炎に浮かぶデザインに癒やされる!ユニークな焚き火台が先行販売開始

炎に浮かぶデザインに癒やされる!ユニークな焚き火台が先行販売開始

錦中央工業株式会社ピネココ企画部は、クラウドファウンディングサイト「マクアケ」にて、見て癒やされるための焚き火台「ライトピコ」の先行販売を開始した。調理ができない代わりにビジュアルに全振りしている「大人可愛い」デザインに注目だ。

揺らめく炎を背景にデザインが浮かび上がる

ライトピコ2

ライトピコは金網や五徳を置いて調理ができない代わりに、焚き火台サイドに立ち上がるプレートに施されたデザインが楽しめる様になっている。

デザインは星、雪の結晶、ハート、華、ハワイアン、バラ、チワワ、猫の全8種類。焚き火台にしては前代未聞の豊富さだ。

ライトピコ3

企画をした錦中央工業ピネココ企画部は女性スタッフが中心となっており、インスタやツイッターに動画をアップしたくなるような「映える焚き火台」を目指したとのこと。コロナ禍でアウトドア需要が高まり、癒やしを求めるニーズを汲み上げている。

使用動画を見ていると、ゆらゆらと揺らめく炎を背景に、星や雪の結晶の凝った意匠が暗闇に浮かぶ姿は見ていて非常に癒やされる。

組立簡単!しかも軽量でコンパクト

ライトピコ9

女性が企画したということもあって、軽くてコンパクトな、気軽にキャンプに持っていける仕様になっている。仕組みも非常にシンプルで、5枚の鉄板を立体的に組み上げるだけ。重さは約2.5kgとなっており、2リットルペットボトルより少し重たいくらいだ。

展開したサイズは幅25cm、奥行き15cm、高さ26cm。コンパクトではあるが、一般的な薪を半分か四分の一にすれば入るだろう。

ギフトにもおすすめ!一部デザインでは名入れも可能

ライトピコ5

調理用ではない趣味性の強い焚き火台ということで、持っているものと被りづらく、メインの焚き火台と住み分けが出来るのでプレゼントにピッタリ。

デザインが8種類もあるため相手の趣味にあったものが選べるというのもギフトには重要なポイントだ。

誰かにギフトを送る際は大きいものかずっしりしたものを好んで選ぶ筆者だが、約2.5kgもあれば貰う側が手にしたときにワクワク感を演出できる。

また、チワワと猫のデザインに関しては火床サイドに文字を入れることも可能。貰う側のペットの名前を入れるというのもギフトとして粋なはからいになる。

癒やし用のサブ焚き火台にぴったり

ライトピコ6

これまで焚き火台は実用性や携行性が求められることが多かった。キャンプブームの多様化が進み、デザインに配慮したものはここ数年で見かけるようになったが、まだそこまで多くはない。

ライトピコのデザインは言わずもがな、携行性にも優れているので、キャンプの際のメイン焚き火台とは別に癒やし専用の焚き火台として持っていきたい。

クラウドファウンディングサイト「マクアケ」にて8月20日まで先行割引販売を実施中。製品化は9月からとのことなので、気になった方は早めにチェックを。

製品概要

名称 ライトピコ(Lightpico)
販売期間 2021年7月27日(火)~8月20日(金)
販売方法 Makuake
販売価格 一般販売価格6,600円
→Makuake超超早割3,980円(送料、税込)
サイズ 平均 幅25cm、奥行15cm、高さ26cm、重さ2.3kg
種類 8種類
材質 黒皮鉄(オプション縞鋼板)
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂