岩本利達
キャンプの醍醐味をサッと味わえる!大都会でカレーを作って食べる「ナイトキャンプ体験」が登場

キャンプの醍醐味をサッと味わえる!大都会でカレーを作って食べる「ナイトキャンプ体験」が登場

クラシックなキャンプのイメージに「大自然の中でテントを張り、みんなでカレーを作って食べる」というものがある。実際にキャンプでカレーを作って食べるのはまあまあハードルが高かったりするのだが、その分美味しくできた時の感動は格別だ。

そんな体験を新宿から10分の都会で体験できるサービスが、代々木にある「CRAFT CURRY BROTHERS BASE」で始まった。一日一組限定だが、同店のカレールーを使って自分たちでカレーを作って食べる事が出来る。サッとアウトドアの雰囲気を楽しみたいという方にオススメの内容となっている。

自分たちで作るから格別に美味い

ccbb202311 (4)

プロが作った料理を食べるのはもちろん美味しいが、それに勝るとも劣らないポテンシャルを持つのが自分たちで作った料理。当然、プロが作るよりは物足りない部分があるかもしれないが、それを補って余りあるほどの幸せホルモンが出ている様な気がする。

CRAFT CURRY BROTHERS BASE」で出来る体験は正にそれを示しており、同店で販売されているフレーク状になったカレールーを使って自分たちで作るサービス。ご飯も飯盒で炊くことになる。これを気の合う仲間と皆で作ることにより、最高に美味しいカレーを味わうことが出来るのである。

良い雰囲気の中で食べられるから美味い

ccbb202311 (5)

これをただ室内のキッチンで作るとなると調理実習になってしまうが、アウトドアならまた別。テーマとなっているのは「閑静な住宅街に現れる小さなキャンプ場」となっており、緑を感じられるスペースにゆったりくつろげるアウトドアチェアを配置し、キャンプ場を思わせるスペースで調理が出来る。

カレー以外にもドリンクやアルコールも提供可能なので、一風変わった忘年会としても良さそう。疑似アウトドア体験を一緒に過ごすことで、チーム間の絆が深まること請け合いだ。

「CRAFT CURRY BROTHERS」だから美味い

ccbb202311 (6)

もちろんこの企画は「CRAFT CURRY BROTHERS」無しでは成り立たない企画。このカレールーは、食品添加物不使用で、野菜と果物で原材料の半分を占めるというから驚きだ。一般的なカレールーと違ってフレーク状にすることでルーが残ったりダマになりづらいのも嬉しい。小麦粉や油脂の比率を下げることにより、濃厚なのにスッキリとした食べ終わりが特徴的だそう。

しかも、カレー自体は最速で3分。ルーと水だけで完成するので非常に気軽。ここでアウトドア体験をして美味しかったらガチのキャンプに持ち出してもいいし、自宅で食べても良さそうだ。

都会の中で特別な「美味い」体験を

ccbb202311 (9)

この体験が出来るのが新宿からたった10分の代々木というのがポイント。普段忙しくてなかなかキャンプに行けないという方や、本格的なキャンプはまだこれからだけど雰囲気を楽しんでみたいという方にはこういったキャンプ体験は刺さりそう。

1日1組限定で希望日に利用できない可能性があるので、利用前には問い合わせをしておくことをおすすめする。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂