直火の感覚を完全再現した焚き火台「JIKABIDAI」がFielderとMAAGZのコラボで実現

直火の感覚を完全再現した焚き火台「JIKABIDAI」がFielderとMAAGZのコラボで実現

アウトドアブランドMAAGZ(マーグズ)とアウトドア雑誌「Fielder」がタッグを組み作り上げた焚き火台「JIKABIDAI / 直火台」が新たにリリースされた。

直火で行う焚き火スタイルの定番ともいえるロングファイヤー型を焚き火台上で再現できるフィールドギア。強度抜群のフレームと燃焼効率の高いロストルの形状で、長時間安定した火力でじっくり焚き火を楽しめる。

「JIKABIDAI / 直火台」の特徴

ロングファイヤー型を焚き火台上で完全再現!

JIKABIDAI_6

JIKABIDAIは、燃焼効率が高く万能な薪の組み方ロングファイヤー型を完全再現した焚き火台。ロングファイヤー型は大きい薪を2本置いて、その間に細かい薪を置く組み方。シンプルで長時間安定した火力を得られる焚き火スタイルだ。

重量級の倒木を躊躇なく使える屈強なフレーム

JIKABIDAI_2

JIKABIDAIは耐久性と重量のバランスを両立した屈強なフレームで、耐荷重は30kg。現地に落ちている倒木も重量を気にせずに載せられる。

燃焼効率を高めるロストルの形状

JIKABIDAI_11

実際に直火をする際に石や木でゲタを敷く形状に基づいて、ロストルには吸気用の穴が空けられている。これにより下部から酸素が入り、燃焼効率を高める効果がある。

安定感のあるフラットな火床で調理しやすい

JIKABIDAI_7

ロングファイヤー型は、薪を同方向に組むため、火床をフラットにしやすく調理にも適している。安定感があるのはもちろん、火加減調整しやすいところもポイントだ。

組み立てやすく、収納時はコンパクト

JIKABIDAI_5

JIKABIDAIは広い火床でありながら、組み立てが簡単で、持ち運びやすい設計になっている。何度も試作を繰り返し、4ステップで広い火床スペースを展開するフレーム構造を実現。収納時は専用ケースに入れてコンパクトに持ち運べる。

地面にダメージを与えずに直火の感覚を再現

JIKABIDAI_8

直火の感覚を再現するために重要なのは火床の高さ。位置が低い方が直火に近い感覚になるが、フィールドへのダメージが発生しやすくなる。複数のパターンを試しながら、直火の感覚を残しつつ自然環境にも考慮した程よい高さを実現した。

腐食に強く扱いやすいステンレス素材

JIKABIDAI_4

フレームにはサビや腐食に強く、メンテナンスしやすいステンレス素材を採用。

製品仕様

製品名 JIKABIDAI / 直火台 [Fielder×MAAGZ]
重量 1.5kg
サイズ 組立時:W542 × H162 × D415(mm)
収納時:W460 × H50 × D140(mm)
価格 本体:25,300円(税込)
特殊不燃生地/補修用:3,300円(税込)
ロストル2枚セット/補修用:2,970円(税込)

ロングファイヤー型にハマる予感

JIKABIDAI_13

燃焼効率が高く、調理もしやすいロングファイヤー型は、実用性が高く万能な焚き火スタイル。一度体験したらこのスタイルにハマってしまうかも?

JIKABIDAIはMAAGZオンラインストアで購入できるほか、東京都八王子市のふるさと納税対象にもなっているようだ。その他、楽天やamazon等の各種ECサイトでも取り扱いが開始されているので、気になった方はチェックしてみよう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂