キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【ふたりソロキャンプ料理レシピVol.4】簡単おつまみドライカレーとタンドリーチキンを完全再現

ふたりソロキャンプの再現レシピ第4弾は「ドライカレー」「タンドリーチキン」「おまけレシピ」カレー味のおつまみ3連発です。

日本の国民食であるカレーが、ふたりソロキャンプではお酒にぴったりなおつまみにアレンジされています。しかも、生ピーマンとの合わせ食べということで、非常に気になっていました。

またスパイシーなタンドリーチキンと、これまたおつまみに最高なおまけレシピの再現にも挑戦。美味しい予感しかない今回の再現レシピ、一体どのような出来栄えになったのでしょうか。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

簡単おつまみドライカレー

まず初めに挑戦したのは、カレーレシピで1番初めに登場する「簡単おつまみドライカレー」です。ドライカレーといえばご飯にのせて食べるのが一般的ですが、なんとふたりソロキャンプでは生ピーマンで包んで食べるという珍しい食べ合わせ。カレー好きの我が家は早速試してみることにしました!

おつまみドライカレーの材料

材料1

【材料】

  • ひき肉合いびき肉をおよそ320g使用
  • 玉ねぎ:1玉
  • 人参:1本
  • カレー粉:適量
  • 塩胡椒:適量
  • お好みでケチャップやソース
  • スキレットやフライパン、鍋などの調理器具

ひき肉は、合いびき、豚、鶏など好みのものでOKです。

おつまみドライカレーの作り方

1.玉ねぎと人参をみじん切りにする

IMG_4472

玉ねぎと人参をみじん切りにします。みじん切りといっても、写真のように多少粗くても問題ありません。

2.熱したスキレットで飴色になるまで玉ねぎを炒める

IMG_4477

アツアツに熱したスキレットに油をひき、カットした玉ねぎを入れます。そのまま5~10分、写真のように色づくまで炒めます。玉ねぎは焦げやすいので、ひたすら混ぜつづけながら炒めて下さい。

3.ひき肉を加え塩胡椒をふる

IMG_4478

2にひき肉をドバっと加え、塩胡椒を適量ふり炒めます。

4.人参を加える

IMG_4479

ひき肉をひと混ぜして炒めたら、さらに人参も加えます。結構なボリュームですが、炒めている内にカサが減るので問題ありません。

5.カレー粉などで味付けをしてさらに炒める

IMG_4481

人参を加えひと混ぜしたらカレー粉を加えます。

IMG_4482

そして我が家では、子供が食べやすい味になるようケチャップとソースも加えました。作中にも書かれていますが、カットしたトマトを入れるのもおすすめです。

あとは水分がなくなるまで炒めれば、ドライカレーの完成です。

6.ピーマンをカットする

IMG_4485

ピーマンは縦に2等分し種を取り除きます。今回は2袋分用意しました。

簡単おつまみドライカレー完成

調理を初めてものの15分ほどで完成したドライカレーとカットピーマン(切っただけ)。調味料は自己流でケチャップとソースを足しましたが、もちろんカレー粉と塩胡椒のみでもOKです。

材料、調味料ともに少なく、これはキャンプ向きなメニューだなと感動。そしてさらに簡単にするのなら、事前にカットした玉ねぎと人参をタッパーやフリーザーバッグに入れて持参するのも◎ですね。

実食

IMG_4489

早速、ピーマンのくぼみにドライカレーをinしていただいてみましょう…。「ナマステ~~~~!」と思わず叫ぶ美味しさ。なんだこのシャキッ・パリッ食感。何よりほんのりとしたピーマンの苦味がクセになります。こりゃぁビールと最高の組み合わせです。そして食べて思ったのが、ドライカレーは結構しっかり目の味付けがおすすめ。

スキレットパンパンに作ったドライカレーが、ピーマンと共にどんどん無くなっていきました。ちなみに、我が家の子供たちもピーマンをバクバクと完食。もしピーマンが苦手な方は、苦味が少ないレタスだと食べやすいと思います。

スパイシーなタンドリーチキン

ドライカレーにつづき2巻で登場するのが「タンドリーチキン」です。作中で厳さんと雫ちゃんの食事シーンを見て、堪らず作ってみることにしました。

タンドリーチキンの材料

IMG_4467

【材料】

  • 鶏もも肉2枚
  • 塩胡椒適量
  • フォーク
  • ポリ袋やフリーザーバッグ
  • スキレットやフライパン

【マリネ液の材料】

  • ヨーグルト120グラム
  • ケチャップ大さじ2
  • カレー粉大さじ1と1/2
  • ガラムマサラ小さじ1
  • にんにくチューブ小さじ1
  • しょうがチューブ小さじ1
  • レモン汁大さじ1と1/2
  • ※チリパウダー小さじ1

今回、チリパウダーは我が家は幼児がいるので今回は使用しませんでしたが、お好みでプラスするとより本格的になると思います。

タンドリーチキンの作り方

1.鶏もも肉の両面にフォークを刺し塩胡椒をふる

IMG_4457

味が染み込みやすいようにフォークで両面に穴をあけ、塩胡椒で下味をつけます。

2.1を一口大にカットする

IMG_4464

1を一口大にカットします。キッチンバサミが使いやすくておすすめです。

3.保存袋にマリネ液と鶏肉を入れる

IMG_4492

ポリ袋やフリーザーバッグにマリネ液の材料と鶏肉を入れ、空気をしっかり抜いてよく揉み込みます。このまま8時間以上漬け込み、味を染み込ませましょう。

4.フライパンで焼きあげる

image2

熱したフライパンに油をひき、保存袋から鶏肉のみを取り出し焼いていきます。このとき、保存袋に残ったマリネ液は捨てないで下さい!!

蓋をしておよそ10分焼く→写真のように水分がでてくる→蓋を取り水分を飛ばしながら焼く、という工程で焼くと中までしっかり火が通ります。

焼いている間は水分が出やすいので、最後は火加減を強めにして仕上げて下さいね。

スパイシータンドリーチキンの完成

IMG_4499

タンドリーチキンの下ごしらえは漬けておくだけなので、完成まではおよそ20~30分。しかも、キャンプ場へは保存袋のみ持参すればOKというお手軽さです。今回は鶏もも肉を2枚使用しましたが、大人2人子供2人でちょうどよい量でした。大人2人以上の場合は、鶏もも肉2枚以上は必要だと思います。

実食

まず食べる前に食欲をそそられるのが香りです。カレーのスパイシーさと香ばしさが漂ってくると、食欲が刺激されます。

そして一口噛むと驚くのが肉の柔らかさ!長時間漬け込んだだけあり、ジューシーで口の中でホロっと崩れます。これなら子供でも食べやすいですね。やはりカレー好きな我が家では即完売状態に。これはリピート確実なレシピとなりそうです。

おまけレシピ「カシューナッツ炒め」

実は、ふたりソロキャンプ2巻に掲載されているカレーレシピは2品ではなく3品あり、その3品目というのが本編終了後のおまけマンガ内にて掲載されている「カシューナッツ炒め」。しかも、タンドリーチキンで余ったマリネ液を活用したリサイクルレシピなのです。カレーもカシューナッツも大好物の私は、早速再現してみることにしました。

カシューナッツ炒めの材料

IMG_4501

【材料】

  • カシューナッツ
  • タンドリーチキンで余ったマリネ液

カシューナッツ炒めの作り方

1.フライパンにマリネ液とカシューナッツを入れて炒める

IMG_4503

フライパンでマリネ液とカシューナッツを炒めます。火加減は中火~強火で水分を飛ばすように炒めましょう。水分がなくなり全体がカラッとしたら完成です。

カシューナッツ炒め完成&実食

IMG_4504

料理工程は1つ、そして材料は余った液とカシューナッツのみ。なのに、絶対美味しいと確信できる香りと見た目です。

作中でも描かれているように、一口食べると完食するまで止まりません。もうずっとポリポリという音が止まらず、完食までものの数分でした。大人のおつまみ向けかと思いきや、我が家では子供に大人気。「おかわりちょーだい」が止まず、ほとんど子供の胃袋へ…。タンドリーチキンからカシューナッツ炒めと、なかなか最強な変化レシピです。

カレーレシピは美味しすぎて止まらない

今回の再現レシピで痛感しましたが、カレーレシピはとにかく美味しい。とくに今回再現した3品は、手が止まらなくなるほどの美味しさでした。キャンプ場ではもちろん、自宅でも、そして大人も子供も嬉しくなる今回のレシピ、ぜひふたりソロキャンプを読みながら挑戦してみて下さいね。

紹介されたアイテム

ふたりソロキャンプ(2) (イブニングコミックス)
ふたりソロキャンプ(2) (イブニングコミックス)
講談社
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キッチン用品 スキレット フライパン 16cm UG-3027
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キッチン用品 スキレット フライパン 16cm UG-3027
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
食塩無添加 カレー パウダー ハウス食品 45g
食塩無添加 カレー パウダー ハウス食品 45g
減塩セット
1kg 食塩不使用 素焼き カシューナッツ
1kg 食塩不使用 素焼き カシューナッツ
ナッツ&ビーンズ(nuts&beans)

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

back to top