ロゴスのあぐらチェアを比較レビュー!ハイバックタイプはのんびり過ごすに最適です

ロゴスのあぐらチェアを比較レビュー!ハイバックタイプはのんびり過ごすに最適です

ゆっくりと過ごしたいキャンプだからこそ、座り心地の良いチェアは必須ですよね。あぐらチェアだけで比べてみても多種多様に展開されている中、ロゴスのあぐらチェアは「ユーザーのニーズに対応したい!」という思いを強く感じるラインナップになっています。

「色々種類があるけどどれが良いの?」「何がどう違うの?」という疑問にも答えられるように、分かりやすく比較していきたいと思います!

  • 説明くん
  • 説明くん
  • キャンプ歴7年ながら年間数回の未だに初心者キャンパー。日々のストレス発散の為、今年からはなんとしても年間10泊以上が目標。キャンプもしつつ車中泊も楽しむ30代です。

ロゴスのあぐらチェアとはどんなチェア?

ロゴスのあぐらチェアは何の予備知識もなく店頭で実際に見て触って購入した個人的には思い入れが深いギアです。

自分が持っているのは通常のあぐらチェアと、キングあぐらチェアの2種類。まずは簡単にロゴスのあぐらチェアについてご紹介します!

ロゴスのあぐらチェアのコンセプトはこだわりが満載!

あぐらチェアは読んで字の如く、あぐらを組んで座れるローチェアです。

『あぐらが組める座高20cmのローポジションチェア。アームレスト(肘掛け)の位置を工夫し、腰まわり広々。座面に角度をつけ、ゆったり深々と座れる設計。』- ロゴス公式オンラインショップ製品紹介

製品紹介の通り、自然な体勢でリラックス出来る形状になっています。

自分はふと立ち寄った店頭に並んでいるものを実際に試してみて買ったのですが、後でこの製品紹介を見た時には「この座り心地はやっぱり意図的か!」と感心したのを覚えています。

あぐらチェアに座った時の体勢
さすがロゴスのあぐらチェア!無理な体勢になる事無くあぐらが組めます!

あぐらチェアは種類が豊富!

ロゴスのあぐらチェアは細かい所に違いがある様々な種類を展開しています。

出典:ロゴスショップ

まず縦の線が印象的なストライプ柄のものが通常のあぐらチェアで、右のオリーブ色の方がハイバックタイプのあぐらチェアです。

続いてハイバックに加えて幅が広くなったキングあぐらチェア。赤い方は難燃性の高い素材で作られている、焚き火にぴったりなあぐらチェアになっています。

出典:ロゴスショップ

他にも限定デザインのものやドリンクホルダーが付いたものなど、細かなニーズに対応可能なラインナップになっているので気になった方はチェックです!

ちなみに自分が最初に買ったのは限定デザイン!ちょっと派手だなぁ〜と思いつつ買いましたが、あまり他の人と被らないデザインなので結構気に入ってます!

左は通常サイズ、右は最近買い足したキングあぐらチェア

並べてみると結構大きさが違うのが分かりますね。

あぐらチェアには可愛いキッズ用もある!

店頭にある実物を使って気に入って購入したので知りませんでしたが、なんとあぐらチェアにはキッズ用のモノもありました。

現在ロゴスの公式オンラインショップで取り扱っていたのは、スヌーピーが描かれたモデルでとても可愛い!ファミリーであぐらチェアを揃えて使うのもアリ!

我が家の愛犬もあぐらチェアの程良い角度が気持ち良いのか、少し席を外すと勝手に占領してくつろいでいるのでペット用としても良いかもしれません(笑)

公式スペックを比較してみました!

比較して気付きましたが、キッズ用と明記されていてもサイズは通常のあぐらチェアと同じでした。

あぐらチェアプラス あぐらチェア(キッズ) キングあぐらチェア
総重量(約) 3.1kg 3.1kg 3.5kg
使用時のサイズ 幅57cm
奥行き65cm
高さ64.5cm
座高20cm
幅57cm
奥行き65cm
高さ64.5cm
座高20cm
幅60cm
奥行き74cm
高さ80cm
座高22cm
収納時のサイズ 直径19.5cm
高さ77cm
直径19.5cm
高さ77cm
直径19cm
高さ94cm
耐荷重 120kg 120kg 120kg
フレーム素材 スチール スチール スチール
生地素材 ポリエステル ポリエステル ポリエステル
or
900D ポリエステル

公式のスペックを比較すると、サイズや基本的な性能は変わらずですが、使われている材質が通常の“ポリエステル“と、難燃性の“900Dポリエステル“などモデルによって分かれているのが分かります。

キングあぐらチェアに関しては通常のポリエステルのものと、難燃性に優れた900Dポリエステル、別名「900デニール生地難燃BRICK」を採用した2種類が展開されていました。

ポリエステルと900Dポリエステル触り心地の違いはほとんど分かりませんでしたが、焚き火をする場合を考えると難燃性のモデルの方が良さそうですね(ちょっとだけ違うかなぁ〜?程度の感覚はあります)。

ロゴスのあぐらチェアを実際に使ってみた感想!

自分が持っている通常のあぐらチェアと、最近新たに購入したキングあぐらチェアを使った感想をまとめてみました!

あぐらチェアプラスとキングあぐらチェアの違い

通常のあぐらチェアとキングあぐらチェアの座り心地は基本的には同じです(スペック上では座高が2cm程度違いますが、肘掛け・角度などの基本は同じなので)。

でも、どちらかを選ぶとするなら背もたれがハイバックになっているキングあぐらチェアが断然オススメ!座り心地が同じでも背もたれが大きいだけで快適さが圧倒的に違います!

ゆっくりと身体を預けてくつろぎたい時に、頭が固定されずに首からガクッとなる感じは正直言って快適とは程遠いんですよね(のんびりリラックスを求めて使うあぐらチェアなら身体全体を支えて欲しい!)。

通常のあぐらチェアとキングあぐらチェアの比較左が通常のあぐらチェア、右がキングあぐらチェア

実際焚き火や座って何かをする時は前屈みになると思うので絶対に必要というわけではありませんが、1度ハイバックのチェアを経験すると物足りなく感じます。

深く腰掛けてゆったりしながら見る焚き火の炎と星空は最高ですよ〜!

収納時のサイズは?

収納状態を比べてみるとこんな感じです。

公式スペックを比べた通り、キングあぐらチェアの方が背もたれが長い分収納しても大きくなっています。ただ収納袋に入れればちょっと長いかなぁ?程度くらいの感覚なので、大きくて持ち運びづらいという印象は特に感じません!

種類によって材質が違う!用途に合わせて選べます!

あぐらチェアには先程紹介したように色々な種類があり、同じ形でも材質が異なるものもあります。

材質のことなんて頭に無かった時に買った通常の方がポリエステル、最近購入したキングあぐらチェアが難燃性に優れた900Dポリエステルで、900デニール生地“難燃BRICK“とも呼ばれているものが採用されています。

左がポリエステル、右が難燃BRICK

見た目も触った感じもほとんど変わりがないように見えますが、材質が違うと言われてから改めて見てみるとポリエステルの方がテカリがあってビニールっぽい気もします…が、やっぱり感覚の話って感じかも。

素人なので見た目では明らかに分かるような違いは分かりませんが、公式サイトで材質の違いを比べたものを見つけてびっくり。

出典:ロゴスショップ

これはかなり違いますね!これだけ燃え難くなっているなら火の粉が舞う焚き火に強いのも納得ですし、もしもの時にも燃え広がる心配も無く安心です。

ちなみにこの赤っぽい色は「万が一、焦げてしまっても味が出るようにレンガ色を採用」しているらしく、細かな点までこだわって作っていることが伝わってきます。

家使いでも活躍中!屋内でも使っちゃいましょう!

アウトドア用品は大体は外で使う事が前提ですが、実はキングあぐらチェアを買い足すまでは家の中で使っていました。

あぐらが組めるローチェアタイプなのでコタツでも使えますし、なにより使わない時は折り畳んで収納できるのでスペースも取らずに使い勝手は抜群です。

パソコン作業していて疲れたから少し身体を預けて休憩…なんてことも、移動せずにそのまま出来て重宝してます。ハイバックタイプを購入してからはさらに快適性が増し、居眠りまでしちゃうこともあるんですよね(笑)

一般的な座椅子も持っていますが、計算された座面の角度が居心地が良くてこっちが一軍の座を守っています!

占領しちゃった!という表情の我が家の愛犬

ペットにもこの良さが分かるのか、ちょっとトイレで席を離れると我が家の愛犬がすぐに占領してしまいます(笑)

使用感がより良いキングあぐらチェアを日常用にして通常のあぐらチェアをキャンプ用にするか、火の粉に強い難燃BRICKを採用しているキングあぐらチェアをキャンプ用にするか…実はまだ決めかねてます。アウトドアか普段使いか…どっちに重きを置くか悩ましい!!

ロゴスのあぐらチェアの総評

個人的にはかなり気に入って使用しているロゴスのあぐらチェア。普段使いにしている通常のあぐらチェアに代わって購入したキングあぐらチェアでしたが、難燃性に優れているので是非ともキャンプ用で使いたい!

…と思いつつも、キャンプに行ける回数より家使いの方が使用頻度が高いので正直迷ってます。

そんなロゴスのあぐらチェアのメリットはここまで紹介した通りですが、あえて欠点というかマイナスポイントを挙げるとすると「有名すぎる」という点でしょうか。

ロゴス自体有名で人気ブランドなので当然かもしれませんが、色んなアウトドアショップやちょっと品揃えが豊富なホームセンターでもよく見かけるので『他の人と同じものは“イヤ“』なんて思うユーザーには避けられがちかもしれません。

ただ人気が高いロゴスなだけあって品質はまったく問題無し!こだわって設計されていることを使ってすぐに感じられる非常に良い製品になっていると思います!ロースタイルのチェアを探している方は是非とも候補として検討してみて下さい〜!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 説明くん
  • 説明くん
  • キャンプ歴7年ながら年間数回の未だに初心者キャンパー。日々のストレス発散の為、今年からはなんとしても年間10泊以上が目標。キャンプもしつつ車中泊も楽しむ30代です。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂