サイト・SNS FIELDSTYLE | 日本最大の遊びの祭典フィールドスタイル
FIELDSTYLE公式インスタグラム
FIELDSTYLE公式フェイスブック
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂