岩本利達
ゴミ持ち帰りのキャンプに必携!防水・防臭に優れたコンパクトになるゴミバッグが登場

ゴミ持ち帰りのキャンプに必携!防水・防臭に優れたコンパクトになるゴミバッグが登場

キャンプ場選びの際に、ゴミの回収をしてくれるかどうかを気にするキャンパーも多いのではないだろうか。「ゴミ持ち帰り」のキャンプ場も多く、施設側のゴミ処理の手間や費用の事情があったり、キャンパー側がきちんと分別してくれないというケースもあるので中々難しい問題だ。

そうなるとゴミを持ち帰る装備は常に用意しておきたい。しかし、ただのごみ袋ではカッコ悪い…。そこでおすすめしたいのがKEA Outdoorsの「KEA STASH」。防水・防臭に優れ、高耐久なことから安心してゴミを持ち帰ることが出来そうだ。

ゴミを持ち帰る時どうしてる?

keastash202309 (17)

自然を借りてレジャーを楽しむキャンプ。ごみの処理をしてくれるキャンプ場も便利だが、本来のスタイルを考えるとゴミは持ち帰るというのがある意味正しい。

我が家でもそうだが、基本的には自宅で使用しているゴミ袋などにまとめて入れて持ち帰ることが大半だろう。しかし、フィールドから家に帰るまでの間に他のギアとぶつかるなどして穴が空いたり、車内がゴミ臭くなったりと、きちんと持ち帰れないと大惨事を引き起こすかもしれない。

そんな時に役に立つのがKEA STASHという訳だ。KEA STASHはジップ付きのバッグとドライバッグを組み合わせた性能を持ち、中に入れたものの匂いが外に出にくく、水が漏れてくる事も無い。また洗う事で何度でも再利用できるため、ビニール袋の使用を減らす事にもつながる。

コンパクトにまとめられて嬉しい

keastash202309 (5)

ゴミを中に入れてくるくると巻くことで、かさ張りがちなゴミをコンパクトにまとめる事が出来るというのも嬉しいポイントだ。キャンプで極力ゴミを出さないというのも重要だが、包装しているビニール、鼻をかんだティッシュ、油汚れを拭いたペーパーなど、どうしても出てしまうものもある。

それらを持って帰るのに必要ないのが「空気」だったりするので、圧縮しながらコンパクトにするというのは理に適っているのである。

スタイルによって選べる2サイズ

keastash202309 (12)

ラインナップされるのは6Lの容量を持つ「KEA STASH GO」と、20Lと大容量な「KEA STASH XL」の2種類。一泊二日のソロキャンプならGOで十分だし、家族でキャンプに行くのであればXLくらいのサイズは欲しい(何だったら2つは欲しい)。自分のスタイルに合った方を選ぼう。

キャンパーのマナーとして

keastash202309 (13)

ゴミが捨てられると思ったら捨てられなかった、もしくはレギュレーションが変わって一部は持ち帰りになった、など、想定外の事態に対して万全に対処しようと思ったらKEA STASHは常に持ち歩いていた方が吉。

価格はGOが7,700円、XLが9,900円と決して安くはないので、クラウドファンディングの支援購入でお得に買った方が賢い。まずはプロジェクトページからリターンの内容をチェックしておこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂