キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【ふたりソロキャンプ料理レシピVol.3】ヘルシーメニューと噂の串ざんまいに挑戦

ふたりソロキャンプ再現レシピ第3弾は、2巻に登場する「ヘルシー野菜巻き串」「豪快マッシュルームのベーコンロール串」に挑戦です!

どちらもお酒にぴったりなキャンプ飯のうえ、ヘルシーでいくら食べても罪悪感ゼロ。しかも、厳さんの瞳孔が「カッ」と開くほどの美味しさ…これは実食するしかありません。

「このレシピ気になってたんだよな~」という全国のふたりソロキャンプ愛読者の皆さん、本記事を参考にぜひ再現レシピに挑戦してみて下さいね。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

ヘルシー野菜巻き串を再現

ふたりソロキャンプを読み進めていくと、2巻58~59ページで登場するヘルシー野菜巻き串に心奪われる方も多いのではないでしょうか。恐らく小ネギが巻かれているであろう豚バラ肉が、網の上でジュージューと焼かれているイラスト…思わず笑みがこぼれますよね。こちらでは、実際に再現してみたヘルシー野菜巻き串の作り方とおすすめ食材をご紹介ます。

野菜巻き串の材料

材料

【材料】

  • 豚バラ肉:お好きなだけ(今回はおよそ300グラム使用)
  • お好きな野菜:写真は小ネギ、エリンギ、みょうがと大葉

野菜巻き串の作り方

1.豚バラ肉に塩胡椒をふる

IMG_4350

写真のように豚バラ肉を1枚取り出し、塩胡椒を適量ふりかけます。作業する際はラップの上で行うと後片付けが楽チンですよ。

*作中には、恐らく豚バラ肉3枚で具材を巻き包丁で3等分する描写がありましたが(2巻51~52ページ)、我が家は子供の食べやすさを考慮し豚バラ肉は1枚ずつ使用しています。

2.豚バラ肉で具材を巻いていく

IMG_4351

およそ5センチ幅にカットした野菜を豚バラ肉にセットします。このとき、野菜と豚バラ肉それぞれの右端を揃えておくのがポイントです。

IMG_4352

右端部分から巻きはじめたら、少しずつ豚バラ肉が左にスライドするようグルグルと巻いていきましょう。そうすることで、豚バラ肉1枚で野菜をスッポリ包める&火が均一に通りやすくなります。

3.巻き終えたら串をさす

作り方3

豚バラ肉を巻き終えたら、巻き終わり部分から串を刺していきます。今回は忠実に再現するため、1串に2つの野菜巻きを刺しました。

*キャンプ場へ持参する方法IMG_4357

作中でも描かれているように(2巻51~52ページ)、下ごしらえは自宅で全て済ませます。その際におすすめなのが、フリーザーバッグで保管する方法。作った野菜巻き串は、1つずつラップで包みフリーザーバッグへ入れておくと持参するのに便利ですよ。

4.火元で焼き上げる

IMG_4423

あとは火元で焼き上げれば完成です。炭火で調理した我が家ですが、豚バラ肉の脂で度々炎上するハメに。中までしっかり火を通すには、遠火でじっくり焼き上げて下さい。

焼くだけ簡単!野菜巻き串の完成

IMG_4435

度々炎に見舞われましたが、完成した野菜巻き串は実に美味しそうです。香ばしい焼き目もしっかり付き、見た目はなかなか再現できてるのでは?と自負しています。自宅で下ごしらえを済ませれば、現地で焼くだけの簡単調理なので時間も手間もかかりませんでした。

実食

IMG_4428

早速アツアツを頬張ってみると…う~ん最高!!表面は焼き目がカリカリ、一口噛むと肉汁と野菜の旨味が口の中で大渋滞です。

厳さんも言っていましたが、仕上がりはかなりサッパリめ。いくらでも食べられちゃいそう、且ついくらでも呑めそうです。これは恐ろしい代物…さすが雫ちゃんです。

巻き串におすすめ食材

作品を読む限り、野菜巻き串のはっきりとした食材は判明しません。ですが、イラストからはなんとなく小ネギ感が受け取れ、また雫ちゃんの「キノコとか他にも種類あるので」という台詞から、どんな食材が合うのか勝手に推測することに。

というわけで、小ネギ以外で美味しかったおすすめ食材をご紹介します。

エリンギ

IMG_4355

種類豊富なキノコからはエリンギをセレクト。焼いても歯応えがあり、何より巻きやすいです。エリンギは適当に手で裂き、あとは作り方に沿って巻いていきます。豚バラ肉の旨味たを吸ったエリンギは、子供にも好評のおすすめ食材ですよ。

みょうが+大葉

IMG_4356

ちょっと大人の野菜巻き串におすすめしたいのが、みょうが+大葉です。独特の香りと爽やかさが楽しめ、暑い夏にもぴったり。巻く際は、大葉の上に細切りにしたみょうがを置いて下さい。

おろしタレ

IMG_4431

まったくの余談になりますが、こちらのタレ、かなり野菜巻き串に合います。その名もキッコーマン「超具材おろしタレ」。

ネーミングの通りタレ感というよりはおろし感が強く、この手のタレ好きには堪らない1本です。さっぱりめの野菜巻き串をさらにさっぱり食べたい方は、こちらのタレをおすすめします。

豪快マッシュルームのベーコンロール串を再現

野菜巻き串のあとに登場するのが、マッシュルームのベーコンロール串です。ベーコンの中にマッシュルーム、さらにチーズが入っているという豪華さに惹かれ、早速再現してみることにしました。

ベーコンロール串の材料(1本分)

材料2

【材料】

  • 大き目のマッシュルーム1個
  • 長めのベーコン3枚
  • ナチュラルチーズ適量

ベーコンロール串の作り方

1.マッシュルームの軸を手で取り除く

IMG_4328

マッシュルームの軸をクルっと手で捻るように取り除きます。

2.軸を取り除いた部分にナチュラルチーズを詰める

IMG_4330

マッシュルームの軸を取り除いた部分に、ナチュラルチーズをギュギュっと詰めます。

3.マッシュルームをベーコンで巻き串を刺す

IMG_4334

マッシュルームをベーコンで巻く際は、3段階に分けると崩れにくくなります。

まず最初は、横向きのベーコンでマッシュルームを包みます。

IMG_4336

次に、斜めに置いたベーコンで包みます。

IMG_4338

最後に、縦に置いたベーコンで包みます。これで、ほぼ隙間のないベーコン巻きが完成です。

作り方3-2

野菜巻き串と同じように、巻き終わり部分から串を刺して下さい。

IMG_4344

ベーコンロール串も野菜巻き串と同様に、下ごしらえは自宅で行いフリーザーバッグに入れて持参しました。個別にラップで包むことで、型崩れも全くありません。

4.火元で焼き上げる

IMG_4436

あとは、じっくりと遠火で焼き上げれば完成です。ここでポイントなのが、初めにマッシュルームの軸側をサッと焼き、そのあとひっくり返してじっくり火を通すということ。チーズが入った軸部分をずっと下にしているとチーズが漏れ出てしまうので注意が必要です。

マッシュルームのベーコンロール串の完成

IMG_4445

写真で見ればお分かりかと思いますが、ジューシーに蒸されたマッシュルームの中からトロトロのチーズが…堪らない組み合わせです。

今回、計5本を作った我が家。大人2人子供2人で足りないかな~と思いきや、串1本でベーコン3枚はなかなかのボリューム感でした!とくにほかにもメニューがある場合は、子供は1本、大人は2本程度がベストな量かなと思います。

実食

IMG_4438

ではでは、お味の方はというと…まずベーコンの塩気とマッシュルームのフワフワの食感が口の中に広がります。次にマッシュルームが水分溢れるほど瑞々しく、そして何より中からチーズがとろける~~~。これは、かなり美味しいです。

そういえば、味付けは全くしていませんでしたが問題ありませんでした。ベーコンの塩気が適度な具合に効いており、具材の味が引き立ちます。味はもちろん、串1本で食べ応え充分な満足度の高い串焼きでした。

ヘルシー串ざんまいは作らなきゃ損

実際に作ってみて、これだけは言えます。「串ざんまいを作らないなんて、損してるわよ!」簡単でヘルシーなのに、お腹も心も満たされる美味しさ。キャンプで頬張れば幸せが広がります。

また、今回ご紹介した食材以外にも、オリジナルを考えてみるのもおすすめです。気になっていた方も、そうでない方も、ヘルシー串ざんまい作りに1度挑戦してみてはいかがでしょうか。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top