キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

キャンプでぼーっとお酒を飲むためだけに揃えたテーブルグッズ3つ紹介

アウトドアテーブルを畳んだ時にはコンパクト
こんにちは!ジメジメした梅雨空が続き、カラリとした夏が待ち遠しいですね。夏休みの予定はもうお決まりですか?私は海と山に2回キャンプに行く予定です。

みなさんはキャンプで何をして楽しんでいますか?BBQでしょうか?それとも焚火でしょうか?私はというと、、何もしない…です。笑

ただ自然の中で、ただボーっと大好きなお酒を飲みながら、のんびり過ごすのが好きです。なので、今回は私がなるべく何もしないでキャンプでぼーっとお酒を飲むためだけに揃えたテーブルグッズ3つを紹介します。

鈴木あん

神奈川県在住 小学生の息子と日々格闘中
春~秋はキャンプ、冬はスノーボードを家族で楽しんでいます。

何もしないでお酒を飲むためのキャンプグッズ

私がキャンプを始めたのは8年前、友達に誘われたのがきっかけでした。そこから主人も子供も巻き込み、家族3人で今は年に5~6回くらいキャンプを楽しんでいます。

友達に誘われた最初のキャンプの時に、自分で座るイスくらいは持参しようと、スポーツ用品店で1000円くらいで買ったイスが私の最初のキャンプアイテムです。そこから少しずつ試行錯誤しながらアイテムを増やしていき、自分なりに満足できるアイテムを揃えました。

最初からキャンプでは楽をしたいというスタンスだったので、私がアイテムを選ぶときの基準は「簡単に使えること」。そんな私がぼーっとお酒を飲むためのお気に入りのグッズを紹介したいと思います。

イワタニ 炉ばた大将

1001-iwatani-robata1

これは、カセットボンベを使用するガス調理器具です。我が家で使っているのは、「炉ばた大将炙屋」というものですが、今は新しくなって「炉ばた焼器 炙りや」という名前になっています。

カセットボンベを使用するので、とにかく楽‼火起こしや後片付けの手間が一切かかりません。家族3人でBBQをしても新品のボンベ1本で十分足ります。2泊、3泊となると予備にもう1本あったほうが安心かと思います。

1001-iwatani-robata2

普通に肉や野菜を網焼きで食べるのも、もちろん美味しいですが、パンも簡単においしく焼けるので、朝はトーストにすることが多いです。あとは、鉄板をのせて焼きそばやお好み焼きなんかも楽しんでます。

1001-iwatani-robata3

網は付属品ですが、鉄板は丁度いい大きさのものをホームセンターで買いました。

別売りで専用の鉄板も売られていますが、我が家はそんな鉄板があることを知ったのがつい最近で…。ホームセンターで買ったものでも問題なく使えているので、そのまま使用中です。

1001-iwatani-robata4

後片付けも下の油受けに水をいれておけば、油でベタベタになることもなく楽に洗えます

この炉ばた焼きは、買ったときに入っていた箱に入れて持ち運びしていますが、鉄板は入らないので別に持って行きます。

1001-iwatani-robata5

でも、専用の鉄板だったら、もしかしたらぴったりサイズなので箱に入るかもしれません。

卓上に置けるので、立ちっぱなしで料理したり、テーブルとコンロを行ったり来たりすることがなく、座ったまま会話を楽しみながらできるのも私にとっては嬉しいところです。これを買ってから料理をするときもお酒を飲みながらぼーっと焼きあがるのを待つだけになりました。

バンブーテーブルラック

1001-table-rack

これは、洗った食器を乾かすのに使ってます。カインズで1,000円くらいだったと思います(うろ覚えでごめんなさい)。

ポールなどにネットを吊り下げて食器を乾かしているキャンパーさんたちをよく見かけます。私も以前はそうしていました。でも我が家の場合、食器をカゴに入れて持ち運びしているので両手がふさがってしまうのです。なので、カゴを一度テーブルに置いてネットのファスナーを開けて食器を入れる…ということになります。

しかも、カゴを置くテーブルや台がネットを吊り下げるポールの近くに置ければいいのですが、置けなければネットとポールの間を何往復もしないといけません…大した距離ではないですが…。カゴを片手に持って、片手でネットのファスナーを開けることを試みたこともあるのですが、上手く開けられませんでした(私が不器用なだけかもしれないですが…)。

小さなイライラなんですが、毎食後に起こるのでだんだんとストレスになっていき…。そんな時、このバンブーテーブルラックを見つけました。これなら片手でも簡単に置くことが出来るし、見た目も可愛いなぁと思って即買いしました。

買って大正解!イライラは解消され、とても満足しています(^^)

アウトドアテーブル

1001-outdoor-table01

我が家がいちばん悩んだアイテムがテーブルかもしれません。気がつけばたくさんのテーブルが揃っていました…。大きさも大中小、ふたつに折りたたむタイプのもの、ロールタイプのもの、いろいろ使いました。

その結果、我が家がダイニングテーブルとして使うのにいちばん重宝しているのは、大きくてふたつに折りたたむタイプのものです。やっぱり設置が楽です。

1001-outdoor-table02

ロールタイプのテーブルと比べると、コンパクトにならないので積むのに余裕がない方はだめかもしれません。でも、薄くなるのでそこまで邪魔にはならないと思います。

1001-outdoor-table03

あとは、小さいテーブルをウォータージャグを置くのに使ったり、中くらいのテーブルはクーラーボックスを置くのに使ったり…以外とテーブルって沢山あっても使いみちがあるもんですね。

ちなみに我が家は、キッチンテーブルも普通のテーブルで代用しています。有名なブランドのキャンプ用品はもちろん良い物ですが、近所のホームセンターで売っているキャンプ用品も使いやすくて良い物がたくさんあります

ぜひ、探してみてください。

ぼーっとお酒を飲むだけのキャンプも楽しい

今回は、楽に使える私のお気に入りのアイテムを紹介しましたが、逆に「手間をかける」というのも、キャンプの楽しみ方のひとつだと思います。例えば、ダッチオーブンを使って手の込んだ料理を作ってみたり、焚火をするのに薪割りからやってみたり…

普段の生活ではなかなか出来ないことにチャレンジ出来るのもキャンプならではだと思います。自分の好きなスタイルで、思いっきりキャンプを楽しみましょう♪

これからも、さらにキャンプが楽でぼーっと出来るような情報やアイテムを紹介していきたいと思います!

鈴木あん

神奈川県在住 小学生の息子と日々格闘中
春~秋はキャンプ、冬はスノーボードを家族で楽しんでいます。

back to top