岩手の鉄技術×燕三条の金属加工技術にハリオがコラボ!失敗しないアウトドア飯盒炊飯だと?

岩手の鉄技術×燕三条の金属加工技術にハリオがコラボ!失敗しないアウトドア飯盒炊飯だと?

2022年7月にHARIOが「食後の一杯を最高の体験にする」ギアを発売するという選考情報があったが、今月の発表をみて「そういうことか」と納得した。それが「ゼブランライスオーブン」と銘打ったアウトドア用の飯盒炊飯である。

ゼブランシリーズとしては初めての料理ギアという立ち位置になるが、ハリオのノウハウを活かして調理ギアを作っていくというのは、ある意味ゼブランの本質なのかもしれない。岩手と燕三条が手を組んだ珠玉の逸品とあって注目が集まりそうだ。

「失敗しない」と大きく出た飯盒炊飯

zmn202211 (7)

今回のコラボが発表されたプレスリリースには「失敗しないアウトドア飯盒炊飯」という記載があり、中々攻めた表現に驚いた。

ゼブランが考える「食後の一杯を最高の体験にする」ことに必要なのは、充実した食事時間。食事が美味しければ〆となる食後のコーヒーが美味しくなるという理屈だ。そんな食後のコーヒーのために必要なものとして考えたのが「失敗しないアウトドア飯盒炊飯」である。

なぜ失敗しないかというと、鉄ならではの熱伝導率の良さと笛の音で火からおろすタイミングが分かるという仕組みがあるから。ここまで自信満々に言われると試してみたくなる。

夢のコラボをハリオがコーディネート

zmn202211 (7)

さらにこのライスオーブンの面白い所は、地域やジャンルを超えたコラボが実現しているという所だ。南部鉄器で知られる岩手県からは鋳物技術を持つ「及原鋳造」で、そこにご存知、燕三条エリアにあるステンレス加工技術を活用したホイッスルをプラス。

これらをまとめ上げるのが、調理器具のノウハウを持つハリオ商事である。本来であれば金属という近い素材だからこそ交わりづらい2つの技術をハリオがコーディネートすることで、面白いプロダクトに仕上げている。

シーズニングが必要な大人のギア

zmn202211 (3)

ライスオーブンはほとんど鉄製なので、もちろんシーズニングが必要。最近はステンレス製のギアも多く、メンテナンスフリーなものもあるが、ハリオは「育てる時間」を重要視している。

手を掛ければ掛ける程ギアにも愛着が湧くというもの。シーズニングを手間と考えないキャンパーになってからじゃないと使えない大人のギアだ。

お値段は高めでもその価値はある

zmn202211 (10)

絶対にアウトドアで炊飯が失敗しないことに対して、皆さんはいくらまで払えるだろうか?ゼブランライスオーブンは1~2号サイズとなっており、金額は税込みで17,600円。決して安い値段ではないが、失敗せずにおいしいご飯が炊けるのであれば、コストパフォーマンスは悪くないかも?

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂