キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

予約不要の西湖・湖畔キャンプ場で狙いたい時間帯や場所取りのコツ

キャンプの予定ではなかったけど突然キャンプに行きたくなること、ありませんか?

雨予報の筈が当日晴れてしまった時、ストレスが溜まっている時、予定が突然なくなった時など。そんな経験は誰にでもあると思います。慌ててキャンプ場の空き枠を確認しても、どこも予約でいっぱい。そんなときは山梨県にある予約不要の西湖・湖畔キャンプ場に行ってみましょう。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

思い立って西湖・湖畔キャンプ場へ

/思い立って「西湖・湖畔キャンプ場」へ-1024x678

少し前の話ですが10月13日に西湖・湖畔キャンプ場へ行ってきました。本来であれば10月12日から3日間開催されるフェスイベント朝霧JAMに参加していた筈なのですが、日本全国に被害をもたらした台風19号の影響で中止となりました。

公式サイト:朝霧JAM

当日はあれだけ大雨だったのに、翌日の早朝は何事もなかったかのような日本晴れ。1年間楽しみにしていたフェスも中止になりモヤモヤとしていた中、晴れた空を眺めていると無性にキャンプに行きたくなりました。

/思い立って「西湖・湖畔キャンプ場」へ2-1024x610

先日の台風で道志村をはじめとした多くのキャンプ場被害にあいました。幸い、西湖方面はそこまで被害が大きくなかったようで、西湖・湖畔キャンプ場に電話をしてみると、営業しているということでした。急いでキャンプギアを車に積み込んで出発です。

予約不要のフリーサイト!湖畔ビューが魅力

/予約不要のフリーサイト-1024x678

西湖・湖畔キャンプ場は、中央道河口湖インターから車で約20分。富士五湖の一つ、西湖(さいこ)に面するキャンプ場です。サイトが仕切られている区画サイトではなくて、好きな場所に設営ができるフリーサイトです。予約不要のキャンプ場は、殆どがフリーサイトです。

西湖・湖畔キャンプ場は車をフリーサイト内に乗り入れできるオートサイトなのが嬉しいポイントです。なんといっても西湖を一望できるロケーションが魅力的。最高の景色を眺めながらキャンプをしたいので、湖畔沿いを押さえたいところです。

予約不要のキャンプ場は早いもの勝ち

/予約不要のキャンプ場は早いもの勝ち-1024x682

予約不要のキャンプ場は思い立ったらすぐに行けるところが魅力ですが、早い者勝ちです。キャンプ場に到着しても既に良い場所は埋まっていたということはザラです。時間帯を間違えてしまうと、既に「満サイト」でキャンプ場に入れないこともあります。

この日、西湖・湖畔キャンプ場に到着したのは午後3時人気の湖畔沿いはいっぱいでした。渋滞に巻き込まれてしまい、到着が遅くなってしまったので仕方がありません。

午後3時という時間帯は今までの経験上、一番場所を取れない時間帯なので、場所が取れただけでもラッキーだったのかもしれません。

人気の湖畔沿いをおさえたい!この時間帯を狙おう

/人気の湖畔沿いをおさえたい-1024x678

予約不要のフリーサイトで一等地を押さえるにはどうしたらよいか?過去、色々な予約不要のキャンプ場に行きましたが、キャンパーさんがチェックインする時間帯を観察していると、ある共通点に気が付きました。

西湖・湖畔キャンプ場も例外ではありませんでしたよ。その「共通点」について触れてみます。

チェックイン時間より少し早めに!朝一狙い

早起きは三文の得。チェックイン時間より少し早めに到着するのがミソです。早い時間を狙えば一番乗りも夢ではありません。だからといって夜中から並ぶことは止めましょう。キャンプ場の方や近隣の方に迷惑がかかりますからね。

西湖・湖畔キャンプ場でも、チェックイン時間と同時に何組かのキャンパーさんが入場してきましたよ。西湖・湖畔キャンプ場のチェックインは朝8時です。中央道は渋滞が醜いのでそのあたりを考慮して出発したいですね。

チェックアウトの時間帯を狙い撃ち!入れ替わり作戦

チェックアウト時間の30分前位を狙ってチェックインするキャンパーさんは結構います。予約不要のフリーサイトではよく見かける光景です。良い場所を押さえているキャンパーさんが撤収するのを待つパターンです。運が良かったら一等地を確保できます。

撤収中の場所を狙う場合、撤収作業をしているキャンパーさんにひと声かけるのがマナーです。撤収中に目の前でジーっと待たれていると、良い気持ちがしませんからね。西湖・湖畔キャンプ場のチェックアウト時間は11時です。

ラストチャンス狙い!デイキャンプのチェックアウト時間帯を狙う作戦

西湖・湖畔キャンプ場は日帰りのデイキャンプの方もいます。この日は湖畔沿いの一等地をデイキャンパーさんが押さえていて、湖畔の景色を楽しんでいました。

16時半頃でしょうか。大型のキャンピングカーで団体キャンパーさん達が入場してきました。日帰りキャンプのチェックアウト時間は17時です。デイキャンパーさんのチェックアウト狙いですね。

結果、団体キャンパーさん達は湖畔沿いの一等地を確保することに成功していました。一か八かの博打ですが、運が良ければこのように湖畔沿いを押さえることができるのです。

一番の勝ち組は平日キャンパーさんなのかも?

それでも希望のサイトを押さえることができるかというと、そうでもありません。土日は一番キャンプ場が混む時なので、他のキャンパーさんと場所の取り合いになります。

早朝から並んでいる方も少なからずいますし、金曜日の夕方からチェックインをして場所を確保する前乗りキャンパーさんもいます。

西湖・湖畔キャンプ場の事前に知っておきたい豆知識

/「西湖・湖畔キャンプ場」の事前に知っておきたい豆知識-1024x648

キャンプ場に行くと必ず確認する5つのことがあります。それらの情報は調べてもあまり出てこないことが多く、次回そのキャンプ場にリピートしたときの為に記録を残す習慣がつくようになりました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

サイトの地面の特徴

/サイトの地面の特徴-1-1024x616

サイトの地面は砂利です。場所によっては芝生や草に覆われています。砂利なのでテントやタープ、キャンプギアに汚れが付きにくく、個人的には好印象です。キャンプ道具を直接地面に置いても汚れが気にならないレベルです。

寝るときはちょっと背中が痛いかもしれません。マットなどを敷くとゴツゴツが気になりませんよ。

傾斜はあるの?

/傾斜はあるの?-1-1024x678

湖畔サイトなので仕方がないのですが、全体的に緩やかな傾斜があります。場所によっては目立った傾斜があり、そういった場所は埋まりにくいようです。また、水の通り道のような溝が何か所かあるのですが、区画サイトの仕切りのような役目をはたしていました。

ペグの刺さり具合は?

/ペグの刺さり具合は

ペグの刺さり具合は少し硬く感じます。そのかわり一度しっかりとペグを打ち込むと、しっかりと刺さってくれる印象です。強風が吹いても簡単にはペグが抜けない安心感がありました。

西湖・湖畔キャンプ場は周りに遮蔽物があまり無いので風の影響を受けやすいです。ペグはしっかりと奥まで打ち込みましょう。

お湯はでるの?

/お湯はでるの?-1-1024x682

残念ながらお湯は出ません。西湖・湖畔キャンプ場は標高902mと、意外と標高があります。夜は急に冷え込むうえ、風もあるので、体感温度は低く感じます。洗い物のことを考えると億劫になりますよね。

ゴミ捨てに関しての注意事項

ゴミは捨てることができます但し有料です。受付で専用のゴミ袋を購入するとゴミを捨てることができます。お金を払いたくないかたは、ゴミを持ち帰るのも一つの手です。キャンプ場の料金自体がとても良心的な価格なので、ゴミ捨てが有料でも全く気になりませんでした。

西湖の夕日が美しすぎる!絶景の湖畔キャンプ場

/夕日が美しすぎる湖畔ビュー!西湖が最高な「西湖・湖畔キャンプ場」-1024x682

目の前が湖なんて、なんとも贅沢なキャンプ場ですよね。富士山を見ることはできませんが、山に囲まれた西湖の風景は圧巻です。人気の理由がよくわかります。

/湖1-1024x678

西湖・湖畔キャンプ場の真骨頂は間違いなく夕方です。日が暮れるにつれ、幻想的な風景になっていきます。

/湖2-1024x682

夕焼けに照らされた西湖は、それはもう絶景でした。空と湖がオレンジ色一色に染まった風景は、間違いなく西湖・湖畔キャンプ場最大の売りですね。

/湖3-1024x682

トワイライトタイムの西湖の風景です。とても幻想的でした。夕方からトワイライトタイムの間、周りのキャンパーさんが湖の前に集まって、絶景を堪能していましたよ。

サイトから湖畔ビューを眺めることができたら、こんな贅沢なことはありませんよね。

次こそは西湖の湖畔沿いを!

/次こそは湖畔沿いを-1024x678

今回は思い立ってのキャンプだったので、景色のことは正直二の次でした。湖畔沿いを押さえられなくても、キャンプができればそれで良しといった感じだったのですね。

しかし夕焼けに照らされた西湖を見た時、大変後悔しました。テントの前で日本酒を飲みながら夕日を眺められたらどんなに贅沢な時間を過ごせたことかと。

平日は仕事でキャンプに行くことができない土日キャンパーなので、次回はチェックイン時間前に到着して湖畔沿いでキャンプを楽しみたいですね。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top