岩本利達
コンパクトな「I型ペグハンマーNAGURI」登場!これぞペグハンマーのミニマムスタイルだ!

コンパクトな「I型ペグハンマーNAGURI」登場!これぞペグハンマーのミニマムスタイルだ!

ハンマーをペグと一緒に収納している方は感じたことがあるだろう「ペグハンマーって収納しづらい」という問題。柄の部分はさておき、ヘッドの部分が大きく重くなってしまうので、あまりスマートには収納出来ない。

構造上どうしようもないので諦めていた所、オートバイのパーツメーカーである「デイトナ」が良いペグハンマーを開発してくれた。バイクパーツメーカーという目線で作ったギアだけあって、最小限にして十分な機能が魅力的だ。

ハンマーの常識を覆す「I型」

naguri202311 (6)

言うまでもないが、一般的なハンマーの形は「T型」だ。柄の先端にヘッドがついており、片側がペグ抜きになっているケースが多い。その形で定着しているので不便でも特に何も思わなかったが、デイトナのペグハンマーによって価値観を変えられた。

ハンマーでペグを打ち込む際、ヘッド部分が重すぎても疲れるし、軽すぎても中々入っていかない。そのためにT型が採用されているという面もあるが、デイトナが提案するのはI型の「iペグペグハンマー NAGURI」。ヘッド部分は最小限に、ペグ抜きはヘッドの反対側に配置されている。

設営時に携行しやすい

naguri202311 (3)

NAGURIはその独特な形状からポケットに入れておくことも出来るので、設営時にサイトをうろうろする際に何度もハンマーを取りに行くという事を減らせる。

元は荷物の積載量が限られる「ツーリングキャンプ」をする際にかさ張るのを避けるために生まれた形状ではあるが、サイトでの取り扱いのしやすさを考えるとオートキャンプでも十分に活躍する。ペグ抜きの方には穴が開いており、ここにロープやカラビナを取り付ければ腰からぶら下げる事も出来そうだ。

ウォールナット×ステンレスで高級感もアリ

naguri202311 (4)

ヘッドとペグ抜き部分の素材はステンレス。メンテナンスをせずとも長持ちするタフな素材なのでペグハンマーにはぴったりだ。柄の部分はウォールナット素材で高級感を演出。

さらに柄には持ちやすさとデザイン性を向上させる名栗加工が施されている。本来であれば手加工でコストがかかる所、機械加工で実現することにより低コストに抑えられている。

既に完売…追加リターンに期待!

naguri202311 (5)

この魅力的なペグハンマーだが、残念ながら先行販売では既に完売。合計で380個のリターンが用意されていたが、それを上回る需要があった。

プロジェクト自体は2023年12月12日までなので、もしかしたら追加リターンもあるかも…。どうしても欲しいという方はプロジェクトをチェックしておいた方がいい。また2024年1月には一般販売が開始予定。その時に買い逃さない様にしっかりチェックしておこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂