【BE-PAL 9月号】付録は前回即完売した「OPINELカッティングボード」の第二弾!

【BE-PAL 9月号】付録は前回即完売した「OPINELカッティングボード」の第二弾!

BE-PAL 9月号の付録は、アウトドアナイフの老舗ブランド「OPINEL(オピネル)」のカッティングボード。

2019年秋に即完売した大人気シリーズの第二弾。今回は細かい改良が加えられ、更にパワーアップして再登場。すでに発売中で今回も即完売が予想されるので、前回買い逃した方はもちろん、気になる方は今すぐチェックだ!

  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

「OPINEL」リバーシブル仕様のカッティングボード

BE-PAL_OPINEL_3

カッティングボードのサイズはタテ約16cm×ヨコ約25cm。前回よりも少し大きくなったが、こちらも一人分に便利なコンパクトサイズだ。ソロキャンプ用にはもちろん、ファミリーキャンパーなら複数買って家族人数分揃えたい。

素材は抗菌作用があるとされる竹の集成材(加工した竹を貼り合わせて出来る板)を採用。「OPINEL」のロゴ入りでおしゃれ感も増している。

BE-PAL_OPINEL_4

今回のカッティングボードの進化ポイント1つ目は、リバーシブル仕様というところ。

まな板として使う時はロゴがない方を上にしよう。ここはぜひOPINELのナイフとセットで使っていただきたい。

BE-PAL_OPINEL_5

ロゴがある方を上にすると、調理したものを乗せられるプレートになる。おかずやおつまみ、パンやフルーツなどを置いても良いだろう。

シェラカップやマグを置ける丸形の凹みに加えて、右下には斜めスリットが。これはお箸やナイフを置ける「カトラリー・スリット」というらしい。

凹凸のある地面で斜めになってしまったテーブルの上で、箸が転がってしまうのを防げるのはありがたい。

BE-PAL 9月号の中身にも注目!

BE-PAL_OPINEL_6

BE-PAL 9月号の大特集は「アウトドア派の自宅改造術」。古民家をアウトドア仕様に改造した暮らしから、自然素材のマンションリノベまで。アウトドア好きが「こんな暮らししてみたい」と思えるアイディア満載の企画は、読みながらワクワクしてDIYを始めたくなるかもしれない。

他にも、2021年に新規登場・リニューアルしたキャンプ場の特集など気になる内容が盛り沢山なので、ステイホーム中の読書タイムにいかがだろうか。

完売必須の人気シリーズ。店頭で見つけたら即ゲット!

BE-PAL_OPINEL_2

クオリティ高い付録はもちろん、雑誌自体の内容も充実していて読み物としても面白いBE-PAL。特に今回は付録がOPINELのカッティングボードということで、早期完売が予想される。

現在、amazonの方は既に完売しているようなので、書店やコンビニで見かけたら即手にとって購入していただきたい。

雑誌名 BE-PAL 9月号
発売日 2021年8月5日(木)
特別価格 1,060円(税込)
紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂