キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

キャンプの朝食にスキレットでフレンチトーストを作ろう!冷凍OKの仕込み方法も公開

食パンで作れる簡単メニューといえば「フレンチトースト」が代表的ですよね。時間のない朝食にも作りやすく、主婦にとって大助かりのメニューといえます。今回ご紹介したいのは、そんな手軽に作れるフレンチトーストをスキレットでジューシーに焼いたキャンプ向けのレシピ。

キャンプで活躍するスキレットを組み合わせれば、キャンプにぴったりな「見た目◎・味◎・手軽さ◎」とまさに三拍子揃ったフレンチトーストが完成します。また、牛乳や卵など液体系の材料はキャンプに不向きといえますが、今回は現地での手間を解消する仕込み方法もご紹介!

キャンプの朝食に、ちょっとした軽食に、スキレットでとろけるフレンチトーストをぜひご賞味くださいね。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

絶品フレンチトーストの仕込み方法

ジューシーなフレンチトーストを作るには、事前の仕込みが鍵を握ります。またキャンプ場で調理を簡略化させるのにも有効な方法です。こちらでは自宅ですませておきたい仕込みの手順をご紹介します。

フレンチトーストの材料(1枚分)

・食パン(1枚):食パンは5~6枚切りの厚めのものを使用します。食パンに卵液を染み込ませるとかなり柔らかくなるので、薄いタイプではちぎれてしまう心配があるためです。また、今回は食パンの耳ごと調理していますが気になる方は切り落としても◎。

・卵(1個):卵は食パン1枚に対し1個と考えてください。サイズはとくに問いません。

・牛乳(100ミリリットル):牛乳も食パン1枚に対し100ミリリットルです。食パン2枚なら200ミリリットル、3枚なら300ミリリットルと食パンの枚数に応じて分量を調整してください。

・砂糖(大さじ1):砂糖大さじ1杯で甘さ控えめな仕上がりです。甘党の方は分量を多くするなど好みの甘さに調整してください。

・バニラエッセンス(およそ4~6滴):お菓子やケーキづくりに使用するバニラエッセンスは、フレンチトーストの香りづけに必須です。バニラエッセンスが加わるだけで本格的なフレンチトーストに仕上がります。

・フリーザーバッグ(1枚):フリーザーバッグは食パンより一回り大きいサイズを用意してください。

フレンチトーストの仕込み手順

1.卵液をつくる

ボウルに卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスを入れ、泡だて器でしっかりと混ぜ合わせます。

2.フリーザーバッグに1を入れる

よく混ぜ合わせた1をフリーザーバッグに流し入れます。

3.2に食パンを入れる

卵液が入ったフリーザーバッグに食パンをそのまま入れます。上下左右と引っくり返し、卵液をしっかりと染み込ませましょう。

あとは冷蔵庫で寝かせれば自宅での仕込みは完了です。このとき気を付けたいのが、必ず食パンを横向きに寝かせるということ。卵液をしっかり染み込ませるには横向きがベストです。

仕込みは前日、あるいは当日の朝にすませておきましょう。

冷凍保存も可能

いつでも手軽にフレンチトーストが食べたい!という方におすすめなのが、仕込んだ食パンを冷凍保存しておく方法。食パンを卵液に染み込ませ1時間ほど冷蔵庫に寝かせたら、冷凍庫に移動するだけで完了です。

あとはキャンプ当日にクーラーボックスに移し替えれば、保冷剤代わりにもなり調理前にはちょうど焼き頃となっています。もしキャンプ場に到着しても凍っている場合は、クーラーボックスから出して暫く常温で解凍しておきましょう。

絶品フレンチトーストの作り方

自宅での仕込みを終えたらあとはキャンプ場で焼くだけです。こちらでは実際の手順をご紹介します。

手順

1.熱したスキレットにバターを入れる

アツアツに熱したスキレットにバター大さじ1を入れて溶かします。

2.1に仕込んでおいた食パンを入れる

スキレットに仕込んでおいた食パンを入れます。かなり柔らかくなっているのでトングなどでそっと置いてください。

3.片面に焼き色がついたら裏返す

ジュージューと焼ける音がしてきたら、片面に焼き色がついているか確認しましょう。あとは引っくり返し両面に焼き色がついたら完成です。

完成

食パンをスキレットに入れてから焼き上がりまでおよそ5分。スキレットで焼き上げたフレンチトーストは中はプルプル、外はカリカリと最高の食感が楽しめます。

事前に仕込んでおくことで卵液が食パンの隅々まで染みこみ耳までもがジューシーに。我が家では子供たちの食いつきが半端なく、あっという間に売り切れました。フレンチトースト1枚で食べ応え十分なので、おかずいらずなのも嬉しいですよね。

フレンチトーストのアレンジレシピ&おすすめトッピング

フレンチトーストといばメープルシロップやはちみつをトッピングするのが一般的ですが、意外にもさまざまな食材と相性バツグンです。そこでこちらでは、キャンプの朝にもぴったりのおすすめアレンジレシピやトッピングをご紹介します。

バナナ

アレンジ食材:バナナ1本

【作り方】

  1. バナナをおよそ1センチ幅にカットする
  2. スキレットに.食パンとともにバナナを入れて焼き上げたら完成

作り方はバナナをカットして食パンと焼くだけなので非常に簡単です。バナナを焼くと驚くほど甘味がアップし、メープルシロップ顔負けの甘さが口に広がります。トロトロとした食感も堪らなく、手軽なのに手の込んだ1品に感じるアレンジレシピです。

ココア

アレンジ食材:粉末ココア大さじ1

【作り方】

  1. フレンチトーストを焼き上げる
  2. 粉末ココアをフレンチトーストに振りかける
  3. そのまま1分ほど放置し、粉末ココアの色が変化してきたら完成

ただただ粉末ココアを上から振りかけただけですが、これがなんとも絶品!フレンチトーストはもともと甘さ控えめなので、ココアの甘さで一気にデザートに変身します。

ポイントは粉末ココアを振りかけたらフレンチトーストと馴染むよう少し放置すること。こちらのアレンジは我が家の子供人気NO.1でした。

ヨーグルト

アレンジ食材:お好きなヨーグルト(今回はブルーベリーヨーグルトを使用)

【作り方】

  1. フレンチトーストを焼き上げる
  2. フレンチトーストにヨーグルトをかければ完成

ヨーグルトの色のせいか見た目の期待値は低いですが、後口のサッパリ感は驚きです。ヨーグルトの酸味が引き立ち、あまり甘めが得意じゃないという方にもおすすめ!

ヨーグルトをプラスするとなんとなく健康的に感じるのも嬉しいポイントですよね。私はいろいろ試した中で最も好きなアレンジレシピです。

ジャム

食パンに定番のジャムはフレンチトーストとも相性バツグンです。甘さと酸味のバランスがよいので、甘くなりすぎず朝食にもぴったり。好みのジャムをトッピングして自分だけのフレンチトーストが作れるのも楽しいですよ。

チョコレートクリーム

もうこれはガッツリ甘いものが食べたい!というときの必殺アイテムです。欲を満たしてくれる最強のチョコクリーム。もちろんフレンチトーストと合わせると、激甘のデザートが完成します。

子供ウケは最高で、塗りすぎちゃダメ!と思わず声を上げるほど。疲れを癒してくれるデザートとしてぜひお試しくださいね。

キャンプの朝は激うまフレンチトースト!

面倒なキャンプの朝食は、手軽に済ませられるフレンチトーストが超絶おすすめです。自宅で仕込みを済ませておけばあとは焼くだけ。しかも、本格的な味で朝からテンションは上がること間違いなしです。

食材やトッピングでアレンジしてみるのも楽しみの1つ。今回おすすめしたアイテム以外にも、自分好みのアレンジで激うまフレンチトーストを作ってみてくださいね。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top