岩本利達
こんなのが欲しかった!仕事にアウトドア感を取り入れるシリーズ「TELTTA」が販売開始

こんなのが欲しかった!仕事にアウトドア感を取り入れるシリーズ「TELTTA」が販売開始

当然と言えば当然だが、休日は野に出るキャンパー達も平日にはキャンプとは無縁の仕事をしているケースがほとんど。それでも何とか日常にアウトドア感を取り入れようと、リビングにギアを置いたり、キャンプ飯を作ったりしたくなる。

そんな中で仕事にもアウトドア感を取り入れられるシリーズがキングジムから登場する。その名も「TELTTA(テルッタ)」。3つのラインナップを組み合わせる事で、仕事をスマートかつ楽しくこなせそうだ。

「TELTTA(テルッタ)」開発のストーリー

TELTTAハンギングラック2

出典:KING JIM

冒頭で語った内容は私個人のキャンパーとしての意見が入っているが、そもそも「TELTTA」は、テレワークやフリーアドレス化が進み、働く環境が多様化している状況で、キャンプギアの持つ携帯性と拡張性を仕事道具に取り入れることで、より効率よく仕事が出来る様にと企画された。

私自身も会社でも自宅でも仕事をする立場なのだが、事務用品感漂うサポートツールは周りと被ることから購入をためらっていたが、TELTTAなら自分のカラーを出しつつも使い勝手も良さそう。リリースを見た瞬間に「こんなのが欲しかった」と膝を叩いた程である。

ハンギングラック/4,400円

TELTTAハンギングラック (2)

商品名の通り、言うまでもなくハンギングラックである。焚き火の脇やテント内でギアの整理に一役買ってくれるギアだが、それを小さくデスクの上に置けるようにした。使い方についても言うまでもないが、文房具やツール類をバーやフックに吊り下げたり、下部に設置できるハンモックに置いたりが可能。

内部はショックコードで繋がっているので、組み立てや収納もラクチンという点についてもキャンプギアと共通している。

製品名(品番) テルッタ ハンギングラック(TLT010)
本体価格 \4,400+消費税
質量 約 224g(ハンギングラック本体のみ)
耐荷重 フレーム部:5kg、ハンモック部:0.5kg
カラー クロ
外形寸法 約 447(W)×450(H)mm(使用時)
材質 フレーム:アルミ合金、ハンモック・専用ポーチ:ポリエステル、フック:ステンレス
セット内容 本体、専用ポーチ、ハンモック、S字フック(4本)、滑り止めゴム(4個)、専用ベルト(2本)

マルチケース/3,200円

teltta202401 (11)

上のハンギングラックと一緒に使いたいのが、こちらの「マルチケース」。サイズとしては横幅35cm×奥行き4.5cm×高さ24cmと、A4の書類を余裕持ってしまっておける。メインの収納スペースの他にも、大き目の立体ポケットがあったり、すぐに取り出したいものを入れて置くメッシュポケットやゴムバンドがあったりと収納力も抜群。

上部にループが2つ用意されており、ハンギングラックからぶら下げて置けばデスクでの使い勝手も飛躍的に向上するという訳だ。

製品名(品番) テルッタ マルチケース(TLT020)
本体価格 \3,200+消費税
質量 約 190g
耐荷重 2kg
カラー クロ、ベージュ、カーキ
外形寸法 約 350(W)×45(D)×240(H)mm
※最大収納部寸法(内寸):約 325(W)×25(D)×225(H)mm
材質 ポリエステル

マルチポーチ/2,300円

TELTTAマルチポーチ

ペットボトルが入るケースだが、ペンケースとして使用するのもおススメ。マルチケースの方はペンをいくつか入れておくには向いていないため、こちらのポーチをペンケースにすると利便性も上がる。

本体の裏面にはホック付きのベルトが用意されており、マルチケースに取り付けらることが可能。ここにペンなどを入れておくことで常にデスクをスッキリさせられる。

製品名(品番) テルッタ マルチポーチ(TLT030)
本体価格 \2,300+消費税
質量 約 60g
耐荷重 0.5kg
カラー クロ、ベージュ、カーキ
外形寸法 約 150(H)×Φ85mm
材質 ポリエステル

こういうのを探していたんだよ…!

TELTTAマルチケース

上でも触れたが、普通のサポートツールでは満足できないよな~と思って色々探してみたものの、デスクでの使い勝手とアウトドア感は交わることが無く、諦めていた所、TELTTAに出会ってしまった筆者。全部購入すると9,900円とそれなりの出費になってしまうが、仕事を楽しくすると思えば安いものだ。発売日である2024年1月31日が待ち遠しい。

※問い合わせ先は以下
株式会社キングジム お客様相談室(全国共通):0120-79-8107
ホームページ: https://www.kingjim.co.jp/

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂