キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

キャンプでワンランク上のお酒を味わうための便利ギア&アイデア集

キャンプ場で飲むお酒が普段より美味しく感じてしまうのは気のせいでしょうか。野外という環境がそう思わせるのかもしれません。お花見やバーベキューで飲むお酒と同じ感覚ですね。

開放的な野外で美しい景色を眺めながらお酒を飲むのは最高の贅沢の1つだと思っています。折角のアウトドアなので、もっと美味しくお酒を飲みたいですよね。キャンプでワンランク上のお酒を飲む為の便利ギアとアイデアをご紹介します。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

お酒を快適な状態で飲むためにやった3つのこと

お酒を快適な状態で飲むためにやった3つのこと

お酒は温度管理が重要だと思ってます。しかしキャンプ場は野外なので温度管理が大変です。快適な状態でお酒を飲む為にやっていることを纏めました。

クーラーボックスの保冷力をアップ

LOGOS

クーラーボックスは保冷力はありますが、冷やす力はありません。そこで1秒でも長くお酒が冷えた状態にするために保冷剤が欠かせません。

キャンプで定番中の定番の保冷剤といえば、LOGOS(ロゴス)の氷点下パックシリーズでしょう。氷点下パックは、-16℃の表面温度という驚異の保冷力を実現したロゴスの人気商品です。最低でも2つあれば保冷力をキープできるのでお勧めです。

更に凍らせたペットボトルをクーラーボックスに入れておくと、保冷力が高まるばかりではなく、飲み物が溶けた頃にはキンキンに冷えた状態で飲むことができるのお勧めですよ。

直射日光を避ける

直射日光を避ける

キャンプ場で直射日光の中、ワインやウイスキー、日本酒の瓶を陳列されているキャンパーさんを時々みかけますがお酒にとって直射日光は良くありません。飲まないときはクーラーボックスに入れておきましょう。外に置いておくにしても、直射日光は避けるべきです。

缶ビールや缶酎ハイは横向きで冷やす

缶ビールや缶酎ハイは横向きで冷やす

クーラーボックスに缶のお酒を入れるとき、保冷材の上に横向きにして入れるとよく冷えます。横向きにすると冷やされる面積が多くなる為です。1点注意点がありまして、横向きにすると空気に接する面積が大きくなるので、キャンプ場までの道中で車で揺られていると、缶を開けた時に泡が吹きだすことがあります。

お酒を美味しく飲む為に揃えたギア5選

お酒を美味しく飲む為に揃えたギア5選

キャンプ場で美味しいお酒を飲む為に揃えたギアをご紹介します。どんな環境でも快適な温度で美味しいお酒を飲むことができますよ。

保冷缶ホルダー

保冷缶ホルダー

キャンプ場で駆けだしの1杯といえば缶ビールですよね。しかし缶のままだと季節によってはすぐにぬるくなりますし、缶に水滴が溜るので気になります。

保冷缶ホルダーを使うと、ビールの冷たさを長時間キープできるだけでなく、缶の水滴を気にすることがなくなり、快適にビールを飲むことができます。また、見栄えも良くなるので一石三鳥ですよね。

キャンプギアとして人気なのは、YETI(イエティ)のRAMBLER COLSTER(ランブラーコルスター)です。クーラーボックスで有名なYETIの製品なので、保冷力も折り紙付きです。

真空ボトル

真空ボトル

キャンプ場で困ることの1つが氷が直ぐに溶けてしまう問題です。クーラーボックスに入れていてもすぐに溶けます。何とかしたいですよね。

そんなときはSTANLEY(スタンレー) クラシック真空ボトルが便利です。実際に愛用してますが本当に氷が溶けません。キャンプ場でいつでもハイボールやカクテルを楽しむことができるのでお勧めです。

次にご紹介するグロウラーでも同じことができますが、保冷力で考えると真空ボトルの方が長持ちします。

グロウラー

グロウラー-1

グロウラーはビールを持ち運ぶためのボトルです。真空ボトルとの違いは炭酸飲料を入れる事ができる点です。キャンプ場でいつもキンキンに冷えたビールを飲みたいビール党の方にとってマストアイテムですよね。

グロウラーといえばSTANLEY(スタンレー) クラシック真空グロウラー 1.9Lです。口径が60mmと大口径なので、氷の持ち運びはこちらの方が楽だったりします。

スキットル

スキットル

キャンプ場でウイスキーといえば、ワイルドなイメージがあって憧れますよね。ウイスキーの瓶は嵩張る上、1本空くことはまずありません。小分けにしたほうが便利です。そんなときはスキットルが便利です。

スキットルはウイスキーや焼酎といったアルコール濃度の高い蒸留酒を入れる携帯用の小型水筒のことです。キャンプ場でハイボールやサワーを楽しむのであれば、あって損は無いギアですよ。

アイスクーラースリーブ

アイスクーラースリーブ

日本酒やワインといった瓶は、飲み始めるとテーブルに置きっぱなしになりがちです。ビールとは違って冷えてないと美味しくなくなる訳ではありませんが、美味しく飲むには矢張り一定の温度に保たれていたほうが良いです。そんなときはアイスクーラースリーブが便利です。

アイスクーラースリーブは携帯用ワインクーラーです。予め冷蔵庫で冷やしたものを、ボトルに被せるだけで保冷することができます。シャンパンやアイスワインを飲む場合は必須アイテムですよね。ワインだけではなく、日本酒でも使うことができるので愛用しています。

キャンプシーンを盛り上げるお酒に合わせたカップの選び方

キャンプシーンを盛り上げるお酒に合わせたカップの選び方

お酒を美味しく飲む準備が整ったら、お酒を飲むカップも拘ってみませんか?カップが違うだけでお酒がより一層美味しく感じますよ。

お猪口

お猪口

キャンプで日本酒が定着してきたようで、キャンプ用のお猪口が色々なメーカーから発売されています。スチール製からステンレス製、チタン製までと、割れない素材のものばかりです。

お好きなブランドからお選びいただけたら良いと思います。私は日本酒党なので、日本酒がおいしく感じるといわれる錫製のお猪口を愛用しています。

お猪口で日本酒は、いままでとは一味違ったキャンプを楽しむことができますよ。

真空カップ

真空カップ

お酒はキンキンに冷えた状態で飲みたいですよね。酒飲みキャンパーさんの切なる願いではないでしょうか。

スタンレーの真空カップはステンレス製の真空二層構造なので保冷力抜群です。ビール党のキャンパーさんとってマストアイテム間違い無しです。ビールの美味しさが全然違いますよ。スタッキングもできるので嵩張りません。

ワイングラス

ワイングラス

ワイン党のキャンパーさんにとってマストアイテムではないでしょうか。ワインを飲むのであれば、矢張りワイングラスですよね。しかし、ワイングラスほど嵩張る上に割れやすいグラスはありません。

しかしご安心ください。プラスチック製からシリコン製まで、割れないワイングラスが色々なメーカーから販売されています。なかにはガラスと区別がつかないものまであります。雰囲気を味わいたいのであれば、ガラスと区別がつかないグラスを選びたいところです。

割れない透明グラス

割れないグラス

真空カップは便利だけど、お酒が見える透明なグラスで雰囲気を味わいたいというキャンパーさんも多いかと思います。

硝子のような透明感は勿論のこと、本当にプラスチック製なの?と目を疑うクオリティのグラスもありますよ。キャンプでお酒が盛り上がること間違いなしです。

ショットグラス

ショットグラス

ウイスキーをストレートで飲むためのグラスですが、テキーラは勿論のこと、日本酒のお猪口としても使うことが出来ます。本格的なウイスキー党のキャンパーさんならお持ちかもしれませんね。硝子が厚めなので割れにくいところが魅力です。

プラスチック製や金属製のショットグラスも販売されているので、心配な方はこちらの方が安心かもしれませんね。キャンプ場でショットグラス。間違いなく只者ではない雰囲気を醸し出せますよ。

キャンプ場でワンランク上のお酒を楽しもう

いかがでしたか?お酒は温度が命です。アウトドア環境でもちょっとした工夫で更に美味しくお酒を楽しむことができます。折角のキャンプなのでお酒に合わせたカップで凝って、ワンランクアップしたキャンプ酒を楽しみませんか?いつも以上にキャンプが楽しくなること間違い無しです。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top