キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【千葉】海辺でキャンプ!九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

九十九里海岸
キャンプ場と言えば、山にあるイメージが強くありませんか?キャンプブームが到来している現在、キャンプ場は山に留まらず、海や川、更にはビルの上にもあります。

先日、そんな数あるキャンプ場の中から海沿いにあるキャンプ場九十九里浜シーサイドオートキャンプ場の第1キャンプ場に行ってきたので、ご紹介したいと思います。施設が充実していて、家族連れや女性のキャンパーにも安心なキャンプ場なので、千葉県で初めてのキャンプに挑戦したいという時にもおすすめのキャンプ場です。

RAKILS

友人に「ゆるキャン」というアニメを勧められ、キャンプにドハマりしてしまった25歳のおじさんです。

2つの九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

九十九里浜シーサイドオートキャンプ場は千葉県の九十九里浜沿いにあるキャンプ場です。「九十九里浜シーサイドオートキャンプ場」と「第2キャンプ場インかやだ浜」の2つのキャンプ場があり、それぞれで施設が違うので、目的に合わせて使い分けましょう!

九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

/九十九里浜シーサイドオートキャンプ場出典:九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

海が近く、徒歩ですぐ海に出られます。釣り用の海岸なので、海水浴をするには近くの海水浴場に行く必要があります。施設が充実していて、シャワーや露天風呂、子供専用のプール、ドッグランもあります。

宿泊施設は以下の4つがあり、家族連れや、初心者キャンパーでも安心して宿泊することができます。

  • 林間サイト
  • 芝サイト(電源付き)
  • バンガロー
  • 貸別荘

第2キャンプ場インかやだ浜

/第二キャンプ場かやだ出典:九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

目の前に海水浴場があり、キャンプだけでなく、海水浴を楽しみたいキャンパー向けのキャンプ場です。第1キャンプ場と比べると施設は少ないですが、売店があるので必要な物は購入できますし、キャンプするには十分な施設です。

宿泊施設はオートサイトのみですが、貸し切りもできるので、大人数での宿泊や、イベントで使用したい方に向いています。

キャンプ場の施設紹介

今回は、第1キャンプ場の「九十九里浜シーサイドオートキャンプ場」に宿泊したので、写真を交えて紹介していきます!

受付、チェックイン

/九十九里浜シーサイドオートキャンプ場の受付
九十九里ビーチラインから少し海沿いの道に入ると、九十九里浜シーサイドオートキャンプ場が見えてきます。写真に写っている建物が受付です。建物の正面からしか入れないように鎖がされているので、入口を間違えないようにしましょう。

/受付入口

/キャンプ場受付のカウンター

チェックインは建物の入口にあるQRコードを読み取ってのチェックインになります。その後、キャンプ場のスタッフの方から説明を受け、券売機で該当の宿泊プランを発見し、受付で清算しました。

/キャンプ場受付にあるQRコード読み取り機

清算まで完了すると、駐車券がもらえます。この駐車券を車のフロントの見える所に置いておかないと違法駐車と間違われるので注意しましょう!

/清算を完了すると貰える駐車券

管理人室

/キャンプ場にある管理人室
キャンプ場に入るとすぐの所に管理人室がありました。

気の良い管理人さんが常駐しており、何か困ったことがあれば助けてくれます。私も、焚火台をどこで洗うか悩んでいたら、入り口の水道を使っても良いよと教えてくれ、本当に助かりました。

管理人室の中には、アクアリウムがあるのが見えました。とても綺麗で「管理人さん、良い趣味してるなー」と思いました。

トイレ

/トイレの内装

トイレは管理が行き届いており、とても綺麗でした!

床の部分には海から上がってきた人の砂対策でマットが敷かれていて、とても快適に使用できます。(壁にいる亀は何者なんだ…)

流し場

/綺麗に掃除された流し場

流し場も綺麗でした!排水溝に網を設置し、網に溜まった生ごみ等は各自で回収するシステムでしたが、このシステムで綺麗な状態を保てるのはキャンプ場だけでなく、利用者の質も高いのだと感心しました。

水しか出ないので、冬場は辛いかもしれませんが、水道の数が多いので利用しやすかったです。

ジャブジャブ池

/子供用のプール「ジャブジャブ池」

流し場の隣には、子供用のプール「ジャブジャブ池」がありました。

小さいプールですが、子供が遊ぶには十分!私が訪れた時にも、子供が6人くらい遊んでいて、とても楽しそうでした。子供がいない時もずっと浮いていたイルカさんはキャンプ場のイルカさんかな?

バーベキュー場

/バーベキュー場

バーベキュー場は、約10組利用できるくらいの広さがあり、とても広かったです。利用時間は10:00-16:00で、17:00まで延長可能です。

/広さもあり芝生もふかふかのバーベキュー場

利用する場合は受付でバーベキュー場を利用したい旨を伝え、1人1000円払うことで利用できます

/屋根付きで雨が降っても安心のバーベキュー場

露天風呂

お風呂は露天風呂で、夜には綺麗な星空を見上げながら湯舟に浸かることができます。シャワーも8台くらいあり、シャンプー・ボディーソープは備え付けの物がある為、タオルと着替えさえあれば入ることができます。

いつでも利用できるわけではなく、日によって利用時間が決められているので注意しましょう。

九十九里浜シーサイドオートキャンプ場のイベント情報

九十九里浜シーサイドオートキャンプ場では、年越しイベントが行われることがあり、皆で焚火を囲みながら年越しそばを食べたり、初日の出を拝んだりできるようです。地元のアーティストによるライブや、ビンゴ大会が開かれたりと、誰でも気軽に参加できるような雰囲気です。

年末キャンプを計画する時は、九十九里浜シーサイドオートキャンプ場を検討してみてはいかがでしょうか?

九十九里海岸

キャンプ場から出て、正面にある林道を抜けると、海に繋がっています。

/九十九里海岸までの一本道

せっかくの海沿いでのキャンプなので、海に行かない理由はありません!

/海に出る堤防

潮風を全身で浴びてリフレッシュできます。

/九十九里海岸

/太平洋の水平線が広がる九十九里浜

時間で閉鎖されるようなこともないので、日中だけでなく、夜の海も楽しむことができます。日中とは一味違った、吸い込まれるような海も良いですよ!

/夜の九十九里浜

/星空が輝く九十九里海岸の夜

海岸では釣りができるようなので、釣った魚を夜のキャンプ飯に…というのも良いかもしれませんね!

千葉は海鮮料理が美味い!

多加良寿司

/多加良寿司の海鮮料理

キャンプ場に行く前に、近くにあった多加良寿司さんで昼食を食べました!海鮮丼や海老天の海鮮が新鮮で、とても美味しかったです。多加良寿司さんは居酒屋でもあり、お酒やおつまみも充実していて良いお店さんでした。

磯料理あみもと

/磯料理あみもとの昼食

キャンプの帰り道では磯料理あみもとさんで昼食にしました!完全に海鮮料理専門のお店で、海鮮料理以外の料理はメニューに載っていない程です。店内には生簀もあり、常に新鮮な魚介を食べられるようになっています。それだけこだわり抜かれた海鮮料理を振舞っており、味も絶品でした!

千葉県に元気を!

今回ご紹介した九十九里浜シーサイドオートキャンプ場ですが、千葉にあるキャンプ場なので、9/14に到来した台風15号の被害を受けています。

/台風15号で倒れた看板

幸いにも、この地域は大した被害もなく、すでに日常が戻って来ている状況とのことでしたが、千葉県全体で見ると、大きな被害を受けた地域がたくさんあります。

私が九十九里浜シーサイドオートキャンプ場に行ったのは台風が直撃する前日で、とても綺麗な九十九里浜を見ることができました。後日、また千葉県の九十九里浜まで行く機会があったので自分の目で確かめてきましたが、看板が倒れていたり、屋根をブルーシートで塞いでいる家が多く、復旧作業がとても大変そうでした。

/歩道に倒れ掛かっている看板

そんな中、被災した人たちの為に水や料理を無償提供しているお店や、支援物資を近隣住民へ届けていたり、助け合っている姿も見ました。千葉県が大変な時だからこそ、周りの地域だけでなく、離れた地域からも、少しでも早く復旧できるように皆で助け合うべきです。

助け合いの方法には色々ありますが、寄付が無難です!間違っても千羽鶴のような、気持ちの贈り物は控えるようにしましょう。気持ちでは解決できないので。

以下に寄付サイトのリンクを記載しておきます。

こちらの寄付サイトは「特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォーム」さんが募集しており、活動報告も上がっているので寄付したという実感も得やすいです。

寄付サイト:Yahoo!ネット募金
寄付サイト:GiveOne

また、赤い羽根共同募金では災害義援金を募っていて、銀行振込で募金可能です。

寄付サイト:赤い羽根共同募金

綺麗な千葉県を取り戻すためにも、皆で協力しませんか?どうかよろしくお願いします!

RAKILS

友人に「ゆるキャン」というアニメを勧められ、キャンプにドハマりしてしまった25歳のおじさんです。

back to top