飛行機を見られるキャンプ場がより使いやすく!サービスや体験が更に充実したよ

飛行機を見られるキャンプ場がより使いやすく!サービスや体験が更に充実したよ

日本で唯一飛行機の離発着が見られる空港キャンプ場「Airport Campsite in TAJIMA(但馬空港キャンプ場)」にて、さらなるサービスや体験を充実するというニュースが入ってきた。

何と言っても目の前で飛び立つ飛行機を見られるという事で、子どもに大人気のAirport Campsite in TAJIMA。LINEを使った非対面のサービスと、逆にリアル体験を重視したサービスの両面を充実させることで、よりキャンプ場が使いやすくなる。

公式LINEから様々な情報にアクセス!

但馬空港キャンプ場公式LINE画面

一つ目は、キャンプ場としては初めてLINEを利用した案内や相互連絡が出来る様になったこと。一般的なキャンプ場ではセンターハウスで説明を受けるなど結構な時間対面することになるが、Airport Campsite in TAJIMAでは公式LINEで事前にセルフチェックインをすることで対面時間を削減している。

また、飛行機の離発着情報や周辺情報なども網羅しており、いちいちキャンプ場に確認しなくてもOK。さらに物販やレンタルなども購入できるようにしたり、スタッフに直接連絡が出来たりとグンと利便性が向上した。

焙煎からコーヒーを味わう

ACT202205 (3)

但馬東洋珈琲株式会社とコラボすることで生まれたのが「コーヒー豆焙煎体験」だ。施設側の想いとしては、「いつでもどこでもボタンひとつでコーヒーを飲める時代にあえてコーヒーを作るプロセスを体験」とあるように、あえてひと手間もふた手間もかけてコーヒーを作ることで、特別な体験を提供してくれる。

生豆が焙煎されていく様を見て、その音を耳で聞き、香ばしい匂いを鼻で感じ、そして出来たコーヒーを味わう。触覚以外の5感をフルで感じて最高のコーヒーを味わってみては?

レンタルセットプランの登場で手ぶらキャンプも可能

ACT202205 (4)

こちらはキャンプ場としてはおなじみのレンタルサービス。用意されているのは合計3張となっており、ogawaのグロッケ24や、Snow Peakのエントリーパックが提供されるとのこと。

また但馬八鹿豚のスペアリブや骨付きチキンがセットになった夕食メニューや、サンドイッチとミネストローネがセットになった朝食メニューも登場しており、その気になれば手ぶらキャンプも可能になった。

夏休みの思い出作りに最高!

夏休みの家族旅行イメージ

飛行機が間近で見られてキャンプも出来るとあれば、子どもたちの思い出に深く刻まれるのは間違いない。キャンプギアが揃っていないという方にはレンタルやセットの食事があるので、お試しのつもりで気軽に参加も出来る。夏休み直前になると予約が殺到する可能性があるので、予定は早めに立てよう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂