シリーズ初登場の700Whモデルがちょうどいい「PowerArQ S7」が12月6日より発売開始!

シリーズ初登場の700Whモデルがちょうどいい「PowerArQ S7」が12月6日より発売開始!

アウトドアではもちろん、災害対策グッズとしても人気のPowerArQから、シリーズ初となる700Whモデル「PowerArQ S7」が登場!12月6日より各種オンラインストアにて発売開始となる。

本製品は「500Whだと少し心細いけど、1,000Whだと1泊のキャンプでは持て余してしまう」という声に応えて誕生した、716Whのポータブル電源。容量に悩んでポータブル電源の購入を悩んでいた方は、この機会にちょうどいいモデルのPowerArQ S7を検討してみては?

PowerArQ S7の製品ポイント

PowerArQシリーズ初の700Whモデル

PowerArQ S7_1

PowerArQ S7の容量は、PowerArQ2・3とPowerArQ Proの中間となる716Wh。スマホの充電は約40回、扇風機は約20時間、電気毛布は「強」で約12時間使用可能。消費電力700Wまでのさまざまな家電に利用できる。

使い勝手の良いスペック

PowerArQ S7_3

100VAC対応のAC出力を5口設置、50/60Hzの切り替えも可能。USB Type-Aは2口設置、片側利用で急速充電も可能。さらに、最大100W出力可能なUSB Type-Cが2口設置されている。

PowerArQ S7本体の充電は専用アダプター使用で、約3~4時間で満充電が完了する。

あるとうれしい急速ワイヤレス充電

PowerArQ S7_4

本体上にスマホを置けば、最大15Wの急速ワイヤレス充電が可能。コード不要なので手軽に充電できてノンストレスだ。

防災時の非常灯としても活躍

PowerArQ S7_5

背面には500ルーメンのLEDライトが設置されているので、災害時の灯りとしても活躍する。明るさは2段階選択可能。

安全性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池採用

PowerArQ S7_6

バッテリーには安全性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用。発火や爆発が起こりにくいので、夏場のキャンプ場や車中泊、キャンピングカーへの据え置きとしても安心して使用できる。

リン酸鉄リチウムイオン電池は、自己放電が少なく電池寿命が長いこともポイントだ。

定番2色のカラーバリエーション

PowerArQ S7_2

カラーは今回もPowerArQの定番2色展開で、コヨーテタンとオリーブドラブが用意される。どちらもキャンプギアに合わせやすい人気のカラーだ。

安心の点検・修理対応で環境に優しく低コスト

PowerArQ S7_7

PowerArQは、万が一不具合が発生した際に製品を丸ごと廃棄することなく、原因を特定し可能な限り部品交換にて対応している。環境に優しく低コストで修理し、ほかに異常がないか同時点検してもらえる。

保証期間内であればこれらの対応すべて無償なので、万が一のトラブルが起きたときも安心だ。

製品概要

PowerArQ S7_8

PowerArQ S7_9

項目 PowerArQ S7
容量 716Wh
カラー コヨーテタン、オリーブドラブ
価格 88,000円(税込)
発売日 2022年12月6日
流通 Aamzon、Yahoo!ショッピング、楽天市場、PowerArQ Direct、au Pay マーケット
販売元 加島商事株式会社
生産国 中国

発売日は12月6日!20%OFFで購入できる先行予約も受付中

PowerArQ S7の発売日は12月6日で、11月22日からは各種オンラインストアにて先行予約が行われる。予約期間中はなんと「20%OFF」で購入できるとのことなので、気になった方はこの機会にチェックしよう!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂