御崎野営場は宮城県気仙沼市にある唐桑半島の先端に位置するキャンプ場です!

御崎野営場は宮城県気仙沼市にある唐桑半島の先端に位置するキャンプ場です!

冬にキャンプしたいけど、真冬に管理されていない場所では少し不安…と、冬キャンをしたいと思いながらも億劫になっている自分がいました。しかし、今回ご紹介する宮城県気仙沼市にある御崎野営場(おさきやえいじょう)は、しっかりと管理されている通年営業のキャンプ場で安心!

今回は仲間とスケジュールが合ったのでグループでキャンプをしてきましたが、御崎野営場なら季節問わずいつでも1人で気軽にキャンプが出来ます!海は夏のイメージでしたが、冬の海はまた別の気持ち良さがありましたよ〜!

御崎野営場の基本情報

御崎野営場は唐桑町観光協会が管理しているキャンプ場です!

御崎野営場の所在地や利用料金は?

連絡先 唐桑町観光協会(唐桑半島ビジターセンター内)
所在地 宮城県気仙沼市唐桑町崎浜4
営業時間・定休日 通年営業
電話番号 0226-32-3029
料金 1泊 450円
日帰り 300円
チェックイン13時、チェックアウト11時
交通アクセス(車) 東北自動車道一関ICから車で約1時間40分

この御崎野営場は1泊450円で利用できる、お財布にも優しいキャンプ場です!

冬でもキャンプが出来る通年営業の貴重な場所で、利用料金が1人1泊450円と安く、さらに20名以上の団体だと割引料金が適用になるようです!

アクセス方法

御崎野営場は最寄りの一関ICから約1時間40分という距離にあるので、遠くから来る方は移動時間にゆとりを持って向かいましょう!

気仙沼市には新鮮な魚介類が売っている市場などが充実していましたが、キャンプ場のある唐桑半島に近づくに連れてどんどんお店が減っていくので、買い物は済ませてから向かうのをオススメします。

美味しい肉を焼くのも良いですが、せっかく海が近いので活きたホタテや新鮮なお刺身もアリです!

御崎野営場の施設紹介

御崎野営場は自然の地形を生かしたキャンプ場でした!

キャンプ場は綺麗に整備されています!

綺麗に整備された敷地でとても気持ちよく利用できました。

キャンプ場奥から入口に向かって撮

地面に落ちた松の葉っぱ(枝?)でフカフカしてました。

設営場所はここに決めました!

キャンプ場の1番奥に広いスペースがあったので、今回の設営場所ここに。

奥側から撮影

他のキャンパーさんは既に設営済み&人数制限の為、これ以降人が増えない事が分かっていたので、気兼ね無く広くスペースを確保出来ました。

駐車場から1番遠く荷物の運搬は大変ですが、平らでトイレと炊事場もすぐ近くなので快適に過ごせる場所でした!

御崎野営場は波の音が心地良い!

野営場は少し高いところにあるので視覚的には海まで遠いように感じましたが、波の音が聞こえてきました。

海の見える場所でのキャンプは初めてだったので、木と木の間からわずかに見える海でも結構感動!海って超〜広いですね(当たり前)

コンセルリングでオンザステージ!

コンセルリングというキャンプファイヤーが出来る場所を発見。

キャンプファイヤーは丸いところがほとんどですが、ここは半円分のスペース。学校行事で利用される時は、もしかするとここでグループ毎に出し物でもするんだろうなぁ〜なんて思いました。

御崎野営場の駐車場は広い!

駐車場は道路を挟んで反対側。ビジターセンターと同じ駐車場になっているのでとても広く感じます。

キャンプ場側だと10台程度

奥に見えるのがビジターセンター

キャンプ場の敷地面積を考えれば、これだけ広い駐車場なら停められないという心配は皆無でしょう。

荷物の運搬は一輪車で!

駐車場から離れているので管理棟から一輪車を貸し出していました。

管理棟で受付をしましょう!

キャリーワゴンを買おう買おうと思っているのにまだ持っていないので、車の乗り入れが出来ないと聞いた時は絶望しましたが、一輪車があって助かりました。

御崎野営場の炊事場は2ヶ所!

炊事場は手前と奥の2ヶ所にありました!

手前側の炊事場

キャンプ場の敷地面積に対してこのカマドの数はなかなか珍しい気がします。

悠々と使える広さです

そしてこっちが奥にある炊事場で、トイレが隣接しています。

レイアウトがそれぞれ違いますが、どちらもスペースが広いので使い易かったです。

1月に行ったので朝は水道が凍結気味でした

御崎野営場のトイレも2ヶ所!

あまり広いキャンプ場ではありませんがトイレも2ヶ所あるので全く混むことも無く使えました。

手前側のトイレ

古い印象はありましたが綺麗に掃除されていて好印象でした!

こっちは奥の炊事場と隣接しているトイレ。

ちなみにどちらのトイレも和式タイプ。

写真を撮り忘れてしまいましたが手前のトイレは多目的トイレがあり、そっちは洋式トイレでした!

シャワー室も!

御崎野営場はなんと16時から20時までならシャワー室が使えるそうです!冬だったので汗もかかないし、シャワーだけだとさすがに寒いので利用しませんでしたが、夏場なんかだとかなり有難いと思います。

シャワーがあるだけでも十分なのに、なんと利用料金は無料!利用時間が決まっていますがこれはとても良いところですね。

御崎野営場での実際のキャンプの様子

グループソロキャンで思い思いに楽しみました!

天気に恵まれました!

天気に恵まれて設営から撤収まで快適に過ごせました。

チェックインが13時でしたが、荷物を運んで疲れたので一杯やりながらのんびり設営していたらあっという間に薄暗くなってきました(笑)

もっとビシッとレイアウトしたかったのですが、ご覧の通り雑なまま宴の開始。カッコ良く写真映えする感じも良いけど、適当さ加減もキャンプの醍醐味ですよね。

語り合いながらのんびりと

それぞれが自分の好きな様に設営してキャンプを楽しみました。

この日は歳上のキャンプ仲間と一緒だったので、お刺身や鍋、それに某YouTuberが紹介していた入手困難なクラフトビールまでご馳走になってお腹一杯に。

注文しようとして売り切れだったヤツ…!!

頂いてばかりでは申し訳ない!と急いでホタテとマッシュルームのアヒージョを作ってお裾分け。とても良い時間を過ごせました!

御崎野営場の見所

唐桑半島にある御崎野営場の近くには観光地も。

朝日と海がとても気持ち良い!

早めに寝て水平線から登る日の出を見に行こうと思っていましたが、少し寝過ごしてしまいました(笑)

キャンプ場入口、もしくはコンセルリングの所から海の方へ下って行くと海が見えて来ます。

ザザーッという波の音が良い

眩しい朝日と青い空と青い海!気持ちの良い風景が広がっていました!

散歩がてら観光も!

海を見に行く途中で看板を発見。

自分は日頃の運動不足により断念…

ちょっと早く起きた朝は、潮風と朝日と共に足を伸ばしてみるのも良いかもしれません!

御崎野営場の注意点

個人的に気になった点も少し触れておきます。

やっぱり少し遠い…

最寄りの高速道路から約1時間40分はやっぱり遠く感じます。

無料の高速道路の三陸道を使えば沿岸部在住の方はもっと早く着くかもしれませんが、内陸からだとどうしても移動距離が気になります。


地図で見るとホントに端っこ!

ただドライブを楽しみながらだと大きなデメリットではないので、移動距離を含めたスケジュールを立てたいところですね。

御崎野営場は傾斜があるので設営は工夫を!

全体的に傾斜になっているキャンプ場なので平らなところは先着順です。

結構急です

現在は感染対策の為、1日に利用出来る人数に制限があったので大丈夫でしたが、人数制限が解除されて利用者が沢山いる時は設営場所に困るだろうなぁという印象を受けました!

車の乗り入れが出来ない!

御崎野営場は車の乗り入れが出来ません。オートサイトじゃなくても個人的には全然構わないのですが、1番困るのが荷物の運搬です。

手前の炊事場のその奥に設営場所があるので、荷物が多いとそれだけで大変です。

しかもすべて上り坂…。一輪車を借りられたので少しは楽が出来ましたが、それでも運動不足なので翌日に軽く筋肉痛になりました…。(2日目じゃなくて少し安心)

早朝に車の音が…

敷地のすぐ横には私道があったのですが、夜中と早朝に車?バイクの通る音がして目が覚めてしまいました。

私道につきキャンプ場利用者は通行禁止の張り紙

他のキャンパーさんもみんな静かに寝静まっている深夜2時頃。ブロロローン!という音がかなり響いていました。

御崎野営場に行ってみて

初めての海の見えるキャンプ場でしたが、山の中とはまた違った雰囲気でとてもリラックスして楽しめました。

トイレも炊事場も綺麗に管理されていて1泊450円とお手頃価格。

アクセスが少し不便、荷物の運搬が大変…というのが気になりましたが、東北地方で冬も営業しているキャンプ場は貴重な場所です。熊の心配もなさそうなので1人でも気軽にキャンプ出来ますよ〜!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 説明くん
  • 説明くん
  • キャンプ歴7年ながら年間数回の未だに初心者キャンパー。日々のストレス発散の為、今年からはなんとしても年間10泊以上が目標。キャンプもしつつ車中泊も楽しむ30代です。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂