人気のオイルランタン【FEUERHANDランタン276 ジンク】をレビュー

人気のオイルランタン【FEUERHANDランタン276 ジンク】をレビュー

今回はキャンプデビューした頃からいつも愛用しているオイルランタン「FEUERHANDランタン276 ジンク」をご紹介します。

キャンプ好きだったら既にご存知の方も多いと思いますが、これからキャンプを始めようと思っている方に向けてオイルランタンの基本的な扱い方から分かりやすく解説していきます。

オイルランタンについて


オイルランタンとは主に灯油やパラフィンオイルを燃料として燃焼するランタンです。LEDランタンやガスランタンとは違うほんのりとした穏やかな灯りで、キャンプやアウトドアの夜をムーディーに演出してくれます。

種類も様々で、加圧式・非加圧式、芯幅が広く明るさの強い物や携帯しやすいミニサイズの物、虫除け効果のあるパラフィンオイルを使用できる物なども販売されています。アンティークな見た目の物も多く、マイホーム装飾のアイテムにもオススメです。

今回ご紹介する「FEUERHANDランタン276 ジンク」は非加圧式の灯油ランタンです。

FEUREHAND(フュアーハンド)ランタンとは?

フュアーハンドランタンは、1902年ドイツで産まれた伝統的なランタンメーカー「FEUERHAND社」の灯油ランタンです。基本デザインは100年以上変わらず、コンパクトな作りながらも安定した性能を誇ります。

雨風に強く、真冬でも使用可能、悪天候でも安定して使用できる事も特徴で、嵐(ハリケーン)でも使用できるのでハリケーンランタンとも呼ばれています。

一世紀以上に渡りランタンを作り続けているという信頼性から、これまでヒマラヤ遠征や航海用、さらにはドイツをはじめとする各国の軍用としても採用されおり、長い歴史と確かな信頼・実用性のあるランタンです。

FEUREHANDランタン276ジンクの基本スペック

出典:FEUREHAND

サイズ Φ16cm×26cm
重量 520g
タンク容量 340ml
燃焼時間 約20時間

容量340mlで20時間燃焼可能というスペックには驚きです。ガスランタンなどと比べても燃費が良すぎると思いますし、連泊のキャンプ等でもスペック的には問題なく使えると思います。


サイズもそれほど大きくなく、3歳の長男が持ってもこのサイズ感です。バイクや自転車などでキャンプされる場合でも、邪魔になるサイズでは無いと思います。息子も率先して運んでくれますよ!

超簡単!?FEUERHANDランタン使用方法


次に使用方法のご紹介です。基本的には芯付きの本体と燃料・ライターがあれば付きます!

まずは燃料を注入!


注油口キャップを反時計回りに回し、外します!


キャップは無くしやすいので、無くさないよう注意してください。


次に燃料を入れます。いつも灯油を使っています!自分は基本的に目分量ですが、50ml~60mlも入っていれば約5~6時間は使用できます。燃料を満タンに入れてしまうとオイル漏れや火の付きが悪くなるので注意して入れるようにしましょう。目盛付きの燃料ボトルなどがあると便利です!

オイルを入れた直後はまだ芯が燃料を吸収していないので火は付けないでください。芯だけが燃えてしまいます。芯に燃料が行き渡るのを待ってから着火しましょう!待ち時間は30分以上待つようにしています。

待ち時間は長くても問題ありませんので、自分は設置の時にオイルを先に入れておいて暗くなったら点灯するようにしています!

いよいよ着火!着火手順のご紹介♪


燃料を入れ、時間をおいたら、ランタン向かって左側にあるホヤ上下ハンドルをタンク方向に降ろします。


下げるとホヤが持ち上がります。


このように持ち上がると、バーナーと真ん中に芯が見えます。


芯が見えない場合は、ランタン右側の火力調整ハンドルを時計回りに回すと芯が出てきます。


そしてついに着火です!!隙間から長尺ライターやマッチをいれて着火します。


着火後はランタン左側のホヤ上下ハンドルを上に持ち上げます。そして火力調整ハンドルで芯を上下させ、炎の大きさを調整してください。芯が出すぎると炎が大きくなりススが出やすくなるので注意が必要です。

使う燃料で誤差がありますが、灯油を使用した場合は炎の頂点がホヤの真ん中より少し上ぐらいが最大火力かと思います。それより炎が大きいとススがたくさん出て、ホヤが真っ黒になりますのでご注意を。

炎の形を安定させるワンポイント!


先ほどの手順でホヤを上に持ち上げたら、火力調整ハンドルを持ちバーナーも一緒に時計回りに回すと、芯とバーナーが取り外せます。その後、芯の先端をハサミなどで丸くカットします。


こんな感じにカットしてから点火すると炎の形が綺麗になり安定しますよ!


着火手順は以上になります。本当に簡単で、慣れてしまうと数秒で着火できると思います。オイルランタンの優しい灯りを着火する瞬間がたまらなく好きです!

FEUERHANDランタンのおすすめポイントは?

一世紀以上愛されている、フュアーハンドランタンのおすすめポイントを3つご紹介します!!

使い勝手が良く、初心者にも扱いやすい!

53CC6D25-28AF-400F-9773-8C1B7B276C9A

操作が非常に簡単で、難しいメンテナンスなども特にありません。タンクに燃料を入れ、芯を引き出し、火を付けるだけです!火力調整もハンドル1つで簡単操作!自分もキャンプを始めた当初から使用していますが、何も苦戦することなく使用できています!

豊富なカラーバリエーションでインテリアとしてもおすすめ!

IMG_2007出典:FEUERHAND

他メーカーには無い珍しいカラーなど、豊富なカラーバリエーションが販売されています。明るいポップカラーや、クールなマッドカラーまで、お気に入りのカラーがきっと見つかるはずです!

見た目もアンティークでオシャレなので、アウトドアに出かけなくてもお部屋にインテリアとして置くだけで雰囲気が出ます!自分はシルバー・カーキ・レッドのハリケーンランタンを使っていますよ♪

燃焼時間20時間以上と言われる燃費の良さ!


両サイドのパイプを空気が通って燃焼中の芯のまわりに吹き込み、安定した平たい炎を作り出すことで、タンク容量が340mlにも関わらず20時間以上も灯りを灯してくれます。少ない容量で長時間点灯してくれるので、ソロキャンプや少ない荷物でキャンプに行く時などすごく重宝します。

使用上での少し残念・注意ポイント

出典:FEUREHAND

少し残念ポイントは、タンクのキャップが紙パッキンになっており、傾けた時などに少量ですがオイル漏れする可能性があります。タンク内に余った燃料は使い切るか、ストックボトルなどに戻した方が良いかもしれません。パッキンをDIYでゴムに交換する方法などもあるようです!

次に注意ポイントです。灯油などの燃料を使い、本物の炎で灯りを灯すのがオイルランタンの魅力ですが、トリップリングやインナーチムニーなどに、かなり熱を持ちます。使用中はもちろんのこと、使用後も冷めて触れるようになるまで、火傷などに注意が必要です。特にお子様などの手の届く場所での使用は、気を付けたいところです。

FEUREHANDランタンまとめ


優しい灯りでキャンプサイトを照らしてくれ、キャンプムードも上がる必須ギア、オイルランタン。カッコよく、オシャレな見た目でインテリアにもおすすめ!

そんなアイテムだからこそ、お気に入りのカラーで、信頼でき実用性の高い物を選びたいですね。キャンプ初心者からベテランまで愛好者の多いFEUERHANDランタンは、そんな欲張りも叶うランタンではないでしょうか?自分好みのオイルランタンをお探しのあなた!ぜひ検討してみては?

紹介
ギア
X 閉じる
  • yut.a
  • yut.a
  • ファミキャン、ソロ、グルキャンを楽しむ、やんちゃ盛りの2人の息子を持つ、初心者パパキャンパー!

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂