今度はタウンエース!FLEXの「リノカ」にギア感とキュートさを併せ持つ新型が登場

今度はタウンエース!FLEXの「リノカ」にギア感とキュートさを併せ持つ新型が登場

FLEXという名前は、アウトドア&クルマ好きであれば聞き覚えがあるのではないだろうか。最近のハイエースやランクルを丸目化するキットやコンプリートカーを発売しているのに代表されるように、自動車事業を中核とする企業だ。

そんなFLEXから、オリジナルブランドの「Renoca」の新作としてトヨタのタウンエースをベースにしたモデルをTOKYO OUTDOOR SHOW 2022に出店するというニュースが入ってきた。見るからにキュートさと実用性を兼ね備えたモデルに、キャンパーの熱視線が注がれそうだ。

Renocaってどんなブランド?

renocatownace2

出典:Renoca

Renoc(リノカ)は、Renovation(リノベーション)とCar(カー)をくっつけた造語で、新車でも中古車でもない第3の選択肢としてFLEXが手掛けているブランド。リノベーションすると言っても新車に近づけるのではなく、コンセプトを持って車を改造・カスタムしており新たな価値を生み出しているのが面白い。

ラインナップにはトヨタのプロボックスを往年の欧州車の雰囲気をまとわせた「ユーロボックス」や、日本車では今や絶滅危惧種であるスクエアのヘッドライトが2段になったレトロな雰囲気たっぷりのハイエース「コーストライン・ナロー」など、魅力的なクルマがいっぱい。カラーも従来のラインナップにないカラーなので、街中でも注目が集まること間違いなしだ。

タウンエースはこんなクルマ

renocatownace

出典:トヨタ自動車

そんなRenocaの新型モデルはトヨタのタウンエースがベースとなっており、今のところ呼称は発表されていない。明らかにされているのはビジュアルとカラーリングイメージだけだが、それだけでも物欲に火をつけるには十分だろう。

ベース車のタウンエースは、いわゆる「働くクルマ」というヤツで、アウトドアにも頼もしい存在。積載は750kg可能で、最小回転半径が4.9mと街中でも小回りの利く上に、パワーもありながら燃費も悪くないという素晴らしいクルマ。強いて言えばいかにも商業車チックなところが苦手と言う方もいるだろうが、Renocaならその点も問題なさそう。

他のRenocaから仕様を予想!

renocatownace3

出典:Renoca

細かい仕様は公開されていないわけだが、他のRenocaを見れば装備や仕様は何となく予想は出来る。同ブランドの「ユーロボックス」ではオリジナルの柄付きシートを搭載していたので、タウンエースの方もおしゃれなシートがありそう。

また、ハイエースと比べると車内空間は小さめになる点から、運転席や助手席が後ろ向きに出来たり、セカンドシートをアレンジして広い空間を作る工夫が入っている可能性もある。

カングー、ベルランゴ、リフターと真っ向勝負!

renocatownace

出典:Renoca

サイズやタウンエースの仕様からすると、ライバルになるのはご存知ルノー/カングーや、最近人気が出てきたシトロエン/ベルランゴ、プジョー/リフターのあたり。ミニバンより大きくなく、抜群の積載力を持ち、見た目もイイという事を考えると、真っ向勝負になるだろう。

何よりいいのは「日本車」という点。外車はどうしてもパーツの関係で修理が高くなったり時間が掛かったりという事があるが、ベース車がタウンエースならその心配はなさそう。きちんと右ハンドル車として作られているので運転も自然だし、まさにいう事は無いのでは?

「なるはやで詳細が知りたい!」という方や「実物を見たい!」という方はTOKYO OUTDOOR SHOW 2022へ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂